半澤直樹の出演者が目の下が赤い理由は?凄みのある目力に注目!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「倍返し」のフレーズが社会現象となった「半沢直樹」のドラマがスタートしました。

 

このドラマの見どころのひとつに、それぞれの役者の表情が大きく映し出されることがあります。

 

よく見ると、出演者の目の下が赤く見えることに気が付きます。

 

ほんのりと赤いのですが、なんだか気になってしまい、その理由を考察してみました。

 

半沢直樹の出演者が、目の下が赤いのには理由があるのか?まとめてみました。

 

スポンサーリンク

半澤直樹の出演者が目の下が赤い理由は?

 


初回から各役者の表情が光った映像となっていた「半沢直樹」。

 

主要キャラの顔が大きく映し出されることが大いのですが、なんとなくみんな目の下が赤くなっているように見えます。

 

これはわざとなのか?それとも目力があるからこう見えてしまうのか?

 

赤くなっている理由はよくわからないのですが、目の下が赤いために、目力がよりいっそう際立ってる気がします。

 

このドラマは表面的な戦いというよりも、いわゆる騙し合いを楽しめる内容です。

 

そういった面では戦国時代を扱った大河ドラマにも共通してい言えることかもしれません。

 

言葉少なく、時には味方をも騙していく戦略を描くうえで、表情や目力はとても重要なものとなります。

 

言葉が少ない分、顔で語る必要がでてくるのでしょう。

 


そう考えると、目の下の赤みはそれぞれの演技に拍車がかかっているといえます。

 

出演者の目の下が赤く見えるのも演技もひとつなのかもしれません。

 

このドラマは多くの演技派がそろっており、それぞれが迫真の演技を見せています。

 

主役だけが目立つトレンディドラマと異なり、役者さんみんなが光っている作品です。

 

よく、血走った目ですごみのある演技をする役者さんがいますが、このドラマではそんな演技ができる役者さんが勢ぞろいしているのです。

 

あのすごみのある表情をするには、ついつい目が赤くなってくるのでしょうね。

 

怒りをあらわにする表情、相手にやりこめられて耐える表情、怒りを抑えつつ復習に燃える表情。

 

こんな人間くさい表情がたくさん見られるのはこのドラマの特徴のひとつです。

 

普段の生活では、できるだけ相手に気持ちを悟られなよう、表情に出さないようぐっとこらえて生活している人が多い現代社会で、ここまで豊かに感情を表現しているところが人気のひとつであるといえます。

 

みんな、本当は表面に出したい気持ちをぐっとこらえて生活しているんでしょうね。

 

コロナ感染予防に伴い、さらなる我慢を抱える人が増えている今、「半沢直樹」は我慢することなく「倍返し」でお茶の間もすっきりさせてくれることでしょう。

 

スポンサーリンク

歌舞伎役者の演技が半沢直樹を盛り上げている?

 


このドラマの特徴のひとつに、歌舞伎役者の出演が多いことがあげられます。

 

これは敢えてこのような配役にしたのでしょうか?それとも、表情豊かな演技を求めた結果、歌舞伎役者が多くなっていったのでしょうか?

 

いずれにせよ、複数の歌舞伎役者がこのドラマを盛り上げていることは事実です。

 

あの力のこもった表情をするには、一般的な俳優さんよりも、歌舞伎の道を究めた面々の演技力が必要となってくることでしょう。

 

一般的の私のような人間から思うと、歌舞伎役者のように生まれた時から芸の道を学んできている方々は、他とは異なるオーラをまとっている気がします。

 

生活すべてが芸の中にあるから当たり前のことなのかもしれませんが、その放つ圧倒的な存在感が魅力的です。

 

そして、その個性豊かな俳優陣の中心に立つのが、一見おだやかに見える堺正人。

 

あまりにも演技派がそろった中、一番おだやかな雰囲気を持った方が最後に勝つ脚本には圧倒されるばかりです。

 

ここまで個性そろった俳優陣の中心に立つ人が、あきらかに強面のやり手だと、ドラマの雰囲気がガラッと変わってしまっていたと思います。

 

このドラマは、配役を決めた時点でその完成度の高さが伺えたことでしょう。

 

みなさん演技派だけれど気さくな方々がそろっている印象ですが、撮影現場はどのような雰囲気なのでしょうか?

 

歌舞伎俳優陣にとっては、ちょっとした内輪間隔の中での撮影になっているのでしょうか。

 

あの面々に囲まれた堺正人を見てみたいなと思ってしまいます。

 

おだやかな外見をもちつつ、内に秘めたものがある堺正人さんだからこそなりたつ陣営なのでしょう。

 

一時代前は、ドラマに出演する歌舞伎役者というと、当時の中村勘九郎くらいしか思い浮かびませんでした。

 

しかし今では、多くの歌舞伎役者、また、能の世界からも多くの方がドラマや映画で活躍されています。

 

ひとつの芸を究めるだけでなく、他の社会にも出なくてはいけなくなった分、本人たちは多忙になってしまったのかもしれません。

 

しかし、私達一般の目線からすると、ちょっと壁の高かった日本芸能の世界を身近に感じることができ、うれしく思います。

 

野村萬斎は教育テレビの子供向け番組にも出演していることから、小さい子にとっても身近な存在です。香川照之は昆虫博士としても大人気ですね。

 

ひとつのことにこだわりを持ち、それを究めることもとても素敵なことですが、時間の許す範囲で色々な場面で活躍してくれる歌舞役者が増えたおかげで、見る側の楽しみは増え、その世界も広げてくれているように感じます。

 

スポンサーリンク

半澤直樹の出演者が目の下が赤い理由は?凄みのある目力に注目!まとめ!

 

改めて「半沢直樹」のことを考えてみると、人気が出るのは当たり前のことだったのかもしれません。

 

目の下を赤くして人間の泥臭い感情を表現することで、それぞれの感情表現がさらに迫力を増しています。

 

まずは悪役が目立つことから始まったこのドラマ。

 

話が近づくにつれて主役の目の下も赤くなるほどの表情が多く見られることでしょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.