シバターの出身大学や高校は?頭いいと言われるのは学歴の影響か検証!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

嫌われ者キャラとして高い知名度を誇っているシバターさんが、実は頭がスゴくいいのでは?という噂が広まっています。youtubeで言動を見ていると…とても頭がいいとは思えませんが(笑)

 

では、どうして頭いいと噂が広まっているのか?ですが、どうやら出身大学や高校と…学歴が影響されている可能性が!?やはり地頭のいい人って偏差値が高いところ出身っていうのが多いですからね。

 

ということで、どのような学校に通っていたのか?と出身大学・出身高校を調べてみました。もしかしがら、わざと頭の悪いフリをしている可能性もあるので!

 

持論ですが、敢えて嫌われ役を演じていそう…と思える言葉遣いなどをしているので、やっぱり頭がいいのかも…と思ったりもしています。だからこそ、これだけの知名度を誇っていると感じる部分もありますからね。

 

頭が悪い人であれば、ただただ見ていて嫌な人となってyoutubeを見なくなります。しかし、シバターさんはついつい見てしまうんですよね。悔しいですが(笑)

 

スポンサーリンク

シバターの出身大学や高校は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

シバター(@jtshibata)がシェアした投稿

本当に頭がよいのか?を紐解いていくために、まずはシバターさんの出身大学や出身高校を調べていこうかと思います!やはり学歴で頭が良い・悪いって簡単に分かりますからね。

 

ただ、どれだけ頭の悪い学校へ行っていたとしても頭がいい人はいいですからね…判断が難しいところですが。逆にどれだけいい学校へ行っていても「勉強ができるだけ」という人も。

 

つまり、生きていく術という意味ではどれだけ良い学校へ行っていたとしても役立たないときも多くあります。逆にコミュニケーションのとり方が下手で頭が悪いレッテルがはられてしまうわけですね。

 

冒頭でも記載しましたがシバターさんの動画って、なんか嫌なんだけど見ちゃうという魅力があるんですよね。やっぱりこれって頭がいい証拠なのかなと改めて思います。

 

何が言いたいのか?と言いますと…学歴が悪くても良くても「頭がいい人」と何よりの証拠ではないか?ということです。

 

とはいえ、これでは検証になりませんよね(笑)少々前置きが回りくどくなってしまいましたが…シバターさんの出身大学や出身高校を調べていきます!

 

シバターさんの出身大学は「立正大学」

シバターさんの出身大学は立正(りっしょう)大学となります。正直なところ、全国的には知名度は低い学校ではありますが地元の人たちは知っているといったレベルの大学です。

 

気になる偏差値は51~56ぐらいと言われているそうで、決して悪い数字ではありません。特筆していいわけではありませんが…。つまり一般的なレベルの大学と言っていいのかもしれませんね。

 

ちなみに経営学部を卒業しているそうです。こういってはあれなんですが…イメージと全然違うと感じてしまいました(笑)あの炎上系ユーチューバーのシバターさんが経営について学んでいたなんて!?

 

ただ冷静に考えると今現在の人気ぶりからして、立正大学が学んだ経営学を活かしているのかもしれませんね。ある意味で「ユーチューバーというのは市場の動向を知らないといけない」わけですからね。

 

こういったノウハウを活かした結果「敢えて悪態をついて炎上を狙って人気を集めた!」となるのです。意外に腑に落ちる話で…自分が歩んできた人生で学んだことを実践ができるスゴい人といい変えることが!?

 

ともあれ、頭いい!と疑いなく言うことができる大学ではないことは確かです。ただし、だからと言って頭が悪いというわけでもありません。なんだか微妙な落とし所になってしまいましたね!?

 

出身高校も…実は立正系の高校!

シバターさんが卒業した高校はなんと…立正高校の進学コースです。そうなんです…実は、いわゆるエスカレーター式の学校へ通っていたのです。

 

当然、中学も「立正大学付属立正中学校」と、立正関係の学校です。いずれも偏差値は51~56ぐらいなので、まぁ普通の学校といったところでしょうか。

 

ただし!普通に考えると…この手の学校はいわゆる私立の学校であり裕福層でなければ通えないことが多いです。もちろん、この立正系の学校も同様のことがいえるのです。

 

つまり、シバターさんは子供の頃から意外と裕福層に属する人種だったことが分かります。ちなみにですが、同じ大学出身の人を見ると…月亭方正さんだったり、竹内涼真さんだったりと有名所がたくさんいます。

 

ここからも中学校も高校もなかなかイケてた学校に通っていたことが分かりますね。ちなみに、シバターさんは格闘技も行っていることは有名な話ですよね。

 

この格闘好きは昔からなんですが、特に影響を受けたのは山本KID徳郁さん。強い憧れを抱いて高校のときは、それを再現しようと暇なときは高校の仲間内と総合格闘技の練習をしていたそうです。青春ですね!

 

スポンサーリンク

頭いいと言われるのは学歴の影響か検証!

出身大学を見る限り「頭が悪い」というわけではないことが分かりました。むしろ、なかなかお坊ちゃんだったのでは?と思えるほどの学歴でしたね。

 

とはいえ、べらぼうに頭が良い学校というわけでもないのも事実でした。では、頭がいいという噂が広まったのは本当に学歴の影響なのか?という部分を検証していきたいと思います。

 

あくまでも勝手な想像ですが、結局のところシバターさんは「勇気のある人なのでは?」と思える節もあるのかなって。普通に頑張っている人と言ったら良いのかもしれません(笑)

 

というのも、嫌われ役に徹しつつも好きなことをしているわけですからね。炎上系のユーチューバーは数多くいますが、やはり報復だったり、嫌がらせだったり、さまざま「嫌なこと」に直面するのですよね。

 

自分自身が招いた結果ではあるため何の文句も言えませんが!?でも、それを理解しながらも続けるということは「好きなんだな」と理解したくなってしまうんですよね。

 

と…少し話がそれてしまったので私見は横に置いておいて、学歴が影響して頭がいいと言われているのか?を検証していきましょう!

 

立正大学の教育方針が頭いいと言われる要因となった?

シバターさんが立正大学の経営学部を卒業していることは先程説明をした通りです。で、偏差値も51~56ぐらいで普通のレベルとも説明させていただきました。これだけであれば頭いい!という風にはなりませにょね。

 

しかし、なぜか頭がいいと噂が広まっているわけですが…その秘密は、この立正大学の教育方針が強く影響しているような気がします!というのも、共に創る力を重要視している学校だからです。

 

これだけでは何を言っているのか?と分からないですよね(笑)もう少し具体的にお話をすると…社会に出たとき人は一人で生きていくことができないことを痛感します。

 

これを見据えて「共に生きていく」ということを教えてくれる学校なのです。誰かと力をあわせて知恵を出し合って何かを成し遂げるということを全面に押し出しているのです。

 

炎上系ユーチューバーとして活躍している動画を拝見していると…もちろん中には不快なものもありますが「意外と誰かのためを思って行動を起こしている」という部分もあるのです。

 

こういったところから学校教育をしっかりと受けていた人なんだなと強く感じました。つまり、学校で学んだことが実践することができる頭の良さを持っているのです。

 

2015年に会社経営をする実力者

 

この投稿をInstagramで見る

 

シバター(@jtshibata)がシェアした投稿

立正大学時代に学んだことを活かせた!のようなお話をするのであれば、やはり2015年のことを伝えずにはいられません!というのも、自ら会社を立ち上げて代表取締役を勤め上げたからです。

 

その会社の名は「株式会社プロレスリングシバター」です。さすが炎上系ユーチューバー(笑)会社名も攻めていますよね。実質、儲かっているのか…儲かっていないのか分かりませんが…。

 

ただ1つ言えることは、収入の多いシバターさんであれば、こういった会社を立ち上げたほうが得になることもあります。税金面など、さまざまな恩恵を受けることができますからね。

 

もし本当に税金対策などをすることを目的に会社を立ち上げたのであれば、当然「頭がいい」という部類に入りますよね。もちろん、普通に考えれば分かることではあります。

 

ということは少なくとも「頭は悪くない」と結論づけることができます。繰り返しになりますが…とにかく頭が悪い人ではないことが分かってきましたね!

 

現在も運営しているのか?までは不明でしたが、シバターさんの公式サイトを見ると名前が残っていたので、今でも運営をしているのかもしれませんね。

 

一見悪役まっしぐらのシバターさんですが、にわかに優しくていい人説が上がっています!悪役もキャラ作りなのか徹底調査しました!⇒シバターは優しくて性格がいいって本当?キャラ作りで悪役を演じているのか検証!

 

大学を卒業した後はニートへ!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

シバター(@jtshibata)がシェアした投稿

立正大学を卒業した後、すぐに就職をしたわけではないようです。もちろん炎上系ユーチューバーでもありません。ただのニートを2年間もしていたそうです。

 

ニートというよりも「遊び呆けていた」と言ったほうが正しいかもしれませんね。というのも、自身で働かずに2年間遊んだと言っているので。

 

その後はとある出版社へ3年間だけ勤めたそうです。当時はものすごい嫌な上司もいたとインタビューで答えています。3年間という短い時間で終わってしまったのは、これも大きく影響したのでしょう!?

 

また、その出版社…業務内容もめちゃくちゃだったらしく、たった2人で出版の全業務を担っていたそうです。ただただスゴいの一言ですよね。

 

逆にいえば、よくそんな会社で3年間ももったものだと感心をしてしまいました(笑)ともあれ、ある程度の根性はあることがここでも証明されました!?

 

ある意味で「せっかくそれなりの大学を卒業したのに2年間も遊び呆けてしまっては意味がない!」と言いたいところです。つまり、ここからは頭の良さは感じることはできません。

 

あのシバターさんが結婚していた?となるとどうしてもお嫁さんやお子さんについて気になっちゃうところですよね?⇒シバターが結婚してたのは本当だった?嫁や子供の画像が気になる!

 

やはり行動力は抜群といえる!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

シバター(@jtshibata)がシェアした投稿

そもそもユーチューバーになったきっかけは上司から出される漢字テストだとインタビューで答えています。というのも、上司が昼休み中にホワイトボードに漢字テストを出してくるそうです。

 

個人的にもこんな上司いたらスゴくイヤです(笑)だって、お昼休憩はゆっくりと休みたいですし…。もちろん出版社という業種のため漢字は知っておかないといけませんが…。

 

で、仕事を辞めたいと思うわけですが…その辞めたいと思った理由が独特でした。これも大学で学んだことが活きていると個人的には感じました。

 

というのも「会社に勤めても上はない。一生月収19万円だから」というモノ。いかにも経営学を学んできた人が考えそうなことですよね。

 

そしてすぐに実行に移すことができる行動力はスゴいの一言です。こういった行動力も大学時代に得たノウハウと言えるかと思います。

 

立正大学では「共に創る力」を全面に押し出しています。この「共に創る力がなかった会社だった」ということで、即決することができたわけですからね!

 

結果、頭いいと言われるのは学歴は大きく影響していた!と結論づけてもよいのかなと思います。

 

最近注目されているユーチューバーのシバターさんですが、その年収やRIZIN出場のギャラ事情は気になっちゃいませんか?⇒シバターの年収が凄まじい!パチスロやRIZINでの収入も気になる!

 

スポンサーリンク

シバターの出身大学や高校は?頭いいと言われるのは学歴の影響か検証!まとめ!

シバターさんの出身大学や高校といった学歴から「本当に頭いいのか?」を調査・検証をさせてもらいました。結論は「頭いい!」といったところでしょうか。

 

ただし、学歴がいいからというわけではなく「生きる術を持っている頭の良さ」といったところでしょうか。これが大学時代に学んだものというのではあれば、学歴が影響したのかもしれませんが!?

 

ともあれ、シバターさんは頭が悪い人ではないことは間違いないでしょう。結局のところ、人気者なんですよね。しかも「頭が悪い」というよりも「してやられた感」があるので、人を操る頭の良さといったところでしょうか。

 

ということで、今後も炎上商法に私達も付き合わされる可能性が大です(笑)なので、敢えてそのやり方に付き合ってシバターさんを楽しんでいきたいと思います(笑)

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2021 All Rights Reserved.