佐々木希が演技がうまくなった?若い頃からの違いをまとめてみた!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

佐々木希さんが演技がうまくなったという声が多く上がっているのですが、果たして本当なのでしょうか? 2022年に多くのドラマに出演している彼女だからこそ気になりますよね。

 

女優デビューをした頃はあまり演技が評価されていなかった佐々木希さんではあるので、若い頃からの違いはあるのか?どのように変わったのか?についても興味が湧いてきます。

 

佐々木希さんの演技に対してプラスの評価の声はどんな内容なのかが気になりますし、どの作品の何役で演技が評価されているのかはとても知りたい方も多いのではないでしょうか。

 

2009年に女優デビューを果たした佐々木希さんが出演したドラマや映画の作品を詳しく調べるとともに、視聴者からのリアルな声についてもしっかりチェックしていきましょう。

 

徐々に演技力を上げているのであれば、若い頃は何が原因で演技がうまくできなかったのか?今どうして演技がうまくなったのか?という若い頃からの違いも知りたいです。

 

この記事では前半に佐々木希さんが演技がうまくなった噂の真相を確かめるために演技が評価されている最新の作品をご紹介し、後半には若い頃からの違いをたっぷりまとめました!

 

スポンサーリンク

佐々木希が演技がうまくなった?

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐々木希(@nozomisasaki_official)がシェアした投稿

佐々木希さんが演技がうまくなったという噂は果たして本当なのでしょうか?若い頃はあまり演技が評価されていなかった佐々木希さんだからこそ、余計に気になってしまいます。

 

「佐々木希」と聞くとタレントやモデルのイメージが強い方も多いかもしれませんが、実は2009年に女優デビューを果たしていて、女優歴は2022年現在で13年目になるんです。

 

さらに2022年7月現在で今年は映画1本、ドラマ3本以上に出演されていて、多くの作品からオファーが来ていることがわかり、やはり演技力は注目されている証ではないでしょうか。

 

具体的に佐々木希さんの演技がうまいと評価された作品はどんなものがあるのかが気になりますし、演技に対してどんな声があげられているのかについても詳しく見ていきましょう。

 

また演技が下手という声はないのかということも気になる方も多いと思うので、マイナスな意見にもしっかり目を向けてどんな評価があるのかについても検証していきます。

 

それでは佐々木希さんの演技がうまくなったという噂の真相を探るために、うまくなったと言われる作品や視聴者のリアルな声について調べたので、一挙にチェックしていきましょう!

 

演技がうまくなったと言われる作品

佐々木希さんの演技がうまくなったのは本当なのでしょうか?まずは演技についてプラスの声が多かった作品をリアルな声とともにまとめたので、くわしくみていきましょう。

 

実は佐々木希さんは2009年から女優デビューも果たし、それから13年間で14本以上のドラマに出演していて2010年放送された「土俵ガール」で初めて主演を果たしています。

 

2021年放送「にじいろカルテ」での演技が話題で、都会での生活に染まり切らずに自分らしく農業を楽しむ芯の強い女性を演じ、「演技がうまくなっていて驚いた」という声が多く上がっていました。

 

さらに2022年放送「ユーチューバーに娘はやらん!」では、不幸続きながらも明るく生きる千紗を演じ、「ハマり役」「役がフィットしている」という声が多く見られました。

 

また同じく2022年放送「やんごとなき一族」では、秘書である立花泉役として出演し、人格が豹変する演技に圧倒された方が続出し、高い演技力に注目が集まっていました。

 

このように佐々木希さんの演技がうまくなったのは本当であるといえ、特に2020年代に入ってからの作品が相次いで演技を評価する声が多くなっているといえるのではないでしょうか。

 

演技が下手という声も検証

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐々木希(@nozomisasaki_official)がシェアした投稿

とはいうものの、「演技が下手」というマイナスな声がなくなったのかというとそうではなかったので、「演技が下手」という声もしっかり検証したのでくわしくご紹介します。

 

口コミを見ると、「演技に不安が」「顔がすきだけど演技は…」「棒読み」というレビューがあり、「棒女優1位」のランク付けでは「1位本田翼」「2位佐々木希」という結果でした。

 

映画「風俗行ったら人生変わった」で風俗嬢役を演じた時は、「佐々木希が棒読みすぎて話の記憶が残ってない」という声も上がっていて、まだまだ演技については賛否両論あるようです。

 

また美人すぎるあまり、「かわいすぎて、演技やストーリーが入ってこない」というコメントもあり、彼女の強みである容姿端麗なポイントが演技の足を引っ張っているのも事実のようです。

 

しかし、佐々木希さんへの演技について「顔がかわいい」「スタイルが抜群」というコメントも多くあり、彼女のルックスの演技にプラスになることもあるのかもしれませんね。

 

このように佐々木希さんの演技は「うまくなった」という声があるのは事実でしたが、その一方で「棒読み」「かわいいけど演技は」というマイナスな評価もまだあることが分かりました。

 

スポンサーリンク

若い頃からの違いをまとめてみた!

以前よりも演技力が上がっているということがわかった佐々木希さんですが、若い頃からの違いはどのようなものなのでしょうか?続いては今のと昔の違いについて見ていきましょう!

 

そもそも若い頃どうして演技が下手と言われていたのかという理由が気になったので、まずは20代であった佐々木希さんの演技の問題視されていた要因について詳しく調べてみました。

 

演技が下手だった理由がいくつかわかれば、どうして現在は演技がうまくなったと言われるようになったのかが分かり、昔と今の違いが明らかにできるかもしれませんよね。

 

さらに13年間の間、結婚・出産・育児など様々な経験をした佐々木希さんなので、女優として気持ちにどんな変化があったのかについてもエピソードとともに見ていく必要がありそうです。

 

本人エピソードも重要ですが、周囲の声についても調べることで佐々木希さんの演技の違いや変化についてさらに分かりそうなので、関係者や第三者の声もしっかり見ていきたいですね。

 

それでは演技がうまくなったと言われている佐々木希さんですが、彼女の若い頃からの違いについて調べたので、本人エピソードとともに詳しい彼女の違いや変化を解説していきます。

 

若い頃の演技が下手だった理由

2009年に女優デビューをしてから佐々木希さんはどうして演技が下手だと言われていたのでしょうか?続いては、演技が下手であった理由についてたっぷり解説していきます!

 

一つ目の理由は「棒読みだから」で、セリフから感情が全く感じられず、周囲からも「役に演技が追い付いていない」といった指摘があり、大根役者というイメージがついてしまいました。

 

二つ目の理由は、「当初はやる気がなかったから」、 2015年当時27歳のインタビューで「女優業をこれまで受け身でしていた」と告白し、あまり女乗り気ではなかったといえますよね。

 

三つ目は「人生経験が乏しかったから」で、セリフだけではなく顔の表情で必要な表現力がとても乏しいと言われ、これは技術的な面だけでなく、人生経験の少なさも要因であったようです。

 

つまり佐々木希さんの演技が下手だった理由は年齢が若いため人生経験が少なく表現力がまだ豊かではなく、女優業もそこまで自分から楽しめていなかったからではないでしょうか。

 

けれども、現在は演技がうまくなったとの声が多くなっているので、今の佐々木希さんと若い頃との間に何かが変わったのか?という二つの違いをくわしくみていきましょう。

 

今と若い頃との違いとは?

2022年7月現在の佐々木希さんと若い頃の彼女ではどのような違いがあるのでしょうか?今回調べてみると、この違いこそが演技がうまくなった理由であることが明らかになりました。

 

まずは覚悟ができたことで、「何よりできないこと、自分で思っていることを形に出来ないことが悔しかった」と話す彼女は、女優業に向き合っていく中でこれはやるしかないという気持ちになったそうです。

 

それまで受け身で仕事をしていたけれど、真剣に向き合ってみると楽しさに気づき、演技の深さに魅了され、何が答えか分からないけれどそんな状態すら楽しいと思えるようになりました。

 

次は人生経験が豊かになったことで、関係者の話によると「夫である渡部さんが起こした騒動で辛い思いを経験し、負の人生経験が糧となり女優として一皮むけた」と言っていました。

 

また雑誌「PEN」2月号の本人インタビューでは、「最悪なことも最高なこともすべてを武器にできる、すごく素敵な職業ですよね」と価値観が大きく変わったことを語ってい他のです。

 

さらに、佐々木希さんは「辛い経験をした時の感情を引き出すのはエネルギーを使うだろうけど、それも悪くないと思っています」と自分の引き出しが増えたことを話していました。

 

スポンサーリンク

佐々木希が演技がうまくなった?若い頃からの違いをまとめてみた!まとめ

 

今回は佐々木希さんが演技がうまくなったのか?という声が本当なのかどうかを検証するとともに、今と若い頃からの演技の違いや変化について調べたことをご紹介しました。

 

2020年代から佐々木希さんは演技がうまくなったと言われることが多くなっていることがわかり、「役にハマっている」「演技がいい」などの高評価の声が多く上がっています。

 

けれどもまだ「演技が下手」「棒読みだ」というマイナスな声もあり、「かわい過ぎて演技が入ってこない」という声もあったので、ルックスの良さが演技の足を引っ張っているのかもしれません。

 

若い頃に演技が下手だった理由を調べてみると、表現力の乏しさや人生経験の少なさ、覚悟のなさが要因として挙げられ、佐々木希さん自身も受け身だったことを認めていました。

 

つまり、演技がうまくなったのは、楽しい経験や辛い経験を経て女優としての覚悟ができ、様々な感情の引き出しが増え、人生経験が豊かになったからといえるのではないでしょうか。

 

プライベートでは大変なことがあった佐々木希さんですが、結果的にそれが演技のプラスとなり、彼女自身が人として成長したから演技力も上がったということが明らかになりました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2022 All Rights Reserved.