MIU404第3話の感想と評価まとめ!伊吹と志摩の距離感が狭まる!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

綾野剛さんと星野源さんが出演するドラマMIU404も今回で3話目になりますね。

 

サブタイトルも『分岐点』となっている事から、今後の物語に大きく影響しそうな一話になりそうな予感がします。

 

今回もバッチリ、感想と評価をまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

MIU404第3話の感想と評価まとめ!

 


いきなり問題のいたずらシーンからスタートですが、犯人らしき人物の足の速さが凄いです。

 

回を重ねるごとに距離が近くなっている伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)ですが、相変わらず志摩はどこか影がある印象。

 

個人的には、伊吹と志摩のキャストが逆の方が良かった気がしますね。

 

いたずらの犯人は、まきかおり(山田菜々)らの学生グループだったようで、警察から逃げ切れるかどうかのゲームをしていたようです。

 

伊吹(綾野剛)の足がかなり速くてビックリですが、犯人には逃げ切られてしまいます。

 

逃げ切られた後の志摩との絡みも距離感が近くなっていますね。

 

しかし彼らは何の為にこんないたずらをしているんでしょうか?

 

この段階では、何となくまきかおりが怪しい気がしています。

 

伊吹が寝てしまった時に、志摩と九重の会話で、「俺は意外と伊吹を買っている」⇒「俺らには無いものを持っている」。

 

物語が進んで、いたずらの犯人はとある高校の陸上部の生徒達だった。

 

捜査員が出向いた際に、高校の校長は陸上部は無いと言って、写真の確認もせずにごまかそうとする。

 

調べてみると、陸上部は昨年まであったけれど、何らかの事情で廃部になってしまったようだ。

 

他校の陸上部の生徒に聞き込みをする伊吹と志摩だが、他校の生徒曰く、「あそこの生徒とは関わるな」と先輩から言われていたという。

 


理由は、「トローチのようなものを売りつけられそうになるら」らしく、薬物の売買にでも関わっているのかと想像してしまう。

 

やはりそのトローチは、ドーナツNPという薬物だったようです。

 

校長から「警察に聞かれても何も答えるな」と言われる生徒たち、やはり校長も知っていたようだ。

 

廃部を取り消してほしいと懇願する生徒に対して、校長は連帯責任だと言って受け付けない姿勢。

 

いたずらの動機は、陸上が出来なくて走りたかった事のようだ。

 

もっと別の形で走ればいいのにとシンプルに思ってしまった。

 

そんな中再びいたずら通報をし、ついに生徒の一人をつかまえる事に成功する。

 


そんな中、まきかおり(山田奈々)が本当にスタンガンを持った不審者に襲われてしまう。

 

いたずらでやっていた事が本当になってしまい動揺を隠せない生徒達。

 

いたずらの為に、本当の犯人の対応が後手になってしまった事も良い薬になりそうですが、とにかく襲われたまきが心配です。

 

まきかおりは陸上部のマネージャーで、頼まれて電話していただけだった。

 

縛られて台車で運ばれるまき(山田奈々)の演技は、かなりリアルで良かったです。

 

教われそうになった時に、犯人に伊吹の飛び蹴りが炸裂する。

 

仮面ライダーみたいです!

 

その後スタンガンで抵抗する犯人をもみ合った末に水の中に落とすが、志摩と伊吹も仲良く水の中に落ちてしまう。

 

個人的には面白くて好きなシーンでした。

 

薬物の件がハッキリしていないのが気になりますが、とりあえず一件落着ですね。

 


と思ったら、最後に薬物の売人らしき人物(菅田将暉)が登場し、次回以降どんな展開になるのかが楽しみで。

 

スポンサーリンク

MIU404第3話の感想と評価まとめ!伊吹と志摩の距離感が狭まる!まとめ

 

今回の第3話で、伊吹と志摩の距離がまた近くなりましたね。

 

1話目は微妙な評価が多かった印象ですが、2話3話と個人的には面白かったと思いますし、今後の展開が気になってきました。

 

第4話も楽しみに待つ事にしましょう!!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.