小野泰輔の経歴とプロフィール!2020都知事選の勝算はあるのか?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

熊本県の小野泰輔副知事(46歳)は、7月5日投開票の東京都知事選に立候補する意向を明らかにしました。

 

現職の小池都知事一強と言われている中、少しでも多くの立候補者がいたほうが中身のある議論が交わされますし、とても良い事だと思います。

 

そこで今回は、そんな小野泰輔熊本県副知事の経歴とプロフィール、2020都知事選の勝算についてふれていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

小野泰輔の経歴とプロフィール!

 

 

小野泰輔のプロフィール

 

  • 名前  :小野泰輔(おのたいすけ)
  • 生年月日:1974年生まれ
  • 学歴  :東京大学法学部卒業
  • 好物  :日本酒、球磨焼酎、カクテル、ラーメン、かつ丼、辛子明太子、ベビースター、黒糖かりんとう
  • 好きな物:スポーツ、沖縄の三線演奏、ドライブ

 

もっぱらのお酒好きかと思いきや、ベビースターが好きというのは面白いですね。

 

きっとお酒のおつまみとして食べるんでしょう。

 

小野泰輔さんは、2001年にご結婚されて息子さんが1人いらっしゃるそうです。

 

とても良いお父さんをしていそうなイメージですね!

 

小野泰輔の経歴

 

1999年7月~2000年7月にかけて、アクンセンチュアという外資系コンサルティング会社に勤務しています。

 

外資系コンサルティング会社というと、成績などにシビアなイメージがありますにょね!とても鍛えられそうです。

 

2002年8月~2008年4月にかけては、明豊ファシリティワークスに勤務しています。

 

この会社は、コントラクション・マネジメントを専業にしている、日本で唯一の上場会社です。

 

コンストラクション・マネジメントとは、建設プロジェクトにおいて、建設発注者から準委任を受けたコンストラクション・マネジャーにより、中立的に全体を調整して、所期の目的に向かって円滑に事を運ぶ為の行為のことである。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

 

簡単に言うと、「1つのプロジェクトを円滑に推進するためのまとめ役」といった所で、こういった経験が政治家になって役に立っていそうですね。

 

その後数年間は、衆議院議員秘書などを歴任し、2008年4月16日~2010年3月31日の期間、熊本県庁にて政策調整参与を務めます。

 

2010年4月1日~2012年6月20日の期間、熊本県庁にて政策参与を務め、2012年6月21日~は熊本県副知事を務めています。

 

スポンサーリンク

2020都知事選の勝算はあるのか?

 

経歴を見てみると、とても優秀な方だという事が分かりますが、実際問題2020都知事選の勝算はあるんでしょうか。

 

小池百合子知事の支持率は69.7% 3月から20ポイント上昇

小池百合子東京都知事を支持するかどうかを聞いたところ「強く支持する」「どちらかと言えば支持する」とした人は合わせて69.7%だった。対して「どちらかと言えば支持しない」「全く支持しない」とした人は20.8%だった。「どちらとも言えない、わからない」とした人は9.5%だった。前回調査した今年3月の結果と比べると、支持率は約20ポイントもの大幅上昇となっている。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/yoneshigekatsuhiro/20200601-00181360/

 

6月1日の世論調査では、現職の小池都知事の支持率が69.7%と非常に高く、こういった有事には現職有利と言われていますから、なかなか厳しい状況と言えるでしょう。

 

ですが、小野泰輔さんは現在46歳と若く都知事選で敗れたとしても、知名度を上げることが出来るのでその辺も計算されているのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

小野泰輔さんの過去のツイート

 

 

スポンサーリンク

ネットの声は?

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

個人的には、小池さん一強では面白みが無いので、多くの方が立候補して欲しいと思っています。

 

是非、小野泰輔さんの奮闘に期待したいですね!!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.