伊藤沙莉の演技力が好評!子役時代からの出演作品は要チェックだ!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

『2021年 ブレイク女優ランキング』で見事1位に輝いた伊藤沙莉さんですが、最近「伊藤沙莉の演技力が好評」「心に刺さる」など伊藤沙莉の演技力が好評と話題になっています。

 

伊藤沙莉さんは元子役で子役時代の演技もすごく好評だったそうで、伊藤沙莉さんの子役からの出演作品はどんなものか?どんな演技をしていたのか?はすごく気になりますよね。

 

女優としてドラマや映画に多数出演するだけではなく、大手企業のCM、バラエティ番組など様々なメディアで活躍し、伊藤沙莉さんを見ない日はないというくらいではないでしょうか。

 

注目子役から実力派女優と言われるまでに成長した伊藤沙莉さんの演技はどのようなところが評価されているのか?演技の魅力は何か?についてもすごく知りたくなっていきました。

 

さらに 子役時代の出演作品だけでなく最近の伊藤沙莉さんが出演したドラマや映画は何かについてもチェックしながら、女優としての歩みをしっかりチェックしていきたいですね。

 

今回はブレイク女優の伊藤沙莉の演技力が好評!とすごく話題だったので、伊藤沙莉さんの演技の魅力や子役時代からの出演作品を徹底調査したのでたっぷりとご紹介します!

 

スポンサーリンク

伊藤沙莉の演技力が好評!


最近伊藤沙莉さんの演技力が好評とすごく話題になっているのですが、周りからどんな評価をされているのか?彼女の演技のどんなところが魅力的なのかすごく気になります。

 

また伊藤沙莉さんの演技のうまさの秘密は何かも気になるところで、ダンスの実力もトップレベルなので小さい頃から磨いた表現力が今に生かされているのかもしれませんよね。

 

2021年のブレイク女優として1位に輝くということは、それだけ監督や演出家など制作スタッフの方から演技力が高く評価され、女優として非常に期待されているといえます。

 

伊藤沙莉さんのチャームポイントといえば「ハスキーボイス」なので、もしかしたら個性と魅力を兼ね備えたハスキーボイスが演技力や表現力が好評のポイントなのかもしれません。

 

さらに伊藤沙莉さんは声の演技力も好評で、『ペット2』では人気キャラクターの声優、連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』ではナレーターとして高い実力を発揮していました。

 

伊藤沙莉さんの演技力が好評だということがよくわかりましたが、具体的にどんなところが評価されているのか?魅力があるのか?が気になるので早速くわしくみていきましょう!

 

伊藤沙莉の演技力のここがスゴイ!

ブレイク女優である伊藤沙莉さんの演技力が好評だということが分かりましたが、伊藤沙莉さんの演技はどうして好評なのか?どのような演技が魅力なのかが気になりますよね。

 

今回調べていくと伊藤沙莉さんの演技力が好評な理由は大きく分けて4つあることが判明し、その1つが役に染まることで自由奔放な役からシリアスな役まで幅広く演じきるのが魅力です。

 

2つ目はどこにでもいる普通の役を見事に演じることで、豊かな表現力と細やかな再現性で「身近にいそうだけどすごく存在感がある」と違和感なく思わせるのがスゴイですよね。

 

3つ目は表情で演じることで、かわいいクシャッといた笑顔から冷淡でシビアな顔までシーンやセリフに合わせて魅せる多彩な表情はすごく好評で、プロ意識の高さを感じますよね。

 

4つ目は声で魅せることで、独特なハスキーボイスがクセになると好評であるだけでなく、滑舌のよくて早口でも聞き取りやすいというのも表現の幅が広い理由の一つのようです。

 

このようにただセリフをいうだけではなく、声や表情、雰囲気までもしっかり役に合わせて演じることができる伊藤沙莉さんだからこそ演技力が好評で人気があるといえますよね。

 

「実力派女優」「個性派女優」になるまでの葛藤

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊藤沙莉(@itosairi)がシェアした投稿

今では「実力派女優」「個性派女優」として大ブレイク中の伊藤沙莉さんですが、子役時代を経験した彼女だからこそ女優として一人の人間としての葛藤があったようなんです。

 

伊藤沙莉さんは、子役時代から「いじめっ子」の役が多いため周りのイメージや期待と、自分らしさのギャップに悩み「自分は何のために仕事をしているのか」と迷子になったそうです。

 

けれども20歳の時に出演した「GTO」で飯塚健監督と出会い、周りにどう思われるかよりも自分が目の前の役をどう演じるかを大切にしようと気づき、迷いがなくなったそうです。

 

今までは言われたことをやるだけだった伊藤沙莉さんは、毎回飯塚監督からどう演じたいかを聞かれる中で最初は辛かったが最終的には自分で考えて演じることを楽しめるようになりました。

 

この出会いと経験がきっかけで、葛藤を乗り越え自分軸で生きることができるようになった伊藤沙莉さんだからこそ、熱量の高い演技で見る人を魅了させるのかもしれないですね。

 

「GTO」での演技が話題となり20歳以降の伊藤沙莉さんはドラマや映画の出演オファーが絶えない状態になり、7年後にブレイク女優1位に選ばれるまでに成長したといえます。

 

スポンサーリンク

子役時代からの出演作品は要チェックだ!

今では実力派女優として有名な伊藤沙莉さんは多くのドラマや映画に出演していますが、実は子役時代からも注目を集めていたそうなので子役時代の主演作品は要チェックですよね。

 

伊藤沙莉さんは子役時代にどんな作品に出演しどんな演技をしていたのかについてもすごく気になりますし、今でもかわいい伊藤沙莉さんの子供の頃の様子もすごく見てみたいです。

 

伊藤沙莉さんは子役時代に有名なドラマに出ていたのか?どんな俳優・女優や子役と共演してきたのか?など今とは違う子役時代について次から次へと興味がたくさん湧いてきます。

 

伊藤沙莉さんのデビューのきっかけはダンススクールの掲示板にあったオーディションで、友達とノリで受けたらたまたま合格してそのまま9歳の時に女優デビューを果たしました。

 

2021年12月現在で芸歴18年目となる伊藤沙莉さんの出演作品を、伊藤沙莉さんの成長とともに追うことで伊藤沙莉さんの魅力をもっとくわしく知ることができそうですよね。

 

今回は演技力が好評である伊藤沙莉さんの魅力をもっと深掘りするために、子役時代からの出演作品を徹底調査したので、伊藤沙莉さんの18年間の活躍をしっかりご紹介します!

 

子役時代の出演作品は?

伊藤沙莉さんの子役時代の出演作品を調べていくと伊藤沙莉さんのデビュー作は2003年放送「14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜」で、見た目は子供で中身は大人という役でした。

 

未経験にも関わらず難易度の高い役を見事に演じきったことで注目の子役になりましたが、11歳で出演した『女王の教室』でさらに演技が高く評価されてブレイクしました。

 

『女王の教室』ではいじめっ子を演じ視聴者から嫌われてしまうほどのハマり役で、主演の天海祐希さんも「カメラが回ってない時も気を抜かない、手を抜かない」と絶賛していたそうです。

 

さらに2006年には『硫黄島〜戦場の郵便配達』で主人公の長女役を、『実写版ちびまる子ちゃん』では白河さん役を演じ、主役ではないものの圧倒的な存在感を見せています。

 

2015年放送の『トランジットガールズ』で連続ドラマの初主演を果たし、主演女優になっても期待以上の演技をした伊藤沙莉さんは視聴者からも最高の演技と評価されていました。

 

このように伊藤沙莉さんは子役時代から有名なドラマに出演し、子役としての演技も高く評価されていたということが分かったので次は最近の出演作品もチェックしていきましょう!

 

最近の出演作品も要チェック!

伊藤沙莉さんの最近の出演作品はどんなものでしょうか?まずは2017年『獣道』では映画の主演を果たし、清楚系かと思ったら金髪のヤンキー姿で登場する変わり者の主人公を見事に演じきりました。

 

2018年放送『この世界の片隅に』では松坂桃李が演じる周作の幼馴染役を演じ、同年放送『獣になれない私たち』では新垣結衣さんの後輩役でどちらも存在感を見せていました。

 

さらにNHK朝の連続ドラマ『ひよっこ』で米屋なのに米が嫌いな娘を演じ、今までとは違う育ちのいい役でしたが、実力を発揮して知名度が一気に広がることになりました。

 

2019年には『これは経費で落ちません!』や『全裸監督』に出演し、役柄ごとに全く違う雰囲気を見せる伊藤沙莉さんは楽しませる演技も泣かせる演技も本当にお見事でした。

 

2020年は『いいね!光源氏くん』ではありえない設定の中で繰り広げる千葉雄大との絶妙なやりとりが話題となり、伊藤沙莉さんのヒロイン力がとても光っていました。

 

2021年はドラマだけではなく、サントリーやメルカリ、スタジオマリオなど大手企業のCMにも多数起用され、一瞬の表情や言葉で多くの方に印象を残せるのはすごいですよね。

 

スポンサーリンク

伊藤沙莉の演技力が好評!子役時代からの出演作品は要チェックだ!まとめ

 

今回は伊藤沙莉さんの演技力が好評!という噂を元に真相を探りながら、伊藤沙莉さんの子役時代から今までの出演作品や女優としての歩みをお届けしましたがいかがでしたでしょうか。

 

伊藤沙莉さんは2021年のブレイク女優に選ばれるだけあって、コメディでもヒューマンドラマでも演技力は高く評価されていて、主役でなくても存在感が抜群なのが素晴らしいです。

 

また子役時代を見るとたまたま受かったオーディションからデビューしたにも関わらず、最初から難易度の高い役を演じ、子供の頃から演技の才能がすごくあったといえますよね。

 

けれども子役時代から周りの期待に一生懸命に応え続けた彼女だからこそ自分らしさや仕事の向き合い方に悩んだ時期があり、この辛い経験が演技の豊かさに繋がっているのではないでしょうか。

 

伊藤沙莉さんは本人インタビューで周りが想像できる役より「沙莉に演じさせたらどうなるのか」とイメージが湧かない役をやって周りの期待を良い意味で裏切りたいと話していました。

 

キャリア18年という伊藤沙莉さんは今でも演技力は好評ですが、本人は現状に満足することなくさらに高い目標に向かって頑張っているので、これからの活躍も楽しみですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2022 All Rights Reserved.