玉川徹の思想が中国や韓国寄り?国籍や生い立ちや両親を調査!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

玉川徹さんの発言についてネット上では、「玉川徹の思想は中国や韓国寄りではないか?」と言われていて、そういったところから「日本国籍ではないのでは?」と疑問に思う人も多いようです。

 

玉川さんはコメンテーターとして活動されていますが、中国や特に韓国を擁護するような発言がネトウヨ(ネット右翼)の人々から批判され、「反日の在日韓国人ではないか?」と噂になっています。

 

テレビでの発言から「玉川徹の思想は中国や韓国寄りではないか?」と話題になることからも中国や韓国国籍ではないかと思ってしまう理由の一つですね。

 

今回、玉川さんの国籍や出身地を調べていると、彼の生い立ちや両親や家族についての情報も見つけることができましたが、テレビで知的な発言をされるだけあって高学歴な事もわかりました。

 

高学歴な息子を育てたご両親の職業についてもとても気になるところなので、一緒に紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

玉川徹の思想が中国や韓国寄り?

玉川さんの思想が中国や韓国寄りではないかと話題になっていますが、調べてみたところネットでは玉川さんの思想は特に韓国寄りだと言われていました。

 

どうして韓国寄りだと言われているのかというと、玉川さんが韓国を擁護する発言を繰り返していることが原因だと考えられますが、一部の国ばかりを評価してるとそう思ってしまいますよね。

 

特に新型コロナウイルスの感染対策で韓国を高く評価していますが、同じく中国も高く評価していたり「見習うべきだ!」と発言されています。

 

玉川さんの勤めるテレビ朝日は左翼側のようなので、勤続30年を超える玉川さんにもその思想が沁みついたのではないかとも言われています。

 

玉川さんの中国や韓国擁護な発言を紹介していきますが、調べているとその国の擁護ばかりではなく韓国に対して批判されている時もありそのことについてネットでは称賛を浴びていました。

 

玉川さんご自身、「日本のことを考えて喋っている」と言っているので、反日というわけでもなく中国や韓国を擁護しているつもりもないのかもしれませんね。

 

玉川徹の中国や韓国擁護な発言

玉川さんは中国や韓国擁護な発言をよくされていますが、特に韓国擁護な発言が多く玉川さんの思想は韓国寄りではないのかと言われています。

 

玉川さんが「中国を見習え!」と主張されていた時がありましたが、それは新型コロナウイルスの感染対策について話し合いをされているときのことでした。

 

新型コロナウイルスの感染対策について世界で成功した感染を減らす対策はロックダウン・検査・ワクチン接種だと言われていますが、日本は中国を見習い大規模検査をするべきだと発言されていました。

 

また韓国も同様に、PCR検査などの新型コロナウイルスの感染対策について「韓国を見習え!」と言った発言も多く、玉川さんは韓国を高く評価されています。

 

韓国については新型コロナウイルス以外にも、2019年に韓国で日本人女性が韓国人男性に暴行されたという事件で「暴力をふるう韓国人を変えようと思うな、やられたからと言って日本人がやり返してはいけない」と発言されていました。

 

この発言では韓国人を非難するわけでもなく、日本人としての振る舞いはこうあるべきだと言われている姿に「ここは暴力を振るわれた日本人女性に同情などの気持ちを表すところでは?」と感じてしまいました。

 

中国や韓国擁護な発言から玉川さんは韓国人ではないかと話題になっていますが、確かにこういった発言が続くと韓国籍だと思ってしまう気持ちもわかりますね。

 

玉川徹は韓国擁護ばかりではない

上記のような発言だけを見るとやはり韓国を擁護している中国や韓国寄りな思想を持っていると思ってしまいますが、いつでもそういうわけではありません。

 

韓国軍の射撃用レーダーの特集をされたときには、「あんまり教育で反日教育みたいなことしてると何かがあった時に政府が止めたいと思っても、軍なり国民がそれを許さないっていうか、そんなふうになっちゃう危険性をものすごくボクは感じるんですよね」と発言されていました。

 

この発言は「韓国のこういったところは危険ではないのか」と言っているので韓国のすべてを擁護しているわけではないということがわかると思います。

 

玉川さんは韓国擁護な発言をされることが多いですが、この韓国側に問題があるといった発言がいつも敵対しているネトウヨから称賛を浴びたそうです。

 

また嫌韓本が作られ、売られるという内容の特集では「メディアに関わっている人間には責任があると思いますし、無駄に国民感情を煽っちゃいけないと僕は思っています」と発言されていました。

 

この発言は韓国を非難するわけでも擁護するわけでもなく、出版メディアやテレビ業界は冷静に判断して伝えるべきだと言ったもので、韓国には見習うべきところや良くないとこがあるといった考え方なのだと思われます。

 

スポンサーリンク

国籍や生い立ちや両親を調査!

玉川さんの国籍や生い立ち、両親が気になる!ということで様々な調査をしてきましたが、まず玉川さんの国籍は中国や韓国ではなく日本だということがわかりました。

 

玉川さんは宮城県出身で高校は仙台第二高校を卒業されていてその後、京都大学農学部農業工学科から京都大学大学院農学研究科修士課程へ進学されていました。

 

玉川さんの卒業された仙台第二高校は宮城県の高校の中で一番偏差値の高い学校と言われていて、大学進学のための学校と言っても過言ではないと言えるレベルの進学校です。

 

コメンテーターとして発言されている姿を見てみると色々と批判を受けているところもあるものの、賢そうだと感じていましたが、元々学力が高かったようです。

 

若い頃から頭が良く勉強ができたことなど玉川さんの学力が高いことからネット上では、玉川さんの両親は医者ではないかなどの噂もされています。

 

玉川さんのこれまでの生い立ちや両親が本当に医者なのか、また玉川さんの家族についても調査してきましたので紹介していきます。

 

玉川徹の生い立ち

玉川さんの生い立ちを紹介していきますが、玉川さんは1963年に長野県で生まれて中学は仙台市立五城中学校を卒業された後、宮城県立仙台第二高校に通われていました。

 

高校時代まではバイオテクノロジーに興味があったそうですが、大学受験で上手くいかずに京都大学の農業土木分野を専攻したと言われています。

 

玉川さんは1年間の浪人生活を経て、京都大学農業学部へ入学されていますが、地元である宮城県を出たかったと言われています。

 

大学ではラグビー部に所属されていたそうで、『羽鳥慎一モーニングショー』でラグビーの解説をされたことから、ラガーマンであったと発覚しました。

 

玉川さんは勉強ができて頭がいいことはわかっていましたが、運動もできたことに驚きと言いますか、意外性を感じる人が多いのではないでしょうか。

 

大学卒業後は1989年にテレビ朝日に入社されていますが、小さい頃からテレビが好きだったことや京都大学の卒業生は官僚などを目指す人が多いようで、周りの人たちと同じ道を目指したくないということから放送業界に進まれたそうです。

 

入社後は、『内田忠男モーニングショー』でアシスタントディレクターを経験され、その後報道局主任として『スーパーモーニング』などの番組でディレクターを務められました。

 

『スーパーモーニング』の冠コーナー「ちょっと待った!玉川総研」でリポーターを任されたことから、『羽鳥慎一モーニングショー』でコメンテーターとしてレギュラー出演されるようになりました。

 

玉川徹の両親や家族を調査!

 

この投稿をInstagramで見る

 

中村豊(@zhongcunli5279)がシェアした投稿

玉川さんの両親やご家族について調査してきましたが、まず玉川さんの両親が医者ではないかとの噂については、確かな情報を見つけることはできませんでした。

 

両親が医者だと噂される理由は、名門大学の理系に進学されるほど玉川さんが優秀であったことや大学院まで進んでいるので経済的にも裕福な家庭で育ったのではないかということから、医者家系ではないかと言われました。

 

また玉川さんのご家族ですが、玉川さんは一般の方と結婚をされていましたが30歳の時にはすでに離婚されていたそうで、結婚歴は2年ほどだったとされています。

 

2019年11月7日の週刊文春に美人女医との熱愛スクープが報じられ、当時はすでに同棲状態にあったようですが、その後の進展は報じられることなく現在の二人がどうなっているのかはわかりません。

 

結婚の報告がないので独身であると思われますが、そうなると玉川さんの家族は実家だけだということになりますが、玉川さんには弟がいるということもわかっています。

 

玉川さんがごく稀に弟の話をすることがあり、弟に勉強を教えてあげたり兄弟仲良く遊んでいたそうなので、良いお兄さんだったのだなと感じますね。

 

スポンサーリンク

玉川徹の思想が中国や韓国寄り?国籍や生い立ちや両親を調査!まとめ!

 

玉川徹さんの中国や韓国擁護な発言をよくされている姿から彼の思想は中国や韓国寄りではないかと話題になっていましたが、韓国擁護な発言が多く玉川さんの思想は韓国寄りではないのかと言われていました。

 

新型コロナウイルスの感染対策について、日本は中国や韓国を見習い大規模検査をするべきだと発言されていたりその二か国を高く評価されていました。

 

韓国については、2019年に韓国で日本人女性が韓国人男性に暴行されたという事件で「暴力をふるう韓国人を変えようと思うな、やられたからと言って日本人がやり返してはいけない」という発言などからも韓国擁護だと思われたようです。

 

韓国軍の射撃用レーダーの特集をされたときの発言では「韓国のこういったところは危険ではないのか」と言っていたので韓国のすべてを擁護しているわけではないことがわかりました。

 

また玉川さんの国籍は日本で宮城県出身、高校は仙台第二高校を卒業されていてその後、京都大学農学部農業工学科から京都大学大学院農学研究科修士課程へ進学されその後、テレビ朝日に入社されています。

 

玉川さんの両親が医者であるという噂は確かではなく、再婚したという情報も報じられていないため家族は実家のみと思われ、玉川さんと弟は仲良し兄弟であったことがわかりました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2022 All Rights Reserved.