千晴子のwikiプロフィール!父親や弟や子供もチェック!!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

『萬屋の姫』と呼ばれている千晴子さんが、2020年6月から女優・タレント業をスタートされましたね。

 

千晴子さんはまだ28歳なのですが、実はご結婚されていて6歳の娘さんもいらっしゃるというのです。

 

娘さんの小学校入学を機に芸能活動をスタートするようですね。

 

そこで今回は、そんな千晴子さんのwikiプロフィール、父親や兄、子供についてもふれていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

千晴子のwikiプロフィール!

 

 

  • 名前  :千晴子(ちはるこ)
  • 生年月日:1992年2月28日
  • 身長  :165cm
  • 趣味  :茶道
  • 特技  :長唄、三味線
  • 事務所 :山本文郎事務所
  • 父親  :中村錦之助

 

千晴子さんは、高校入学と同時に芸能界に入り、モデルとして着物雑誌などの表紙を飾った経験があります。

 

和服モデルをこなすところはさすが歌舞伎一家といった所ですね。

 

『萬屋の姫』と言われている理由は、3代目中村歌六の妻の実家が芝居茶屋「萬屋」だったことから、71年に初代中村錦之助(萬屋錦之助)らが播磨屋から独立して名乗りはじめました。

 

高校3年生の時に、NHKの連続ドラマ「とめはねっ!鈴里高校書道部」で女優デビューしています。

 

スポンサーリンク

千晴子さんの父親は?

 

千晴子さんの父親は『二代目中村錦之助』さんで、本名は小川信二郎さんといいます。

 

こちらがお父様の写真ですが、千晴子さんに似ていますね。

 

年齢は60歳ですが若く見えますし、端正な顔立ちとスマートな体格で二枚目役を得意としているようです。

 

1980年には、あの『鬼平犯科帳』にも出演した経験があります。

 

歌舞伎役者さんだけあって、和服が役に合っていますね。

 

千晴子さんんが和服が似合うのは、お父様譲りなのかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

千晴子さんの弟は?

 

千晴子さんの弟は、中村隼人さんといって歌舞伎役者をしています。

 

目が特徴的なハーフっぽいイケメンといった感じですね。

 

歌舞伎中心に活躍していますが、『龍馬伝』や『水戸黄門』、『情報ライブミヤネ屋』などにも出演されています。

 

スポンサーリンク

千晴子さんの子供は?

 

千晴子さんには6歳の長女がいて、この春に小学校に入学されました。

 

残念ながらお子さんの画像は見つかりませんでしたが、きっと千晴子さんに似てハッキリとした顔だちなんでしょうね。

 

芸能一家の娘さんだけに、やはり芸能活動をしていくんでしょうね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

最近では、子育てが一段落して仕事復帰を果たす女性が増えています。

 

子育てをしながらでは大変かもしれませんが、千晴子さんにも頑張って欲しいですね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.