濱田岳の演技力がすごい!子役時代の出演ドラマも要チェック!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

濱田岳さんはどんな役柄でも演じることができる高い演技力が定評の俳優ですが、実は小さい頃から子役としていろいろなドラマや映画に出演されていたことをご存じでしょうか。

 

濱田さんと言えば現在の大人になったイメージが強いので、子役でデビューされたということを知らない方も多いかと思います。

 

現在の濱田さんの演技力は目を見張るものがあますが、彼の出演するドラマなどが放送されるたびにネット上でも「演技力が高すぎる」とたくさんの視聴者から高評価を得ています。

 

濱田さんの演技はとても人気があり、たくさんの作品に出演もされていますが、ちょっとした役でさえただならぬ存在感があると感じてしましまいますよね。

 

そんな濱田さんは子役時代から演技力が高かったと言われているので、子役時代に出演していた作品も要チェックですね。

 

濱田さんが子役時代に出演している作品を調べていると、とある作品が彼の人生において重要な分岐点だったようなのでそちらの作品についても詳しく紹介します。

 

スポンサーリンク

濱田岳の演技力がすごい!

濱田さんは演技力が高く、メイン役も脇役もできるすごい役者であると世間から高く評価されていて、彼にしかない魅力があると感じる人が多いようです。

 

世間から高く評価されているだけあり、映画やドラマ、CMなどの作品にたくさん出演されていて、テレビなどで見かける機会が多く人気の俳優さんであると感じますね。

 

他にも、これまでに数々の作品で受賞されるなど輝かしい経歴を持っていることも演技力が高いと言われる理由になっているのではないでしょうか。

 

濱田さんは明るく面白い愛嬌のある人物ですが、演技力が高いからこそファンや共演者の方々に愛され人気があるのだと思います。

 

ネット上では「シリアスな演技もコミカルな演技も絶妙」、「ちょい役でもいい味出してる」、「演技力おばけ」と多くのファンから絶賛されていました。

 

また2022年4月から6月に「日曜劇場」枠で放送されたテレビドラマ『マイファミリー』での濱田さんの演技が上手いと話題になっています。

 

濱田岳の受賞歴

濱田さんは演技が上手いと言われているだけあり、これまでに様々な賞を受賞されているので、濱田さんのこれまでの受賞歴を紹介していきます。

 

濱田さんが俳優業をされて初めて受賞されたのが、2007年に公開された映画『アヒルと鴨のコインロッカー』で2008年に第22回高崎映画祭最優秀主演男優賞を受賞されました。

 

2015年には、auの『三太郎シリーズ』で2015 55th ACC CM FESTIVAL・クラフト賞フィルム部門演技賞をされています。

 

濱田さんは2015年にCM総合研究所が発表した「2014年CM好感度ランキング」の男性部門でも見事第2位に選ばれるなどドラマや映画だけではなくCMのお仕事でも高い演技力が評価されていると感じます。

 

また同年に、『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』で第2回コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演男優賞を受賞されていて、この釣りバカ日誌は濱田さんの代表作とも言えます。

 

2019年には、『フルーツ宅配便』で第45回放送文化基金賞テレビドラマ番組部門演技賞を、『インハンド』では第101回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞と第23回スポーツドラマグランプリで同じく助演男優賞を獲得されています。

 

『マイファミリー』での演技がすごい!

濱田さんは2022年に放送された『マイファミリー』で、元刑事で主人公・鳴沢温人とその妻・未知留の大学時代の親友・東堂樹生役を演じられていました。

 

『マイファミリー』は温人と未知留の娘・友果が誘拐された事件をきっかけに、友人の三輪碧や東堂らとの人間関係の模様が描かれたノンストップファミリーエンターテイメントです。

 

濱田さん演じる東堂は最終回で、友果と三輪の娘である優月を誘拐した罪で逮捕されましたが、東堂の娘である心春は友果を誘拐する4年前に作品の真犯人によって誘拐されていました。

 

東堂は心春を助けるために自分の意志や真犯人の命令で誘拐をしましたが、結局のところ心春は帰らぬ人となり東堂にとっては悲しい結末となりました。

 

ネット上では東堂への同情と共に、濱田さんの演技力に驚愕したとの声が相次ぎましたが、そのシーンは泣かずには見られないと感じた人も多いかと思います。

 

東堂の「心春は?心春はどこだ!」と泣き叫ぶシーンでは、「濱田岳の演技力が圧巻だった」「演技力やばい。濱田岳の演技がMVP」などと濱田さんの演技力を絶賛する声が非常に多く見られました。

 

スポンサーリンク

子役時代の出演ドラマも要チェック!

濱田さんが芸能界で活動を開始されたのは大人になってからではなく、若い頃にスカウトされたことがきっかけで、子役として芸能界デビューを果たしました。

 

濱田さんがスカウトされたのは9歳の頃で、野球観戦から帰る途中にスカウトされ、現在の事務所に所属することとなりました。

 

このスカウトを承諾した理由が、事務所に所属するとレッスン代などのお金がかからないということで濱田さんはこのスカウトを受けられたそうです。

 

そこから濱田さんは、『ひとりぼっちの君に』や『ウルトラマン』、『平成夫婦茶碗』などに出演されましたが、『3年B組金八先生』ではかなり注目を集めました。

 

現在の濱田さんは演技力の高い俳優であると言われていますが、子役時代のドラマや映画を見てみると、小さい頃から演技が上手である事がわかります。

 

濱田さんは役者になりたいという気持ちで芸能界に入ったわけではなかったそうですが、初めから光る才能のようなものを持っていたのかもしれませんね。

 

濱田岳が子役時代に出演していたドラマは?

濱田さんが初めてドラマに出演したのが1998年で、『ひとりぼっちの君に』で子役デビューを果たしましたが、ダウンタウンの浜田雅功さん演じる主人公と同居をする少年・日比野雄大役を演じました。

 

『ひとりぼっちの君に』では子役がオーデションでもなかなか見つからず、適役を探しているところで濱田さんは声をかけられたそうです。

 

そうして濱田さんは役者としてスタートを切られましたが、翌年の1999年には映画『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア超時空大決戦』に新星勉役で出演されました。

 

2000年1月~3月には日本テレビで放送されたドラマ『平成夫婦茶碗~ドケチの花道~』にも出演していて、ラーメン屋の息子・金本運役を演じました。

 

濱田さんは幼い頃から演技が上手く、デビュー作でも重要な役をされていましたが、それまでに演技のレッスンを受けていたわけでもなくここまでの演技ができるなんて、とてつもない才能があるとしか思えませんね。

 

しかし濱田さんは『平成夫婦茶碗』以降、中学・高校の途中までラグビー部に所属しラグビーに夢中になり役者活動を一時休止していました。

 

金八先生での濱田岳

濱田さんはラグビーに夢中になっていましたが、2004年に放送された『3年B組金八先生』での出演をきっかけに本格的に俳優としての道を目指されました。

 

当時、濱田さんの通っていた学校は中高一貫校である市立獨協高校で、濱田さんは中学受験で入学しましたが、こちらの学校は高校受験では入ることができない学校でした。

 

濱田さんが高校1年生の時に『金八先生』の出演オファーが来たそうですが、ドラマの撮影となると半年ほどは時間がとられてしまうそうなので、学生生活との両立はかなり難しいところだと思います。

 

学校側は俳優業と学生生活の両立は認めなかったそうで、濱田さんは16歳にして学業か俳優としての仕事のどちらを取るか選択する必要があったそうです。

 

濱田さんは迷った挙句に高校を中退し俳優の道を選ぶことを決め、『金八先生』に出演されましたが、この作品でも素晴らしい演技を見せて共演者やスタッフからも高く評価されました。

 

そのため、『金八先生』では今後の濱田さんの成長に期待をし、厳しく演技の指導がされたとも言われていて、同業者の方は濱田さんが今後すごい俳優になるとわかっていたのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

濱田岳の演技力がすごい!子役時代の出演ドラマも要チェック!まとめ!

 

濱田岳さんは演技力が高く、メイン役も脇役もできるすごい役者であると世間から高く評価されていて、彼にしかない魅力があると感じる人が多いようでした。

 

ネット上では「シリアスな演技もコミカルな演技も絶妙」、「ちょい役でもいい味出してる」、「演技力おばけ」と多くのファンから絶賛されています。

 

濱田さんは演技が上手いと言われているだけあり、これまでに様々な賞を受賞されていて、世間からも同業者からも彼の演技力は高く評価されていることがわかりました。

 

2022年に放送された『マイファミリー』で濱田さんは東堂碧役として出演しましたが、東堂の「心春は?心春はどこだ!」と泣き叫ぶシーンでは、「濱田岳の演技力が圧巻だった」「演技力やばい。濱田岳の演技がMVP」などと濱田さんの演技力を絶賛する声が非常に多く見られました。

 

また、濱田さんは9歳の頃に野球観戦から帰る途中にスカウトされ、現在の事務所に所属することとなり、『ひとりぼっちの君に』や『ウルトラマン』、『平成夫婦茶碗』などに出演されました。

 

高校1年生の頃には『3年B組金八先生』への出演オファーが来たので、16歳にして学業か俳優としての仕事のどちらを取るか選択する必要がありましたが、本格的に俳優としての道を目指されるようになりました。

 

『金八先生』での演技は共演者やスタッフからも高く評価されたそうですが、今後の濱田さんの成長に期待をし、厳しく演技の指導がされたとも言われていていました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2022 All Rights Reserved.