駿河太郎の父親は鶴瓶って本当?共演CMや気になる兄弟についても調査!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

半沢直樹などの出演で人気や知名度を上げている駿河太郎さんですが、父親があの鶴瓶さんという噂があるのですが本当でしょうか?

 

本当だとすると気になるのは親子関係や兄弟についてですが、実は親子でCMで共演した事もあるとの事でとても気になっちゃいますよね。

 

超が付くほどの有名な父親を持ってしまった二世の苦悩と共に、駿河太郎さんの生い立ちや、現在の彼を支える家族関係などをふかぼりしていきます。

 

大半の方が顔は思い浮かぶけど名前はすぐ出てこない事がありますが、見ない日は無い駿河太郎さんを本記事を読み進めていく事によってもっともっと身近に感じられる様になり、出演作を観た時にはついつい目で追ってしまいたい程の好感を持ってしまう程の魅力の持ち主だと調査の結果気づきました。

 

そこで今回はそんな駿河太郎さんと鶴瓶さんの親子関係についてや、共演CM、ご兄弟についても調査してみましたので是非最後までご覧くださいね!

 

スポンサーリンク

駿河太郎の父親は鶴瓶って本当?

 

この投稿をInstagramで見る

 

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿

落語家でありながらもコメディアンとしての知名度が高い笑福亭鶴瓶さんの本名が駿河学(するがまなぶ)だとご存知の方は少ないかもしれませんが、この事からも駿河太郎さんが芸名ではなく本名で芸能活動をしていると言われています。

 

現在の芸能界には一般的に二世と言われる有名な方々の子供たちがどんどん参入していますが、どうやら知名度が高すぎる親を持つ二世というのは難しい立場になるのか子供である事を隠す人もかなりいたりします。

 

世間一般的には二世が有利だと思いがちですが、駿河太郎さんも他の二世芸能人と同じく父親の名前と比べられるのを嫌い、苦難の道へと進み結果として役者になり成功を収める形になって行った事になります。

 

もともと親子関係は仲が悪いとかではなく、むしろ鶴瓶さんは末っ子である駿河太郎さんを溺愛しており、短大卒業後も二年の海外留学を勧めたりしているくらいでした。

小学生の時には父親としての鶴瓶さんの姿もよくみられたそうで、パペポTVにて「うちの息子」だとか「うちの太郎」と表現して、同じく出演者の上岡龍太郎さんが「おたくの太郎」と言っていたほどになります。

そんな苦難の道を選択した味と呼ばれる人間性が、いまの駿河太郎さんの演技に反映されていると思わずにはいられず、ここではそんな道を選んだ駿河太郎さんのエピソードを紹介していきたいと思います。

 

父は鶴瓶だが息子と言われるのが嫌だった!

 

この投稿をInstagramで見る

 

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿

駿河太郎さんは30歳で俳優に転身する以前はtaro名義でソロデビューしたのちに「sleepydog」と言う名前のバンドで活動していたのですが、音楽活動をはじめた動機が「父親が絶対やれなさそうだから」と言う理由だったそうです。

小学生時代「将来は落語家になりたい」とインタビューに解答したそうですが、鶴瓶さんはこれを聞いて激怒して「絶対に落語家にさせるもんか」と言い返ました。

駿河太郎さんの本音はというと「落語家って言えば父親が喜んでくれると思った」だけのようでしたが、当時は困惑するも現在においては父親の師匠としての立場からの言葉だったと気付いたと言います。

 

俳優転身後も駿河太郎ではなく鶴瓶の息子として、バラエティー番組などのの出演依頼が来たりしたのですが、それらを断り続けて今の名バイプレイヤーとしての実力を磨いていった事になった様です。

 

駿河太郎としての知名度が上がるにつれ、考え方も吹っ切れていった様で「一生背負う事になるなら自ら認めてしまえばいい」と考える様になった事も成功した要因ではないでしょうか。

駿河太郎さん以外にもドラゴンアッシュのkjさんだとか、俳優の仲野大賀さんなども二世だと公表する前に知名度をあげ、ブレイク後に公表したりスクープされたりしています。

 

父に秘密にしていた裁判とは?

泥沼の始まりは打撲全治二週間程度の接触事故であり、保険会社を通じて相手である二輪車50代の男性への86万円を支払う用意まであったようです。

 

しかし相手側が駿河太郎さん側を不服と思い90日分の治療費や慰謝料など計530万もの損害賠償請求へと発展、この裁判が二年二ヶ月ものあいだ和解へと進まずにいたのですが週刊アサヒにより報じられます。

長期に渡る泥沼とも言える裁判でしたが、報道されたこともから今後の芸能活動に支障が出ると判断して、報道からわずか二週間というスピードで和解へと動いていったのです。

父親である鶴瓶さんはこの報道が出るまで泥沼の裁判をしている事を知らなかったようで、記事を見てと鶴瓶さんから電話がかかってきたと駿河太郎さんがコメントをしています。

駿河太郎さん本人としては、泥沼裁判の記事が表沙汰になってしまった事よりも、鶴瓶さんに知られてしまった事が辛かった様で、ここでも鶴瓶さんへの気持ちが大きい事を知るエピソードになっています。

 

そして秘密にしていた理由というのが、鶴瓶の息子として大好きで尊敬する父に迷惑をかけたくなかったからと、二世としての自分に敏感だった頃を払拭している発言に聞こえてきます。

 

スポンサーリンク

共演CMや気になる兄弟についても調査!


厳密に言うと共演ではないのですが、大ヒットドラマ半沢直樹に駿河太郎さんと鶴瓶さんが出演し、当時かなりの話題になった事を記憶しています。

多くの人が感慨深い気持ちを感じた事とは思いますが、その二年前にヤマキ『めんつゆ』のCMで初共演を果たしていましたが、その際には鶴瓶さんだけセリフがあって駿河太郎さんのセリフは無かったようです。

 

そして再共演した同じくヤマキの『割烹白だし』で鶴瓶さんは「なんでこいつがこんなにセリフあるんだろう」とぼやくと、駿河太郎さんは「次のCMでは親父はいらないんじゃないかなというぐらい役者業に専念したい」と笑顔で返したようです。

 

鶴瓶さん曰く「一緒の仕事をするなんて思ってなかった、流れなんですかね感無量ですね」とコメントされていましたが、大好きな末息子である駿河太郎さんにはテレビで見せる以上に優しい眼差しだったようです。

 

父の日に撮影された『鶴瓶の家族に乾杯』では、ゲストの比嘉愛未さんが駿河太郎さんに電話をして鶴瓶さんに変わったというほっこりするシーンもありました。

 

Instagramでの絡みも癒やされますし、トークなどで絡むようなコメディ番組なんかの共演も見てみたくなるほど、良い親子関係に見えることに先を考えただけで楽しみでなりませんよね。

 

兄弟ではないが姉がいる

駿河太郎さんには三歳年上になるお姉さんがいるのですが、名前は公表されていて『章子』さんといい、有限会社バグケットの代表取締役ですが一般の方になるので画像は伏せられている様です。

 

鶴瓶さんと母親である『玲子』さんが1974年に結婚した際には、すでに娘である章子さんはお腹の中にいたと言われています。

 

鶴瓶さんと玲子さんは学生時代『あのねのね』という一世を風靡したフォークデュオ(学生時代は6名いた)に在籍していて、披露宴・結婚式の費用全額をスターになっていた清水国明と原田伸郎のご祝儀で負担したエピソードがあるようです。

この他には俳優の鈴木亮平さんと兄弟なのでは?とうわさされているようで、二人とも確かに似ていて兄弟だと言われても可笑しくはないのですが、これは事実ではありません。

 

しかし駿河太郎さんが自身のブログで「兄弟で飲んでいました」としており、当人同士も似ていると思っているのか、うわさの現況はこれなのかは定かではありません。

 

SNSでは今でもせめてドラマだけででも兄弟になって欲しいとか、駿河太郎さんと鈴木亮平さんを勘違いして覚えていたとか、どっちがどっちかわからない人とかまでいる様で盛り上がりをみせています。

 

ダンサーの嫁と子供がいる

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taro Suruga(@tarosleepydog)がシェアした投稿

駿河太郎さんと嫁である『暁子』(あきこ)さんの出会いは、音楽活動時代に半年ほどやっていたアルバイト先であるテレアポだったとされています。

 

駿河太郎さんと暁子さんの間には長男の龍之介(りゅうのすけ)さんと長女の湖子(ここ)さんの二人の子宝に恵まれていますし、Instagramやブログでも家族の仲睦まじい様子を伝えてくださっていますね。

 

現在の暁子さんは東京都世田谷区池尻大橋にて『Dance lab DOODLE』というダンススタジオの代表となっていて、夫婦揃って公私ともに活躍されている事になります。

 

暁子さんのプロフィールを見ると、エルメス主催のイベントに出演したり、シルク・ド・ソレイユの登録ダンサーとされているなど、暁子さんの方も学生時代の夢を叶え成功したプロフェッショナルな肩書に驚くばかりです。

 

暁子さんのいとこにモノマネで活躍しているピン芸人の八幡カオルさんがいるそうで、小池都知事などが代表的な芸なのですが、元AKBの峯岸みなみさんのモノマネをする際には丸刈りにしたほどだとか。

 

鶴瓶さんも駿河太郎さんの嫁の親族から芸人が排出されるとは思っていなかったらしく、自分の出演する番組で共演した際には、八幡さんを抱きしめたという逸話があるようです。

 

スポンサーリンク

駿河太郎の父親は鶴瓶って本当?共演CMや気になる兄弟についても調査!まとめ

今回の調査で判明したことは、偉大である父親鶴瓶の力を借りずに多くのアルバイトで生計を立ながらも、今やドラマやCMに欠かせないバイプレイヤーとしての地位を確立した駿河太郎さん。

 

Instagramなどでも交友の広さや、家族との仲睦まじいほんわかとした姿を見られる事で人生を謳歌しつつも、役者として追求してる姿も見えて楽しいですよね。

 

CM共演は今後も見かけるかとは思いますが、鈴木亮平さんとの兄弟役共演も願望されている話をよく耳にしますが、ここまで知名度が上がった事で現実味はかなり高い願望になるのではないかと思います。

 

暖かい家庭に支えられ今後も親子共演などの期待を持たれるなか、今季の新ドラマ『アバランチ』でのキーマン・藤田高志役での出演も決定し、順風満帆な役者としてのキャリアを重ねていってくれる事でしょう。

 

今回色々と調査するにあたり映画やドラマなど、以前見ていた時には気づかなかったけれども出演していた作品がかなりの量ありましたので、どこで出ているか探しながら見ていきたいと思っています。

 

この記事によりもっと身近に感じられる様になった事で、筆者も一層応援への力が増していく気持ちで溢れきていますし、今後も目が離せない役者さんの一人として楽しみでなりません。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2021 All Rights Reserved.