田辺桃子の子役時代は?出演作品や演技力の評価は良い悪い?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

女優の田辺桃子さんは子供の頃から芸能界で活躍していたらしいのですが、どのような子役時代だったのでしょうか?また、田辺桃子さんの数々の出演作品や演技力の評価についても気になりますね。

 

田辺桃子さんは女優として数々のドラマに出演されていますが、かつては子役をやっていたということで何歳から子役を始めてどんな作品に出ていたのでしょうか?

 

デビューのきっかけも気になりますし、子役以外のお仕事もしていた可能性もあると思いますが、役者の他には何か芸能のお仕事はされていたのでしょうか?

 

そして2021年現在テレビドラマに引っ張りだこの田辺桃子さんの過去の出演作品も知りたいですし、田辺桃子さんの演技力の評価はどうなのでしょうか?

 

そこで今回は、田辺桃子さんは子役時代どのような作品に出ていたのかや子役以外のお仕事はしていたのか、そして田辺桃子さんの出演作品と演技力の評価はどうなのかを調べてみたいと思います!

 

田辺桃子の子役時代は?

 

View this post on Instagram

 

田辺桃子(@momoko__tanabe)がシェアした投稿

田辺桃子さんは子供の頃から芸能界でお仕事をされていたということですが、デビューのきっかけはなんだったのでしょうか?よく聞くのは何かのオーディションやスカウトですが、田辺桃子さんもそんな感じでしょうか?

 

田辺桃子さんは1999年生まれで2021年9月現在22歳なので、子役時代といってもおばちゃんの私からしたらつい最近な感じもしますが(笑)何歳から芸能活動されているのか気になりますね。

 

2021年現在、田辺桃子さんは女優一本というイメージですが、子供の頃から子役一本だったのでしょうか?もし他の活動をしていたのならそれも知りたいですよね。

 

グラビアアイドルから女優になる方や、企画ものなどの歌を歌っていた子供がいつの間にか大きくなって俳優になっていたり、子役からワイドショーのMCになっている坂上忍さんのような方もいますが、田辺桃子さんはどうなのでしょうか?

 

そして現在売れっ子女優の田辺桃子さんが子役時代にどのような作品に出ていたのかももちろん気になりますし、きっと子供の頃から可愛らしいと思うので画像も見たいですね。

 

というわけで、田辺桃子さんのデビューのきっかけや何歳から芸能活動をしているのか、そして役者以外のお仕事や子役時代の出演作品などを調べてみたいと思います!

 

スカウトで芸能界入り!

 

View this post on Instagram

 

田辺桃子(@momoko__tanabe)がシェアした投稿

田辺桃子さんは小学校3年生の時に新宿でスカウトされて、2021年現在も所属しているスターダストプロモーションに入り芸能活動をスタートしました。

 

田辺桃子さんはモーニング娘。を見て育ったため、ダンスやアイドルをやりたかったようで、事務所に入る前からミュージカル系のダンスを習っていました。

 

ですが、田辺桃子さんは演技ももともと得意だったこともあり、最初に出演したのが2010年に放送の『すき家』のCMで、それがきっかけで女優になりたいと思ったそうです。

 

子供の頃の田辺桃子さんは役者以外にも色々とやっており、2009年のりぼんガールのオーディションで準グランプリに選ばれ、りぼんガールに選出されました!ちなみに同じ年に永野芽郁さんもりぼんガールに選ばれています。

 

2009年〜2010年には『みにちあ☆ベアーズ』という、スターダストプロモーションに所属する女子小中学生によって構成されたチアリーディングをテーマとしたジュニアアイドルグループのメンバーでした。

 

また2013年、田辺桃子さんが14歳の時に『ミスセブンティーン2013』に選出され、2019年田辺桃子さんが20歳までセブンティーンの専属モデルをしていました。

 

子役時代の出演作品

田辺桃子さんは事務所に所属してわりと早くから色々とお仕事があり、子役以外のお仕事だけでも十分忙しそうですが、子役としてはどのような作品に出演していたのでしょうか?

 

田辺桃子さんは2009年にNHKで放送された『コンカツ・リカツ』の第4話で竹下彩役として初めてテレビドラマに出演し、その後2009年の大河ドラマ『天地人』の第45話で千姫役(幼少期)として出演しています。

 

その後2010年には『明日もまた生きていこう』の木村沙織役(幼少期)、2011年には『サザエさん3』の大空カオリ役、同じく2011年『ハガネの女  SEASON2』の坂本京子役、2012年には『開拓者たち』の第4話で陽子役などを演じています。

 

そして2013年には『ネオ•ウルトラQ』の第12話で山野ユリ役、2015年には『釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜』で小林薫役、2016年には『夏目漱石の妻』の第1話、第2話、最終話で中根梅子役を演じています。

 

子役が何歳までか明確な基準はありませんので18歳までで区切るとこのあたりまでのようですが、2009年に初めてドラマ出演してから毎年しっかりお仕事があったようですね。

 

セブンティーンなどのオーディションに選ばれるほど子供の頃から容姿に恵まれていた田辺桃子さんですが、容姿だけでなく演技力もあったからこそ子役として活躍できていたのでしょう。

 

スポンサーリンク

出演作品や演技力の評価は良い悪い?

 

View this post on Instagram

 

田辺桃子(@momoko__tanabe)がシェアした投稿

子役の頃からドラマなどでしっかり活躍されていた田辺桃子さんですが、大人になってからさらに女優として人気が出てきてドラマなどでもよく見かけるようになったと思いますが、出演作品にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

また、テレビドラマによく出ているイメージですが、田辺桃子さんが初めて主演を演じたのはいつなのか、そしてどのような作品だったのかも気になりますね。

 

売れっ子女優の田辺桃子さんですが、演技力の評価はどうなのでしょうか?子役のころは演技で良い評価をされていたとしても、大人になってからも同じ評価とは限りませんよね。

 

たまにテレビドラマでびっくりするくらい下手な人はいますが、そういう人がドラマに出続けたり、売れっ子役者になることはまずないので、やはり売れっ子の田辺桃子さんは評価が高そうです。

 

ドラマに立て続けに出ていますし同業者などのプロの評価は高そうですが、視聴者が田辺桃子さんの演技についてどう思っているのかも知りたいですよね!視聴者の正直な意見が聞きたいです。

 

というわけで続いては、田辺桃子さんの大人になってからの出演作品や初主演作品、さらに田辺桃子さんの演技力の視聴者からの評価を調べてみたいと思います!

 

出演作品

 

View this post on Instagram

 

田辺桃子(@momoko__tanabe)がシェアした投稿

2018年に『文学処女』で天村千夜香役を演じ、そして2019年、田辺桃子さんが20歳の時に『こんな未来は聞いていない!!』でドラマ初主演を果たします。

 

このドラマでは田辺桃子さんの水着姿が見られますが、ファッションモデルをやっていただけあってスタイル抜群で、子役時代の可愛らしさから大人の魅力に変化した田辺桃子さんの美貌も見所です。

 

さらに2019年からはテレビドラマで主演を演じることが増え、『青空ふたたび』では野球部のマネージャー•小宮山佑茉役を演じ、このドラマが理由かは分かりませんが、2019年7月31日に阪神対中日のファーストピッチセレモニーに登板しました。

 

2020年の『ゆるキャン△』では大垣千明役を演じているのですが、今まで田辺桃子さんが演じてきた役柄とはまったく違うキャラクターで話題になったようです。

 

2021年には『ガールガンレディ』で東野菜月役を演じ、この役柄は『人をだますこと•うそ泣き』を得意とするのですが、難しそうなこの役を見事に演じています。

 

2021年の春は『リカ〜リバース〜』と『ガールガンレディ』そして『リコカツ』の3本に出演しており、田辺桃子さんは子役を経て今は売れっ子女優さんですね。

 

演技力の評価は?

 

View this post on Instagram

 

田辺桃子(@momoko__tanabe)がシェアした投稿

売れっ子女優さんになられた田辺桃子さんですが、演技力の評価はどうなのでしょうか?子役からということで2021年9月現在22歳にして役者歴はそこそこ長いですし、売れっ子なだけあってやはり高評価のようです。

 

2020年から放送の『ゆるキャン△』はアニメを実写ドラマ化したもので、田辺桃子さんが演じた大垣千明はメガネでツインテールというちょっと個性強めの役柄でした。

 

しかし実写化にあたり、5人のメインキャストの中でぶっちぎりの再現度と原作ファンが絶賛し話題になったようで、原作ファンが認めるとはよっぽど田辺桃子さんがハマり役だったのでしょうね!

 

原作ファンからは「田辺桃子の大垣千明はあたり役やわ。再現度が完璧。」や「大垣千明役、田辺桃子の魅力が爆発、アニメ版からの再現度が高くてすごい!」といった声が聞かれました。

 

2021年の『リコカツ』では、永山瑛太さん演じる緒原紘一に好意を寄せる自衛隊の女上官役を演じているのですが、紘一を慕うあまり妻である北川景子さん演じる咲を山の中に置き去りにしたり、ホームパーティや紘一の実家に筑前煮を作って押し寄せます。

 

視聴者からは嫌われすぎて『筑前煮女』の異名がついてしまったそうです(笑)田辺桃子さんは異名がつくほど嫌われ役を見事に演じているということでしょう。

 

スポンサーリンク

田辺桃子の子役時代は?出演作品や演技力の評価は良い悪い?まとめ!

今回は、田辺桃子さんは小学校3年生の時にスカウトされ芸能界入りをし、子供の頃は子役の他にファッションモデルやアイドルグルーブしていたこと、子役から今まで数々のドラマなどに出演し、視聴者からも高評価なことが分かりましたがみなさんいかがだったでしょうか?

 

田辺桃子さんは小学校3年生で芸能界入りして以降、オーディションで選ばれるのも早いですしかなり順風満帆な芸能生活を送っているように見えますね。

 

ご本人からしたら苦労したこともあるのだと思いますが、美貌はもって生まれたものですし、スカウトされる前からダンスや演技を習っていたのが良かったのかもしれませんね。

 

りぼんガールやセブンティーンの写真を見るととても元気いっぱいで可愛く、子供の頃にスカウトされるのも、いくつものオーディションに合格するのも納得です。

 

子役から積み重ねてきた女優のキャリアが今の田辺桃子さんを作っているのでしょうし、22歳という若さで売れっ子女優なのも子役の頃から学業と両立して頑張ってきたからこそなのでしょう。

 

視聴者からも評価される演技力を持っている田辺桃子さんは、いろんなタイプの役柄をこなせる『カメレオン女優』として、さらに今後の活躍が期待されますね!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2021 All Rights Reserved.