藤井聡太の両親の職業は?教育方針や育て方が気になる!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

最年少でプロ将棋棋士デビューを果たした藤井聡太さんですが、最近「藤井聡太の両親の職業は?」「教育方針や育て方が気になる!」という声が多く上がっているそうなんです。

 

2022年に二十歳の誕生日を迎える藤井聡太さんは14歳からデビューして以来毎年偉業を成し遂げているため、一体どんな父親と母親に育てられたのかは興味がわいてきますよね。

 

天才を育てた藤井家の教育方針は一体どのようなものなのか?どんな育て方をしたのかが具体的に分かれば、今後の子育てや教育活動に活かしたい方も多いのではないでしょうか。

 

この記事の前半では藤井聡太さんの父親と母親がどのような職業に就いているのかを解説し、さらにそれぞれの趣味や学歴、夫婦が出会った場所についても詳しく紹介していきます。

 

そして後半ではどうして藤井聡太さんのような天才が生まれたのかを知るために、藤井家が大切にしている教育方針や実際に使用していたおもちゃなどをたっぷり解説していきます。

 

今回は藤井聡太さんの両親の職業は教育方針や育て方が気になるという声にお答えして藤井聡太さんを育てた両親や教育環境について調べたので、一緒にチェックしていきましょう!

 

スポンサーリンク

藤井聡太の両親の職業は?

藤井聡太さんの両親の職業は一体何なのでしょうか?天才将棋棋士を育てた父親と母親だからこそどんな仕事をしているのかというのはとても気になる方も多いのではないでしょうか。

 

藤井聡太さんの父親も将棋棋士である可能性も考えられますし、大手企業の社員もしくは社長、さらに大学教授など様々な可能性が考えられるのでとても気になってしまいます。

 

一方の母親も天才藤井聡太さんを育てたのは事実なので、何か教育関係者や専門家なのかどうかは気になるところで、どのような仕事をしているのかは大変興味深いですよね。

 

また職業だけではなく具体的なエピソードがあれば気になりますし、趣味などがあればどんなことが好きなのかなどプライベートな部分もくわしく知りたくなってしまいます。

 

藤井聡太さんの父親と母親は結婚してどれくらい経つのかやどこで出会ったのかという馴れ初めも分かれば、ぜひ教えてほしい!という方もたくさんいるのではないでしょうか。

 

将棋界のレジェンドの藤井聡太さんを育てた父親と母親だからこそ、どんな職業や趣味なのかは大きな注目が集まるところなので、調べたことをあますことなく紹介します!

 

父親の職業

藤井聡太さんの父親は藤井正史(まさし)さんといい、2017年6月の毎日新聞記事で年齢が48歳と掲載されていたので、2022年3月現在では53歳前後であるのではないかと推定されます。

 

職業は大手住宅整備メーカーに勤務していると言われていて企業は「LIXIL」である可能性が高く、LIXILは2011年に「トステム」「INAX」「新日軽」「サンウェーブ」が経営統合してできた会社です。

 

「INAX」は藤井家がある愛知県瀬戸市に本社を構えているので、元々藤井聡太さんの父親は「INAX」に勤務していたと言われていて、2016年頃から東京へ単身赴任しているそうです。

 

ちなみにLIXILの年収は推定で1000万円以上だそうで、藤井聡太さんの父親の年齢だと1200万〜1300万円になるのではないかと言われ、エリートサラリーマンであることが分かります。

 

趣味はジャズを聴くことでレコードを集めることがとても好きなんだそうですが、将棋は駒の動かし方を知っている程度で、将棋が趣味もしくは得意であるということはないそうです。

 

藤井聡太さんの父親は年収1000万円超えのエリートサラリーマンであり、将棋は詳しくないそうですがレコードを集めるぐらいジャズ好きなので探求心があるのは似ているかもしれないですね。

 

母親の職業

藤井聡太さんの母親は藤井裕子(ゆうこ)さんという方で、年齢は父親の一個下なので2022年3月現在では52歳前後であると推測され、何回かテレビの取材も受けています。

 

職業は専業主婦であるそうですが、夫である藤井正史さんが単身赴任だったため藤井聡太さんと4歳上の兄をほぼ一人で育てたと考えられ、一人で天才息子を育てたのは凄いですよね。

 

さらに趣味はバイオリンで、アマチュアのオーケストラに所属しているそうでイベントなどに招待されるほどの腕前で、お家で母親の生演奏が聴けるのはうらやましい限りですよね。

 

母親である藤井裕子さんも将棋の経験はあまりなかったようですが、近くに住んでいる裕子さんの父親と母親が将棋が好きだったため、藤井聡太さんも将棋をするようになったそうです。

 

そして2017年に結婚21年目を迎えていた藤井聡太さんの父親と母親は、2022年3月現在では結婚26年目を迎えていると考えられ、単身赴任でも仲がいいのは素敵なことですよね。

 

さらに藤井聡太さんの父親と母親は同じ大学に通っていたことが分かり、どこの大学かはわかりませんが、国立大学に通っていたそうで、大学で出会って結婚された可能性が高いです。

 

スポンサーリンク

教育方針や育て方が気になる!

数々の偉業を成し遂げる藤井聡太さんはどのような幼少期を過ごしたのでしょうか?「両親の教育方針や育て方が気になる」「詳しく知りたい」という方もきっと多くいますよね。

 

藤井聡太さんが天才として育ったのは幼少期の経験が大きかったのではないかと言われているそうなので、実際に幼少期をどのように過ごしたのかというのは知りたいですよね。

 

子どもの集中力を高めるためにしたことはあるのか?どんなおもちゃで遊んでいたのか?など子育てのポイントについて具体的に分かれば、天才を育てるヒントが見つかるかもしれません。

 

また藤井聡太さんはメンタルが強いとしても知られていますが、メンタルケアするために母親として息子にどのように接していたのか?親としてどんなサポートをしていたのかは気になります。

 

藤井聡太さんが通っていた幼稚園はスティーブ・ジョブスやビル・ゲイツなども受けたと言われているモンテッソーリ教育であるそうなので、幼稚園についても調べていく必要がありそうです。

 

天才を育てた藤井家の教育方針や育て方について気になる!という声にお答えして、親としての立ち位置や子育てで常に大切にしていることなどをくわしく解説していきます!

 

教育方針

藤井聡太さんの母親の教育方針は「子供に好きなことをとことんやらせる」ということで、将棋の事に関しても本人が一度集中すると途中で口を出したりしないことを徹底していたそうです。

 

藤井聡太さんは小さい時から好きなことにハマると他の事に注意が向かなくなるほど夢中になりやすい性格だったため、本人が納得するため時間を確保し、個性を尊重していました。

 

驚くことに文字が読めないのに5歳で将棋の本の図解部分を何度も読み、あっという間に将棋のやり方を覚え、将棋教室では幼稚園児ながら「考えすぎて頭が割れそう」と発言していたそうです。

 

負けず嫌いである藤井聡太さんは試合に連敗した時に悔しさを我慢できず母親の姿を見つけると大泣きしてしまったのですが、その時も母親は気が済むまで泣くのを見守っていました。

 

藤井聡太さんにとって、嬉しい時も悔しい時も自分の気持ちにどこまでも寄り添ってくれる理解者がいる、母親がずっとそばにいてくれるのは心強かったのではないかと考えられます。

 

何歳になっても子どもの好きな事を最優先し、本人が納得するまで全力で打ち込める環境を整えてあげたり優しく見守ってあげたりする教育方針が天才を育てた秘密なのではないでしょうか。

 

育て方

実は夫婦で教育方針を話し合ったわけではなく、子どもの好きなことをとことんさせることだけを貫いたそうで、今回明らかになった育て方のポイントを三つ紹介していきます!

 

一つ目のポイントはモンテッソーリ教育の幼稚園に通っていたことで、モンテッソーリ教育とは「子どもに自分を育てる力が備わってる」という自己教育方法を前提としています。

 

息子に好きなことをとことん集中してほしいという両親の思いからモンテッソーリ教育の幼稚園を選んだと考えられ、幼少期の経験が天才藤井聡太さんを作り上げたのかもしれないですね。

 

二つ目のポイントは「キュロボ」というスイス製の知育おもちゃで、これは父親がプレゼントしたもので、藤井聡太さんの強さの秘訣は父親の影響も大きいと言われています。

 

このおもちゃは溝や穴に木製のブロックを組み合わせ、玉を転がし下まで行けるように通路を作っていくという遊びで、空間認識や球の軌道を予測する力や集中力が育つそうです。

 

三つ目は学歴よりも将棋を最優先にしたことで、高校受験のストレスがないように中高一貫校に入学させたり、将棋に打ち込むために高校中退を許したりなど普通はなかなかできないですよね。

 

このように子どもの才能を信じて本人のやりたいことを全力でバックアップする両親のもとに育ったから、藤井聡太さんはのびのびと自分のやりたいことに打ち込めたのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

藤井聡太の両親の職業は?教育方針や育て方が気になる!まとめ

 

今回は「藤井聡太さんの両親の職業は?」という声にお答えして、藤井聡太さんの父親や母親のそれぞれの職業、気になる教育方針や育て方についてくわしく紹介しました。

 

藤井聡太さんの父親は大手住宅整備メーカーに勤めていることが明らかになり、年収も1000万円以上と推定されるので憧れのエリートサラリーマンであるということがわかりました。

 

さらに藤井聡太さんの母親は専業主婦でありながら夫が単身赴任のため女手一つで藤井聡太さんと4つ上の兄を立派に育て上げたということがわかり、とてもたくましい女性ですよね。

 

一番驚きだったのは藤井聡太さんの両親は将棋に詳しくないということでしたが、それぞれジャズやバイオリンなど大好きなことがあるというのは親子で似ているところでした。

 

さらに藤井家の教育方針は夫婦でいつも話合うというわけではなく、「子どもの好きなことをとことんやらせよう」というのを徹底的に貫き通していることが明らかになりました。

 

子どもがどうしたら好きなことに夢中になれるのかを考えて環境を整えてあげたり、納得できるまで優しく見守ってあげたりなど子どもの主体性を尊重する姿勢がすごく素敵ですよね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2022 All Rights Reserved.