MIU404に辛口評価多数の理由は?星野源と綾野剛の演技を分析!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 TBS系金曜ドラマ『MIU404』がついにスタートしました。

 

このドラマはTBS系の大ヒットドラマ『アンナチュラル』のプロデューサー・監督・脚本家が再集結した作品です。

 

放送前から期待が大きくなるのも当然ですよね。

 

ところが初回放送後、辛口評価が多数寄せられているのです。

 

視聴者はMIU404のどんな所を辛口評価したのでしょうか?

 

鉄板と思われたドラマ『MIU404』について、皆の反応を調べてみました。

 

スポンサーリンク

MIU404のドラマ設定

 


辛口評価の内容がとても気になりますが、その前にMIU404のドラマ設定をおさらいしましょう。

 

物語の舞台は警視庁刑事部・機動捜査隊。勤務のタイムリミットは24時間。

 

初動捜査で事件解決に至らない場合、継続捜査は行われず、事件は別の課に引き継がれる。

 

直感・感情で動く“野生バカ”こと伊吹(綾野剛)と“自分も他人も信じない”がモットーの常に理性的な志摩(星野源)。

 

性格が全く正反対の二人が、バディを組んで事件を捜査します。

 

ドラマは、志摩の目線で伊吹をはじめ機動捜査隊の仕事やストーリー全体を追いかける展開です。

MIU404の岡田健史の活舌が悪い?イケメンだけど演技がイマイチとの評判はほんと?

 

スポンサーリンク

MIU404に辛口評価多数の理由は?

 


初回放送の後、MIU404にどういった辛口評価が多かったのかをチェックしてみました。

 

辛口評価とともに、その理由についても分析してみましたので、是非ご覧ください。

内容が全体的にお粗末

 

特に目立ったのが「内容が全体的にお粗末すぎる」といったドラマの脚本に対する辛口評価です。

 

「番宣ではリアリティーを追求しましたと言ってけど、全くリアリティー感が無かった」といった意見も。

 

あおり運転してきた車から偶然ドラッグが見つかったり、走って犯人の車に追いついたりなど、ドラマ全体に突っ込みどころが多く、見てるうちにだんだん冷めてきたという声が多数ありました。

 

脚本家が『アンナチュラル』の野木亜紀子なので、期待し過ぎて余計ガッカリしたのかもしれませんね。

 

 

情報量が多すぎてストーリーが頭に入ってこない

 

「情報量が多く、話のスピードが速すぎてストーリーが頭に入ってこない」「セリフが早口でずっと畳みかける様に続くので、見終わった後かなり疲れた」といった辛口評価も多数あり。

 

1話完結ドラマなので色々と詰め込むのは分かるけど、ちょっと詰め込み過ぎでは?といった意見が多かったです。

 

制作スタッフが「ドラマのスピード感を楽しんで欲しい」とコメントしてますが、視聴者にとってこのスピード感が不評だったようですね。

 

ドラマ全体が子供っぽい

 

「ドラマ全体が子供っぽい」という辛口評価も多数ありました。

 

これまでにも凸凹コンビの刑事ドラマは多数ありましたが、この作品に対してはこれまでのものと違った作品を期待する人が多かったようです。

 

「全てが都合よく展開して、ボケとツッコミの逮捕劇…子供っぽかった~(笑)」「星野源さんだから見れたけど、全体的に子供の悪ノリっぽい演技が多くて見てられない」「視聴対象年齢がアンナチュラルより下なのかな…」といった辛口評価が寄せられています。

MIU404に山田杏奈が女子高生役で登場!刑事のまなざしからの演技の進化は?

 

スポンサーリンク

高評価だったMIU404のカーアクション

 


勿論、辛口評価ばかりではありません!高評価として特に目立っていたのが、爽快なカーアクションシーンです。

 

「久々に観た!日本ドラマのカーチェイス!」「MIU404を観た後、久しぶりに西部警察が観たくなった(笑)」など、爽快な意見が多数ありました。

 

コンプライアンスや道路交通法などで規制が多くなり、昔に比べるとカーチェイスシーンはすっかり影を潜めていました。

 

今回の爽快なカーチェイスシーンは、視聴者にとても新鮮に映ったようです。「いい意味で“昭和っぽさ”を感じた!」と、高評価のコメントが多数寄せられていました。

 

スポンサーリンク

星野源と綾野剛の演技を分析

 


次は、W主演の星野源と綾野剛それぞれの演技を分析していきましょう。

 

志摩を演じた星野源の演技について“わざとらしい”という意見が多かったです。

 

今こういう事を思っていると伝えるために必要以上に表情を作りすぎて、やたらと白々しく見えるのでしょう。

 

演技そのものが大袈裟すぎるあまり“カッコいい”ではなく“カッコつけすぎ”になり、視聴者を冷めさせている感があります。

 

こういった熱い演技が好きな人もいるので、賛否が分かれるでしょう。

 

伊吹を演じた綾野剛の演技について“馬鹿っぽくてイライラした”という意見が多く聞かれました。

 

けれども伊吹という役柄そのものが“野生バカ”ですし、しっかりキャラクターを演じているからこその意見ではないかと…。

 

アクションシーンは綾野剛自身のアドリブもたくさん含まれているようです。

 

迫真の演技で“野生バカ”に徹しているのではないでしょうか。

 

こちらも好き嫌いがハッキリと分かれているようです。

 

この二人は大ヒットドラマ『コウノドリ』のコンビなので「あの時とは違った二人の関係性や掛け合いが楽しめた」といったコウノドリとMIU404との比較を楽しむ意見も多数ありました。

松下洸平のMIU404の役柄は?結婚条件や音月桂の匂わせも調査!

 

スポンサーリンク

MIU404に辛口評価多数の理由は?星野源と綾野剛の演技を分析!まとめ!

 

辛口評価が多数寄せられたドラマ『MIU404』ですが、まだまだ初回ですから。

辛口評価の大きな原因は、視聴者の先入観ではないかと思います。

 

観る前から『アンナチュラル』をイメージしてしまい、比較から入ってしまったのではないかと。

 

大ヒット作の次の作品は難しいといいますが、それが辛口評価に繋がったのでしょう。

 

実際、『コウノドリ』『アンナチュラル』どちらも観ていない人からの意見で「純粋に面白かったです!新型コロナで自粛生活が続いている中だったので、とても爽快な気持ちになりました。

 

次回もまた見ます。」といったコメントも寄せられています。

 

これからさらにストーリーが展開されますし、今後の『MIU404』に期待しましょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.