三浦瑠麗の若い頃の画像は?壮絶な人生は彼女の価値観を変えた?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

コメンテーターとして様々なメディアに登場している国際政治学者の三浦瑠麗さん。

 

ピリッとした辛口コメントに注目が集まっていますが、美人だ!かわいい!と瑠麗さんの容姿も注目の的となっています。

 

若い頃の瑠麗さんって、どんな姿なのか?気になりますよね。

 

また自身の過去を綴った自叙伝出版され、その衝撃的な内容に人々の感心が高まっています。

 

彼女の価値観を変えた出来事とは?三浦瑠麗さんが経験した壮絶な人生に迫ります。

 

スポンサーリンク

三浦瑠麗の若い頃の画像は?

東大出身の才女っぽさ溢れる語り口、さらに容姿までが美しいと評判の三浦瑠麗さんですが、ファッションの方も常々反響を呼んでいます。

 

いつも女性らしい服装をされていますよね。

 

特にノースリーブがとてもよくお似合いです。

 

ノースリーブって、着こなすのが難しいアイテムなんですよね。

 

着る人によっては下品に見える可能性も。

 

しかし瑠麗さんが着ると、清潔で明るくて爽やかな印象に。

 

SNSには「瑠麗さん、今日もかわいい!」「いつみても、お美しい!」といった声が多数寄せられています。

 


若い頃はどんなお姿だったのか、とても興味がありますよね。

 

瑠麗さんは自身のインスタやツイッターを開設しているので、学生時代の画像がアップされていないか調べてみました。

 

残念ながら、瑠麗さんの若い頃の画像は見当たりませんでした。

 

今後、瑠麗さんの若い頃の画像が見つかり次第、アップしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

壮絶な人生は彼女の価値観を変えた?

三浦瑠麗さんは自叙伝やインタビューで、これまでに経験した自身の壮絶な人生を告白されています。

 

普段の瑠麗さんからは想像できないような、思わず絶句するほどの衝撃的な出来事もありました。

 

彼女の価値観を変えたほどの出来事とは?いくつか、抜粋して紹介していきます。

 

中学時代は深刻ないじめを受けていた!

 

この投稿をInstagramで見る

 

山猫総研に猫がやってきた。ベンガルの仔猫。

三浦瑠麗(@lullymiura)がシェアした投稿 –

2018年の『文春オンライン』の中で、中学時代にかなり深刻ないじめを受けていたと告白されています。

 

陸上部に所属していた瑠麗さんですが、部活内でのいじめにより陸上部の練習は瑠麗さん1人で行っていたそうです。

 

それ以外にも腕力によるいじめもあり、身の危険を感じるほどだったとか。

 

瑠麗さんはテレビを見ない家庭環境だったため、友達との会話にズレが生じ、それもいじめに発展する一因だったようです。

 

確かに中学生の頃って、テレビからの情報が会話の大部分を占めてますから。

 

会話にズレが生じて異質な存在に見えてしまい、変な空気になるのも分かる気がします。

 

陸上部の顧問がその状況を見かねて、仲良くなるように話し合いの場を設けます。

 

1人づつ順番に瑠麗さんに対する不満を言う事になりました。

 

不満の内容は「テストの点が悪くて落ち込んでいるのに、励ますどころか“そうだね”と言われて傷ついた」「男の子にちやほやされていた」など。

 

瑠麗さんは「大したことではないのに」と思い、不満を言った後に号泣する部員の姿を見て「醜いな~」と感じ、何も言い返さなかったそうです。

 

瑠麗さんは中学生でありながら、周囲から一斉に不満をぶつけられ、それを冷静に受け止めています。

 

この頃から既に、ハートが強かったのでしょう。

 

暴行被害を受けていた!

中学3年生の時、瑠麗さんはいじめ以上のとても酷く辛い経験をされました。

 

複数の男性から暴行を受けたのです。

 

以下は、瑠麗さんの自叙伝『孤独の意味も、女であることの味わいも』からの言葉です。

 

殺風景な新幹線の高架下で、ほらよ、と放り出されて、私はバッグとスカーフを胸に抱えて家までよろよろと歩いた。

 

自分がどんなにぼろぼろでも、いつも通りの田舎の風景は微塵も私の心に寄り添ってはくれなかった。

 

(中略)制服を脱ぎ捨てたのち、手負いの狼のように私は炬燵の中で唸った。

 

下腹部の痛みが尋常ではなかった。手でさわると血がついた。

 

暴行を受けた後の心情を、このように語られています。

 

どんなにか怖く、辛く、悲しく、そして孤独を感じたか…しかも当時まだ14歳の女の子です。

暴行を受けた後、家に帰っても母親に真実を言えず、瑠麗さんは1人で抱えていたそうです。

 

あまりにも衝撃的なことって、逆に言えないんですよね…。

 

親に何でも言える子もいれば、誰にも相談できず1人で抱え込む子もいる…。

 

こんな酷く辛い経験をしても瑠麗さんは道を外れることなく、成績優秀のまま高校に進学されます。

 

ここで挫けないところが、瑠麗さんの生き様なんでしょう。

 

三浦瑠麗さんの旦那さん凄い人なんです!詳しくはこちら!⇒三浦瑠麗の夫の清志はどんな人?経歴やプロフィールを調査!!

 

高校時代はぼっち生活だった!

中学時代は特にいじめがひどかった事もあり、高校はあえて学区外のところを選んだそうです。

 

瑠麗さんが選んだのは、神奈川県立湘南高等学校。

 

ここは神奈川県屈指の進学校として知られていて、石原慎太郎さんなど多くの著名人を輩出しています。

 

また『湘南高校』という響きから、中高生の憧れの高校としても知られています。

 

湘南高校出身の友人がいますが、ジョークを連発するのが大好きで会うたびに笑わせてくれます。

 

それもあり、湘南高校=明るい校風というイメージが出来上がっていました。

 

しかし瑠麗さんは、高校でも友達とあまり上手く馴染めなかったようです

 

。友達とどう付き合えばいいのか分からなかったと語られています。

 

小学校・中学校といじめを受けていたので、それもあっての事でしょう。

 

外食も殆どしなかったので、友人とモスバーガーに行った時もハンバーガーの食べ方が分からなかったとか。

 

そういった事から、高校時代の瑠麗さんはぼっち生活だったと語られています。

 

三浦瑠麗さんには現在のお子さんとは別のお子さんがいました!詳しくはこちら!⇒三浦瑠麗の子供の死因は?子供が通っている学校についても調査!

 

ぼっちの少女が三浦瑠麗になった!

いつも“ぼっち”でいじめを受けていた少女時代…。

 

誰にも言えず、何でも一人で抱え込んでいた少女時代…。

 

そういった経験を重ねるうちに、瑠麗さんの価値観はどんどん変化していったのではないでしょうか。

 

現在の瑠麗さんは、非難を覚悟で発言されています。

 

メディアの前でも国会でも、例え自分に同意する人がいなくても意見する姿勢を貫いています。

 

これまでの壮絶な経験から、瑠麗さんは“真実に目を向けて発言する”という事に大きな価値を感じるようになったのではないでしょうか。

 

ぼっちの少女は壮絶な人生により価値観を変え、現在の三浦瑠麗になったのですね。

 

三浦瑠麗さんは中国人二世なのか?真相はこちら!⇒三浦瑠麗は中国人二世?ツイッターでの発信力は超強力!

 

スポンサーリンク

三浦瑠麗の若い頃の画像は?壮絶な人生は彼女の価値観を変えた?まとめ!

 

才女でありながら美しい容姿が話題になる三浦瑠麗さんのですが、いくつもの辛い経験をされている事が分かりました。

 

その経験があって現在の瑠麗さんが出来上がったというのも、深く納得しました。

 

女性にしか分かりえない事でも、瑠麗さんになら安心して言えそうですね。

 

これからも強い意志を持ち、真実に目を向けて発言する姿勢を貫いてほしいです。

 

三浦瑠麗さんの今後の活躍に期待しましょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.