シバターは優しくて性格がいいって本当?キャラ作りで悪役を演じているのか検証!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ちょっとした世間話をしているときシバターさんの話題になったとしましょう…どんなイメージを持ってお話をしますか?

 

唐突で訳の分からない質問をしてすいませんと言いたいところなのですが、シバターさんが実は優しくて性格が良いのでは?という噂が入ってきのですよ。

 

正直なところ、よく思っている人は少ないと予想…理由はスゴく単純で炎上系ユーチューバーだから世間一般を敵に回しているような人です。

 

それなのに、敢えてキャラを作って悪役を演じているのではないのか?と話があるので…ついつい質問をしたくなってしまったわけです。

 

この冒頭を書いている最中でも全く信じることができず疑心暗鬼になりながら文章を考えている状況なんですよね…いやー本当に信じられない!

 

ということで、このモヤモヤを解消するには、やっぱり「本当にシバターさんは優しくて性格がよいのか?」を検証すること、ということで検証開始です!

 

スポンサーリンク

シバターは優しくて性格がいいって本当?

 

この投稿をInstagramで見る

 

シバター(@jtshibata)がシェアした投稿

見出しを記載しているだけでこそばゆい感じになってしまうのは私だけでしょうか…検証するまでもなく性格いい噂は本当だって!と答えが出ている気がしてなりません。

 

とはいえ、思い込みだけで物事を語ってはいけませんからね、公平を期すためにもしっかりと調べていきたいと思います。

 

手始めになぜ性格がいいっていう噂がたったのか?の背景を調べていきますが…そもそも性格が良いとなったらシバターさんとしては商売上がったりでは?!と思うところもあります。

 

後ほど、さらに「キャラ作りをしているのでは?」という検証に移行していきますが、商売の邪魔になってしまう可能性もあるので…ここは慎重に調査していく必要がありそうです。

 

ということで、以下より検証結果をまとめていきますが…結論から言うと「あぁあぁー!そうなんかー!」といったところでしょうかね(笑)

 

「なんのこっちゃ」と思ってしまった人は、ぜひ以下の小見出しから一読していただければと思いますが…なんだか魅力的に感じてきたのは秘密の話です!?

 

ヒップホッパーに絡まれたときの対応が大人過ぎる

 

この投稿をInstagramで見る

 

シバター(@jtshibata)がシェアした投稿

ご存知の通りシバターさんはパチスロのライターとしても活躍しており、専門のユーチューブチャンネルも解説して動画を公開しています。

 

そんな仕事をしている中で、いきなりヒップホッパーに絡まれるシーンが登場するのですが…いわゆる実践中に素人さんに絡まられてしまうのです。

 

ことの発端は過去にヒップホッパーの漢さんという方とディスり大会で…まぁこういうキャラなので通常運転なんですけどね。

 

それを見ていたヒップホッパーが「舐めてんじゃねぇぞ」と絡んできたんですよねーただ、このときの対応が素晴らしかった(笑)

 

「お店に迷惑を掛けるから」「お客さんに迷惑をかけるから」という理由で冷静に話し合いに応じようとしていたのです。

 

普通にキャラを考えたら煽り合戦をして大喧嘩!を期待するところですが…この冷静な大人の対応に実はいい人なのでは?真面目な人では?という噂が広まったのです。

 

HIROYAとの対戦時や対戦後の対応が大人

 

この投稿をInstagramで見る

 

シバター(@jtshibata)がシェアした投稿

2020年12月31日の大晦日のときRIZINでシバターさんはHIROYAさんと対戦し腕十字固めで勝利しておりますが…実はこれひと悶着ありましたよね。

 

というのも、当初は「HIROYAさんとドロー」だったからで…読んでいる人は「ん?どういうこと?」と思いますよね(笑)自分もこれを読んだら混乱しますからね。

 

実はシバターさんが試合中に腕ひしぎ逆十字固めを決めてHIROYAさんがタップしたように見えたのですが試合は続行され、そのまま試合終了になったんです。

 

で、結果はドローになったのですが、その後、審議会が開かれビデオを見直したところ「腕ひしぎ逆十字固めは決まっていてHIROYAさんがタップした」という判断がされ判定が覆ったのです。

 

そのとき、シバターさんも「タップしている!」とアピールするも、ジャッジに不満を見せるわけでもなく、しっかりと気持ちを切り替えて試合を再開するんですよね。

 

まさにプロと言ってもよいかもしれない立ち振舞で…試合後も不満をある程度は見せるも強く言うこともなく「ジャッジがすべて」という雰囲気でインタビューにも応えているんです!

 

プロであり大人の対応をしているということもあり、このときも「シバターかっこいい」となり「実はいい人では?」と噂が広まったのです。

 

スポンサーリンク

キャラ作りで悪役を演じているのか検証!

 

この投稿をInstagramで見る

 

シバター(@jtshibata)がシェアした投稿

ということで煽りに煽っている動画が多い中、上記で説明をした通り理路整然に物事を説明し悪いところは悪いと認める人だということが分かりました。

 

となってくると、結局のところキャラ作りで…あくまでもビジネスで悪役を演じているのではないか?という疑いがでてきます。

 

そもそも素でやっていたら結婚もできないだろうし、周りに人が集まってこないでしょうし…いろいろと「普通のいい人」ということが見えてきます。

 

シバターさんにとって「実は普通に良い人なんだね(笑)」と視聴者たちに評価されるのが一番きついかもしれませんが(笑)

 

とまおれ、ここからはっ…実際のところはどうなのか?という点について検証を進めていきたいと思います!

 

そこから見えてくるシバターという人物は一体どんな顔を見せてくれるのでしょうか!?楽しみですね!ここまで来ると、どっちでもよくて結局シバターさんの動画を見てしまうんですけどね!

 

あのシバターさんが結婚していた?となるとどうしてもお嫁さんやお子さんについて気になっちゃうところですよね?⇒シバターが結婚してたのは本当だった?嫁や子供の画像が気になる!

 

結局「プロレスが好きな人」の可能性もある

もともとシバターさんは格闘技が大好きな人で、高校時代のときには神の子KIDで異名のあった山本KID徳郁さんを崇拝しており、暇さえあれば格闘技の練習をしていたようです。

 

また、大学時代にはプロレスラーになってリングの上で戦いをしているぐらいプロレスが好きな人でもあるのですが…これが意味するのは「人に魅せることができる」ということ。

 

つまり、この炎上系ユーチューバーとして活躍している真の姿は「ただただプロレスをしているだけ」という風にも言えるのです。

 

もしこれが本当の話だと…かなりやり手と感じてしまいますし、更に裏付ける情報があって…出身大学が立正大学の経営学部を卒業しているのです。

 

つまり「経営のことが分かっておりお金の稼ぎ方を知っている」ということで…まぁ、これがいい人に繋がってくるわけではありませんが、もともと悪い人ではなさそうというところが見えてきます。

 

だからこそ、パチスロの仕事には真摯に向き合って真面目に実践をして…ありのままをユーチューブの動画としてアップしていることが腑に落ちてくるのです。

 

最近注目されているユーチューバーのシバターさんですが、その年収やRIZIN出場のギャラ事情は気になっちゃいませんか?⇒シバターの年収が凄まじい!パチスロやRIZINでの収入も気になる!

 

信念を持っているからこその自信がる

とどのつまり、シバターさんはただただプロレスをしているだけ!というのが1つ目の検証結果ですが…いい人なのか?という点についてはどうでしょうか。

 

こちらの検証結果は「いい人」で間違いなさそう…というのも、結婚して子供もいて、奥さんから「良きパパです」と公言されているからです(笑)

 

いい人でなければ結婚もできないし、奥さんからもこのような評価を受けることはできませんからね!?(検証なんてしてないじゃん!というツッコミはなしで(笑))

 

ただ、シバターさんという人を調べていくと「信念をもって仕事をしている人なんだな」ということが見えてきました。

 

パチスロも然りですが、格闘技へのリスペクトなど、ちゃんと相手のことを考えて物事を捉えていることがよく分かりますし…。

 

逆にシバターさんの信念をしっかりと持っていて、それをきっちりと自信を持って説明することができますからね…なかなか難しいことですが、ちゃんとやっている人だというのが追加の検証結果でした!

 

年末のRIZIN出場をきっかけに知名度を上げているシバターさんですが、頭のいい人と言われていて学歴も気になっちゃいますよね?⇒シバターの出身大学や高校は?頭いいと言われるのは学歴の影響か検証!

 

スポンサーリンク

シバターは優しくて性格がいいって本当?キャラ作りで悪役を演じているのか検証!まとめ!

 

結論は、シバターさんは優しいですし、性格もいいですし…キャラを作って悪役を演じていることも間違いなさそうです!

 

普通に考えて、シバターさんの周りには金持ちユーチューバーを始め奥さんや子供までいますよね…これは人徳あってこその状況です。

 

とはいえ…お金を稼ぐためにプロレス的な動画を上げたとしても、やはり鵜呑みをする人たちは多いのも事実ですよね。

 

そのリスクを分かった上で、ずっと炎上系ユーチューバーを押し通していることもあって「普通にスゴい人」と言うこともできるのかもしれませんね!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2021 All Rights Reserved.