サイゲームスとユベントスが再契約!佐賀に投資する理由が気になる!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

数々の人気ゲームを世に送り出しているサイゲームス(株式会社Cygames)が、名門サッカーチームの「ユベントスF.C(Juventus Football Club s.p.a.)」とスポンサー契約を結びました。

 

サイゲームスと言えば、2020年4月に新拠点となる自社ビルが佐賀に竣工されたことでも話題に。現在ではデバッグ業務とデザイン業務を佐賀でも行っています。

 

今回はユベントスとの再契約についてや、サイゲームスと佐賀との関係について見ていきたいと思います。

 

サイゲームスの新拠点となる「Cygames佐賀ビル」の一部もご紹介します。

 

スポンサーリンク

サイゲームスとユベントスが再契約!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Juventus(@juventus)がシェアした投稿


2020年7月17日、サイゲームスとユベントスがスポンサー契約を締結したことが発表されました。

 

ユベントスと言えばサッカーの名門チーム。

 

ポルトガルの代表選手であるクリスティアーノ・ロナウド選手やアルゼンチン代表のパウロ・ディバラ選手が所属しています。

 

サッカーに詳しくない方でも見聞きしたことのある名前ではないでしょうか?

 

契約期間は2020年7月から2022年6月末までの2年間の契約となるようです。

 

ユベントスとの再契約についての渡辺耕一社長のコメント

 

「これまで互いの価値観を共有し、沢山のチャレンジを共にしてきたパートナーと、再びパートナーシップを結ぶことができたこと大変嬉しく思っています。弊社は本業であるゲーム事業の枠にとらわれず、スポーツなど様々なフィールドにおいて、世界中の人々に喜びや夢を与える最高のブランドを目指すとともに、社会に多様な価値を提供することを目指しています。今回の契約を通じ、パートナーシップで結ばれた二者が、さらなる価値を生み出していけるよう努力してまいります。」

引用元:https://www.cygames.co.jp/press/press-20724/

 

ユベントスとの再契約について、サイゲームスの渡辺耕一社長は↑のようなコメントをしています。

 

個人的には、再契約をしようと思った理由がとても気になるところですが、残念ながら理由についての情報は見つかりませんでした。

 

やはり、スポンサー契約という事ですから、会社の経営状況やユベントスのスポンサー募集条件などの兼ね合いではないかと推察します。

 

2017年に初契約も打ち切り後再契約に期待の声!


実はサイゲームスとユベントスのスポンサー契約は2度目。

 

2017年7月に3年契約が結ばれていたのですが、突如契約打ち切りに。

 

公式の発表はありませんでしたが、ひっそりとサイゲームスのロゴが消えていたのです。

 

今回の再契約では、サイゲームス代表の渡邊耕一氏もユベントスのCROであるジョルジョ・リッチ氏も「再び」というワードを含め、より前向きなコメントを発表しています。

 

スポンサー契約でユニフォームにもロゴが復活!


スポーツ選手のユニフォームに企業のロゴが掲載されていて、不思議に感じたことのある方もいるのではないでしょうか?

 

スポンサー契約を結ぶとユニフォームにロゴが掲出されます。

 

今回の再契約ではサイゲームスのロゴが復活し、背番号の下に大きく掲出されることに。

 

また、ユベントスの本拠地であるアリアンツ・スタジアムでの看板や、ユベントス公式サイトにもサイゲームスの名前が記載されています。

 

ゲーム業界で働こうと思っている方はとても気になると思います!詳しくはこちら!⇒サイゲームスの評判が気になる!社員年収や社員の待遇は?

 

スポンサーリンク

佐賀に投資する理由が気になる!


「Cygames佐賀ビル」の竣工に伴い、SNS上でもその関係性が話題となったサイゲームスと佐賀。

 

新拠点として佐賀が選ばれた理由にはどのような理由があるのか気になるところですよね。

 

その理由について、サイゲームス代表の渡邊耕一氏はインタビュー内で「地元であること」と「佐賀に元気が無かったこと」の2点を挙げていました。

 

数多くのイベントのスポンサーにもなっているサイゲームスの社長についてチェック!詳しくはこちら!⇒サイゲームスの渡邊耕一社長はどんな人?出身地や経歴をチェック!

 

2017年から佐賀で業務を行なっていた

 

サイゲームスは2017年から佐賀で業務の一部を行なっていました。

 

デバッグ業務を中心とした「佐賀デバッグセンター」が設立されていたのです。

 

驚くべきことに、その翌年の2018年には「Cygames佐賀ビル」の設立が発表されていました。

 

このことからも佐賀に並々ならぬ愛情を持つ渡邊代表の意気込みが見えてくるようですね。

 

また、「佐賀デバッグセンター」の設立時には佐賀の県民性が評価されたと言います。

 

若者の仕事の定着率や業界内の離職率の低さなど、他の企業も佐賀に注目しているのだとか。

 

素晴らしいゲームを次々に生み出しているサイゲームス!社員の待遇などはどうなんでしょう?詳しくはこちら!⇒サイゲームスの評判が気になる!社員年収や社員の待遇は?

 

サガン鳥栖のスポンサーにもなっていた?


サイゲームスは2015年7月から2019年1月まで佐賀のサッカーチームである「サガン鳥栖」のスポンサーにもなっていました。

 

このスポンサー契約も渡邊代表の地元愛から契約に至ったようです。

 

契約を結ぶまでには社内の反対もあったと語る渡邊代表。

 

「社長のワガママ」として取締役に頭を下げたというエピソードもあるのだとか。

 

飛ぶ鳥を落とす勢いのあるサイゲームスですがどんな社長なのか気になりませんか?詳しくはこちら!⇒サイゲームスの渡邊耕一社長はどんな人?出身地や経歴をチェック!

 

スポンサーリンク

サイゲームスとユベントスが再契約!佐賀に投資する理由が気になる!まとめ!

 

今回はサイゲームスとユベントスの再契約について、そしてサイゲームスが佐賀に投資する理由について調べてみました。

 

ユベントスと再び新たな一歩を踏み出し、佐賀を新拠点として地域活性化にも貢献しようとするサイゲームス。

 

これまでの作品ももちろんのこと、今後佐賀で生まれる新ゲームにも注目していきたいですね。


今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.