杉田水脈の夫と子供は?夫婦別姓を強烈に反対する理由とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

自民党の特攻隊長と言われ、ズバズバと臆することなくモノを言う女性国会議員の杉田水脈(すぎたみお)議員。

 

そんな杉田水脈議員とはどういう人物なのか?夫がどういう人なのか、子供はいるのか?とっても気になりますよね。

 

また、杉田水脈議員が発言した夫婦別姓を反対した理由も気になるところです。

 

そこで今回は、杉田議員の夫や子供、夫婦別姓についての考え方を紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

杉田水脈の夫と子供は?


杉田水脈、とても珍しい名前だなと思いますが、水脈という名前の由来は万葉集にある「泊瀬川 流水尾之 湍乎早 井提越浪之 音之清久泊瀬川 流るる水脈の 瀬を早み ゐで越す波の 音の清けく」という和歌からお父様が付けてくれたようです。

 

子供の名前を和歌から引用して名付けたお父様も素敵ですね。

 

杉田水脈議員は、鳥取大学を卒業後に積水ハウス木造株式会社に勤務後、西宮市役所で18年間という長い間、行政や政策、子育て支援に携わってきました。

 

そこで「正直者が馬鹿を見る」そんな世の中を変えたい、誰かがやってくれるのを待つのではなく、自分が何かをしたいという思いが芽生え、43歳の時に市役所を辞め、政治家への道を選択したそうです。

 

杉田水脈は結婚しているのか?夫も議員?

 

杉田水脈議員のtwitterによると、2016年1月15日に23回目の結婚記念日であることを公表していました。

 

ということは、1993年1月15日に結婚したことになります。

 

杉田水脈議員と夫は、同じ鳥取大学を卒業した同級生なので、もしかしたらそこから付き合いが始まったのかもしれませんね。

 

その気になるなる夫の職業ですが、妻が議員なので夫も議員なのか?と思いきや、そうではなく一般人のようです。

 

鳥取大学工学部工学部電気工学科を卒業後、エンジニアとして大手家電メーカーに勤務していました。

 

その後、一緒に働いていた数名で起業したLED照明を扱う会社に現在も勤務しているようです。

 

杉田水脈には子供がいる?その人物像は?

 

杉田水脈議員の公式プロフィールによると、家族は夫と大学生の娘がいると記載されています。

 

子供の名前は光澪(みれい)といい、杉田水脈議員の「みお」に、母親よりももっと立派になってほしいという思いから、頭に光という字をあてたそうです。

 

杉田水脈議員のtwitterでは、子供の成人式の前撮り写真を掲載していましたが、現在23歳前後なのではないかと思われます。

 

写真の顔は隠されていますが、背が高くてかわいらしいのではないかと勝手に想像してしまいます。

 

スポンサーリンク

杉田水脈が夫婦別姓を強烈に反対した理由とは?

 


令和2年1月22日に国会で行われた衆議院代表質問の場で、民主党代表の玉木氏による「選択的夫婦別姓」についての話をしていたところ、「だったら結婚しなくていい」という野次を飛ばしたのが、自民党の特攻隊長「杉田水脈」でほぼ間違いないと言われ、大きく取り沙汰されました。

 

なぜ杉田水脈議員はそのような野次を飛ばしたのか?夫婦別姓を反対した理由はなんだったのでしょうか?

 

女性議員っていうと、どちらかと言うと夫婦別姓に賛成するイメージがありますが、杉田議員はそれとは逆ですよね。

 

それでは気になる理由を掘り下げていきたいと思います。

 

夫婦の絆、家族の絆は夫婦同姓のほうがより築ける

 

杉田水脈議員から法務委員会に提出された夫婦別姓についての請願書を見ると、結婚したら夫婦同姓になることに、昔から何も疑問や不都合を感じない国であったことを言っていました。

 

さらに、夫婦別姓を望むのは少数派の意見であり、同じ姓になることで喜びを感じるほうが圧倒的多数だと言っています。

 

確かに、一般的に言えば『結婚=同じ姓になる』ですし、それを喜びと捉えている女性の方が多い気がしますね。

 

現時点で、「夫婦別姓」の制度を導入したほうがいいという理由はない。と断言しています。

 

夫婦別姓にすると、健全な心を持つ子への成長に影響する

 

夫婦別姓を導入したいという人たちは、夫婦の都合ばかりで子供の都合には何も考えていない。

 

夫婦同姓で強い絆を持つ家庭だからこそ、健全な心を持った子供が育つのである。

 

夫婦別姓で家族に一体感がない家庭ではそれが難しいということを主張しています。

 

確かに、子供が学校に通った場合に、父親と母親のどちらの姓を名乗るのか?などの問題がありますし、子供にとっては夫婦同姓の方がいいのではないかと思います。

 

夫婦別姓を訴える少数派の人たちは我が儘だ

 

杉田水脈議員は、夫婦別姓を訴える人は、家族を尊重するよりも個人の都合を優先させる思考があるのため、夫婦別姓を認めてしまう。

 

それにともない、個人主義の人たちを政府が公認したような形になることを危惧しています。

 

この意見も一理あると思いますが、若干極端な気もします。

 

今回の調査で、杉田議員は比較的古風な考え方の持ち主なのかなと言う印象を受けました。

 

お騒がせ議員の杉田水脈さん!若い頃の画像がかわいいってホント?⇒杉田水脈はかわいい!?若い頃の画像が別人と大反響!!

 

スポンサーリンク

杉田水脈の夫と子供は?夫婦別姓を強烈に反対する理由とは?まとめ!

 

杉田水脈議員は、女性でありながら誰に屈することもなく言いたいことをズバッと言える、そんな芯の強い女性です。

 

杉田水脈議員自身が、夫婦同姓であること、夫や子供にも恵まれた彼女だからこそ、夫婦別姓の必要性が感じられないのかもしれません。

 

杉田水脈議員の今後の活躍に期待したいですね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.