芳根京子はスカウトがデビューのキッカケ?昔の画像や当時の逸話を紹介!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

人気若手女優である芳根京子さんですが、最近「芳根京子はスカウトがデビューのキッカケ?」という噂が話題で、昔の画像や当時の逸話も知りたいという声も多く上がっています。

 

2022年8月現在25歳になる芳根京子さんは何歳のときにどういった経緯で女優としてデビューを果たすことになったのかはとても興味がある方も多いのではないでしょうか。

 

オーディションではなくスカウトであるのが本当ならば、町やイベント会場で美しさやかわしらしさが目立っていたはずなので、スカウトのエピソードは気になってしまいますね。

 

今はとても美人ながらもかわいらしいイメージが強い芳根京子さんですが、デビュー当時の姿はどのようなものだったのか気になりますし、画像があったらぜひ見てみたいです。

 

さらにトップ女優だからこそ、デビュー当初から周りが驚くような逸話がたくさんあるそうなので、知られざる当時の逸話についてもしっかりチェックしていく必要がありますね。

 

この記事では前半に「芳根京子はスカウトがデビューのキッカケ?」という噂を確かめ、後半では彼女の昔の画像やデビュー同時の逸話についてたっぷりとご紹介します!

 

スポンサーリンク

芳根京子はスカウトがデビューのキッカケ?

ドラマや映画でよく見かける芳根京子さんはスカウトがきっかけでデビューしたと言われているのですが、果たして本当なのでしょうか?人気女優だからこそきっかけが気になります。

 

幼い頃から演技や女優業に興味があったのかというのも知りたいですし、いつどんなところで関係者の方に声をかけられたのかというのも気になる方も多いのではないでしょうか。

 

多くの女優がオーディションなどを勝ち抜いてデビューを掴む中、スカウトでデビューをしたならばデビュー前からスター性があったと考えられるのでとても興味が湧いてきますね。

 

さらに「デビュー作はどんなドラマに出ていたのか?」「デビューしたての頃はどんなドラマや映画に出演していたのか?」というこれまでの経歴についても調べる必要がありそうです。

 

今は実力派女優として知られる芳根京子さんだからこそデビュー当時の演技力や周りの評価はどうだったのかのも気になるので、デビュー当初のエピソードについても見ていきましょう!

 

それでは「芳根京子はスカウトがデビューのキッカケ?」という噂の真相を探るために、彼女のスカウトにまつわるエピソードやデビュー当時の様子などをくわしくまとめました。

 

デビューのキッカケはスカウト!

芳根京子さんが芸能界に入るきっかけになったのは学生時代のスカウトで、高校1年生の16歳の時に現在の事務所の先輩にあたる上地雄輔さんの遊助ライブへ行った時だったそうです。

 

芳根京子さんは上地雄輔さんの大ファンで、その日はプライベートでライブを見に行っていて、限定グッズを買うため列に並んでいたところ、会場にいた関係者にスカウトされました。

 

その後事務所で上地雄輔さんと初めて会った時は緊張しすぎてうまく話せなかったと関係者は話していて、このエピソードからも上地雄輔さんをどれだけ好きなのかが分かりますね。

 

実は芳根京子さんは今まで映画やドラマなど演技には全く興味がなかったそうですが、ちょうどスカウト前に学園祭で映画を作り、演じる楽しさを感じていたタイミングでした。

 

3歳の頃からスカウトされ、1日5回も声をかけられても断ってきた彼女が承諾したのは、奇跡的にタイミングがよかったことと直感が働いたおかげといえるのではないでしょうか。

 

今回調べてみると芳根京子さんのデビューのキッカケはスカウトであることが分かり、人生で初めて演技や作品作りに興味をもったタイミングで声をかけられていたのがドラマチックですよね。

 

デビュー作は「ラストシンデレラ」

芳根京子さんのデビュー作は、2013年フジテレビ放送のドラマ『ラスト・シンデレラ』で主演の篠原涼子さんや三浦春馬さんと共演を果たし、華々しく初出演を飾りました。

芸能界に入る前から料理を作るのが大好きである芳根京子さんは、「ラスト・シンデレラ」の出演時でも、クッキーやカップケーキを手作りして差し入れてくれていたそうです。

 

忙しい合間に作ったにも関わらず、芳根京子さんが作ったお菓子はどれも共演者やスタッフにも評判で、デビュー作から共演者やスタッフの方とたのしく過ごしていたのが想像できますよね。

 

その後、2014年のNHK連続ドラマ小説「花子とアン」では仲間由紀恵の娘役でヒロインの親友・蓮子を好演し、2015年にはTBSドラマ「表参道高校合唱部!」で主演デビューを果たしました。

 

初めての主演作品はキャストオーディションで、1000人以上の候補者の中から主演に選ばれ、合唱シーンが多くある非常に難しくて大変な役柄でしたが見事に演じ切ったのです。

 

2016年には、「べっぴんさん」ヒロインのオーディションに合格し、「朝ドラヒロイン」という称号をデビューからわずか3年で勝ち取った芳根京子さんは本当にすごいですよね。

 

スポンサーリンク

昔の画像や当時の逸話を紹介!

高校生時代にデビューを果たした若手実力派女優である芳根京子さんの昔の姿や出演したドラマの画像や映像などがあったら、「見たい」という方も多いのではないでしょうか?

 

最近はバッサリとショートカットへイメージチェンジをして「大人可愛い」と話題になっていましたが、高校時代の初々しい画像もとても気になりますし、今と昔を比べてみたいですよね。

 

さらにデビューまもなくにドラマデビュー、さらにドラマの主演や朝ドラヒロインなどを数年の間に成し遂げた芳根京子さんだからこそ、知られざる逸話があるそうなんです。

 

とはいうものの、一体どのような逸話があるのかは分からないので、芳根京子さんのデビュー前後のエピソードや関係者の話について調べていく必要がありそうですね。

 

演技力が高い彼女だからこそ、周りから言われた異名があったり、映画オーディションでの驚きの出来事があったりと、オーディションにまつわる話が隠されていることも分かりました。

 

それでは今も人気が耐えない人気女優の芳根京子さんのデビュー当時の昔の画像や逸話はどんなものがあるのかを徹底的に調べたので、さっそくそれぞれを見ていきましょう!

 

昔の芳根京子

デビューしたばかりの昔の芳根京子さんとはどのような女優さんだったのでしょうか?今回調べると「ラストシンデレラ」に出演した時の画像がいくつか見つかったので紹介します。

 

黒髪で前髪が揃った髪型はとても初々しくて可愛いですし、ドラマで披露した制服姿もとても似合っていて美少女であることがよくわかり、今よりも子どもらしい一面が見られました。

 

また初主演ドラマである「表参道高校合唱部!」では短めの前髪姿を披露していて、天真爛漫な雰囲気が感じられ、今の顔の印象とそこまで変わりませんがあどけなさも感じられますよね。

このようにデビュー当初から輝かしい芳根京子さんですが、スカウト前である中学生時代は難病「キャバレー症候群」を発症し、力が入らなくなる症状に悩まされていたそうなんです。

 

その影響で一年間くらいは普通に学校へ通うことがむずかしい時期があったと「べっぴんさん」の会見時に語っていて、かわいい笑顔の裏に壁を乗り越えた強さが隠されていました。

 

改めて昔の画像を見てみると、今と大きく変わった印象はありませんが学生らしい若さとあどけなさが残っていて、美人よりは「美少女」というイメージの方が強かったです。

 

当時の逸話

昔から美少女であった芳根京子さんの当時の逸話とはどのようなものなのでしょうか?輝かしい功績を短期間でおさめている彼女だからこそエピソードがたくさん見つかりました。

 

まず一つ目は業界から「オーディション荒らし」と言われていたことで、演技力が高すぎて「オーディションで会いたくない女優」「共演したくない女優」と言われてそうです。

 

「表参道高校合唱部!」では応募総数1000人以上の中から、朝ドラ「べっぴんさん」では2000人の中から主演の座を勝ち取った彼女なら、この逸話にも納得できますよね。

 

2つ目は敏腕マネージャーがいたことで、その方は売れっ子を抱えていましたが彼女を育てたいと申し出てケアや指導を付きっきりでやり、栄光をかげながら支えていました。

 

3つ目は相手が大御所でも動じないことで、オーラがすごい津川雅彦さんを相手に堂々と渡り合っていて、圧倒される役者が多い中、全然平気な様子を見せていたそうです。

 

4つ目は3作目の映画「向日葵の丘・1983年夏」のオーディションで、応募者にシナリオを見せていなかったにも関わらず、彼女の高校時代の思い出と映画内容がほぼ同じだったんです。

 

スポンサーリンク

芳根京子はスカウトがデビューのキッカケ?昔の画像や当時の逸話を紹介!まとめ

 

今回は芳根京子さんのスカートがデビューのきっかけだったのかどうかという噂を検証するとともに、デビュー当時の昔の画像や当時の逸話についてくわしくご紹介しました。

 

芳根京子さんのテレビユーのきっかけがスカートであったのは事実で、現在同じ事務所である上地雄輔さんのライブにいた時に関係者から声をかけられデビューが決まったそうです。

 

実はちょうどその時に高校の学園祭でドラマ作りを経験し生まれて初めて女優業に興味を持った時期だったので、スカウトの話も奇跡的に引き寄せられたのかもしれませんね。

 

デビュー作は大ヒットドラマの「ラストシンデレラ」で、その後もドラマ主演を果たしたり、朝ドラのヒロインを勝ち取るなど短期間で素晴らしい実績をおさめていました。

 

昔の画像を見てみると今と大きく変わりませんが、どこかあどけなさや初々しさがあり「これぞ美少女」という雰囲気が漂っていて、黒髪の制服姿もとてもかわいらしかったです。

 

デビュー当初から大活躍の芳根京子さんは関係者も驚くほどの逸話がたくさんあり、実力派女優だからこそ今後もさらにびっくりするような逸話を残していくのではないでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2022 All Rights Reserved.