藤井聡太の2022年収予想!CMやスポンサー収入も凄いって本当?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

将棋界でも躍進が止まらない藤井聡太さんですが、2022年の年収は一体どれくらいなのでしょうか?2億円を超えるのではないかとも言われているので真実が気になります。

 

国民的に人気を誇る藤井聡太さんは将棋棋士としての給料以外にも「CMやスポンサー収入もすごいって本当?」という声が多く上がっているので、噂の真相も知りたいですよね。

 

この記事の前半では藤井聡太さんの2022年の年収を予想した結果をくわしく解説していて、 2021年の成績を参考にしながらどれくらい稼ぐのかというのを明らかにしています。

 

あまり知られていない将棋棋士の収入の内訳や階級制度についても分かりやすく解説しているので、将棋棋士がどのようにお金を稼ぐのかがイメージできるのではないでしょうか。

 

記事の後半では藤井聡太さんのCMやスポンサー収入について詳しく解説していて、現在の藤井聡太さんがどんな大手企業と契約を結び、どんなCM出演しているのかを紹介します。

 

さらにスポンサー収入だけでなく、藤井聡太さんの関連商品であるゲームや書籍についても詳しく調べていくと、藤井聡太さん関連のものが多く販売されていることが分かりました。

 

今の段階で藤井聡太さんの年収はとんでもない額になったので、国民的人気の藤井聡太さんの2022年の年収を予想した結果をたっぷり紹介するので、ぜひ最後までお読みください!

 

スポンサーリンク

藤井聡太の2022年収予想!

最年少デビューを果たした将棋棋士藤井聡太さんの2022年の年収は一体どれくらいなのでしょうか?日本トップレベルの将棋プロがどれぐらい稼ぐのかはとても気になりますよね。

 

会社員の年収は勤務会社からお給料をもらうことがほとんどですが、将棋棋士の収入の内訳というのは一体どうなっているのかはあまり明かされていないので、知りたいですよね。

 

野球のメジャーとマイナーリーグのようにランクによって給料が大きく変わるように、将棋界にも階級があり、収入が全然異なるそうなので階級についても詳しく見ていきましょう。

 

さらにゴルフ選手のように大会で優勝すると結構な賞金がもらえたりするそうなので、どの対局でどれくらいの賞金がもらえるのかについてもとても気になってしまいますよね。

 

2022年の年収を予想するためにはまず2021年に藤井聡太さんが稼いだお金はどれくらいなのかというのも明確にする必要があるので、去年の年収もしっかりチェックしていきます。

 

それでは「藤井聡太さんの2022年の年収予想が知りたい」という声にお答えして、2022年の年収はどれくらいかを予想した結果をたっぷり紹介するので、一緒に見ていきましょう!

 

将棋棋士の収入源とは?

棋棋士の収入源は大きく分けて5つあり「順位戦の基本給」「対局料」「スポンサー契約によるCM料」「教室などの指導対局料」「関連商品の収入」があると言われています。

 

棋士はA・B・Cに階級が分かれていてそれに応じて年収も変わり、「最上位のA級は約800万円」「B級は600万〜420万円」「C級は300万〜200万円」、藤井聡太さんは最上級ランクです。

 

意外と低いと思ってしまいますが一番の収入は対局料と言われ、勝てばさらに「勝者賞金」がもらえるので、5つのタイトルを持っている藤井聡太さんの金額は膨大であるそうです。

 

例えば「王位」では賞金含め「約1200万円」、「棋聖では約700万〜800万円」「叡王では約700万円」「王将は約700万円」「竜王は4000万〜6000万円」と言われています。

 

基本給と対局料を合わせるとすごい金額で勝ち続けるとどんどん増えることが分かりますし、朝日杯やAmebaトーナメントなど企業協賛の大会で優勝すると賞金がもらえます。

 

ちなみに藤井聡太さんは朝日杯で750万円の賞金を獲得していて、さらに一般的に将棋教室の講師や対局の解説を務めると「数万〜数十万」の収入が得られることが分かりました。

 

藤井聡太の2022年の年収は?

では藤井聡太さんの2022年の年収はどれくらいなのでしょうか? 今回調べていくと、藤井聡太さんの2022年は対局の賞金だけで1億円を超えるのではないかと言われていました。

 

ちなみに藤井聡太さんが2021年に獲得した賞金額は「6996万円」、賞金順位は3位でしたが、前年である2020年度の4554万円と比べると驚くほど飛躍的に上がっていたのです。

 

実は過去に羽生善治九段が1995年に「1億6千万円以上稼いだ」という伝説があり、当時よりタイトル戦が増加したため、藤井聡太さんの快進撃が続けば記録を塗りかえるかもしれません。

 

2021年の最後に最高峰のタイトルと呼ばれる「竜王」を最年少で獲得した藤井聡太さんは、2022年には高い確率で1億円プレイヤーになるということが明らかになりました。

 

インタビューやCMなどでも引っ張りだこである藤井聡太さんはスポンサーやCM料を合わせると、おそらく2022年の年収は2億円を超えるのではないかと言われているそうです。

 

2022年3月現在で19歳の藤井聡太さんは「年収が2億円を超える」と言われていて、世界的に見てもとんでもない偉業を成し遂げるということなので、とてもワクワクしていますね。

 

スポンサーリンク

CMやスポンサー収入も凄いって本当?

将棋棋士である「藤井聡太さんのCMやスポンサー収入が凄い」というのは果たして本当なのでしょうか?将棋棋士のスポンサーというのはあまりイメージができないですよね。

 

一般的に将棋棋士がCMに出演することはありませんが、天才棋士である藤井聡太さんは別格で、世界的に有名な大企業とスポンサー契約を結んでいると言われているそうです。

 

さらに一社だけではなく複数の企業のCMに出演したりスポンサー契約をしたりしているそうで、どんな企業と契約をしているのか?どんなCMに出ているのか?は気になりますよね。

 

スポーツ選手でもスポンサー収入がとても大きな収入源であると言われているので、藤井聡太さんももしかしたらCMやスポンサー収入がものすごい額になっているのではないでしょうか。

 

噂によるとCMやスポンサー収入だけでも1億円以上ではないかと言われているので、噂の真相を調べる必要がありそうですし、ゲームや書籍についてもチェックしていきたいところです。

 

続いては「藤井聡太さんのCMや収入も凄いって本当?」という声にお答えして、藤井聡太さんのCMやスポンサー契約をした大手企業について詳しく調べたことを紹介します。

 

CMやスポンサー契約がすごい!

藤井聡太さんは今までどのようなCMに出演しているのでしょうか?最近のCM出演情報を調べると、藤井聡太さんは3つの大手企業のCMに出演していることが今回判明しました。

 

一つ目はサントリーの緑茶「伊右衛門」の CMで、本木雅弘さんの「あんたの緑茶は何色や?」という問いかけに対して「心が整うような緑色です」と藤井聡太さんが答えています。

 

二つ目は不二家の新商品のCMで、ONチョコレートでは対局中の集中の姿が、OFFチョコレートではオレンジ色の上着で休日をリラックスする姿が見られ、話題になりました。

 

藤井聡太さんをCMに起用したことで特設売り場では通常の売り上げの10倍も増加したそうで、この数字だけを見ても藤井聡太さんの人気がよく分かりオファーがさらに増えそうです。

 

三つ目は日本郵便のCMで、年賀状を書く事をPRしたCMに2017年から2018年の2年間出演していたということがわかり、3社とも誰もが知る大手企業であると言えますよね。

 

藤井聡太さんのCM料は一社あたり約5000万円で、竜王のタイトルを獲得したためさらにアップしたとも言われていて、2022年はCMだけでも1億円以上稼ぐ可能性が高いです。

 

ゲームや書籍がすごい!

さらに調査を進めていくと藤井聡太さんはスポンサー契約だけでなく、ゲームソフトや書籍の収入もあるということが分かったので、こちらについても詳しく見ていきたいと思います。

 

まずはゲームでNintendoSWITCH 用の「棋士・藤井聡太の将棋トレーニング」で2020年3月に販売され、藤井聡太さんに将棋を教えてもらえるということで人気を集めています。

 

藤井聡太さんの書籍も多く出版され、山中伸弥教授と共同著書の「挑戦・常識のブレーキを外せ」、丹羽宇一郎さんとの対談をまとめた「考えて、考えて、考える」などが売れているそうです。

 

また、藤井聡太さんを題材にした書籍や雑誌も多くあり、Amazonで検索しただけでも20作品以上が発売されているため、印税収入だけでもとんでもない額になるのではないでしょうか。

 

世代を問わず人気が高い藤井聡太さんだから、藤井聡太さんをテーマにしたゲームや書籍は2022年も増えていく可能性があるので、収入はまだまだ上がるかもしれないですよね。

 

藤井聡太さんはゲームや書籍以外にも関連商品は多く販売されているそうなので、藤井聡太さんのグッズ販売の売り上げも年収に含まれると考えると、年収は凄いことになりそうです。

 

スポンサーリンク

藤井聡太の2022年収予想!CMやスポンサー収入も凄いって本当?まとめ

 

今回は将棋棋士である藤井聡太さんの「年収が気になる」という声にお答えして、2022年の年収、大手企業のCMやスポンサー収入について予想した結果をくわしく紹介しました。

 

プロの将棋棋士は階級や対局などランクによって収入に大きく差があるということがわかり、勝たないとお金を稼ぐことができないというシビアな環境であることがわかりました。

 

厳しい世界の中、藤井聡太さんは着実と力をつけ将棋界のタイトルも獲得しているため、2021年は基本給や対局料だけでも6000万円以上を稼いでいることにすごく驚きました。

 

2021年の最後に竜王のタイトルを獲得した藤井聡太さんは、2022年には賞金が1億円を超えると言われていて最年少の1億円プレーヤーが将棋界で誕生するかもしれないですよね。

 

さらに将棋ファンだけではなく日本全国に老若男女のファンが多くいる藤井聡太さんは、不二家やサントリー食品ともスポンサー契約を交わし、今もCMにも出演しています。

 

大手企業のスポンサー契約が2社もあるため、これだけでも1億円以上稼いでいるのではないかと言われていて、2022年に藤井聡太さんは年収2億突破もありえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2022 All Rights Reserved.