加弥乃の経歴とプロフィールは?元AKBで相棒や傷だらけの悪魔に出演!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

朝ドラ『エール』に杉山あかね役で出演している加弥乃さんに注目が集まっています。

 

ドラマ内では、裕一が契約したコロンブスレコードで、古田新太さん演じる廿日市の秘書を演じていて、冷静で的確な発言をする役柄です。

 

そんな加弥乃さんですが、経歴とプロフィールを調べてみると、なんと『元AKB]』であることが分かりました。

 

他にも、『相棒』や『傷だらけの悪魔』などにも出演していたという事で、分かりやすくまとめてみました。

 

スポンサーリンク

加弥乃さんのプロフィール

 

・芸名  :加弥乃(かやの)

・旧芸名 :増山加弥乃(ますやまかやの)

・生年月日:1994年2月10日(26歳)

・出身地 :東京都

・血液型 :A型

・職業  :女優、タレント

・ジャンル:テレビドラマ、舞台、映画

・活動期間:2005年~2011年

      2013年~

・事務所 :B`stars Production(ビースターズプロダクション)

 

スポンサーリンク

加弥乃さんの経歴

 

  • 子役としてミュージカル『アニー』等に出演。キユーピーのCMソング「たらこ・たらこ・たらこ」を近野莉菜とともに歌い、CMのナレーションも担当していた。なお、「たらこ・たらこ・たらこ」は、後にキグルミによってCD化され大ヒットとなった。
  • 2005年10月30日、『AKB48オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数7,924名、最終合格者24名)。
  • 2005年12月8日、オープニングメンバー候補生(第1期生)のうち20名として、AKB48劇場グランドオープンの舞台に立った(旧チームAに所属)。
  • 2007年3月から当時のチームAメンバーだった浦野一美、平嶋夏海、渡辺志穂とともに旧チームBへサポートメンバーとして異動することが決定していたが、当時のチームAメンバーだった折井あゆみの卒業による各チームのバランスを考え、最終的に旧チームAに残留となった。
  • 2007年6月、AKSからパーフィットプロダクションに移籍。
  • 2007年11月30日の『AKB48 ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」』千秋楽公演をもって、AKB48を卒業した。
  • 2011年7月20日、同年7月24日の舞台「三ツ星キッチンミュージカル LOVE」最終日をもって、芸能活動を休止することを「増山加弥乃オフィシャルブログ かやの写真店」で発表した。同ブログは同日付で閉鎖され[1]、パーフィットプロダクション公式サイトの公式プロフィールも削除された。
  • 2013年7月13日公開の映画「生贄のジレンマ 上」で、加弥乃名義で約2年ぶりに芸能活動を再開した[2]
  • 2015年12月、主演した映画「W 二つの顔を持つ女たち」の主題歌として、TOMOROの作詞作曲・プロデュースで「ROPPONGI DREAM 〜W REMIX〜 feat. 加弥乃,梅本静香,多岐川華子,桜のどか,岸明日香,森下悠里」にフィーチャリング参加した。[3]
  • 2016年2月、B’stars Production(ビースターズプロダクション)に所属したことが明らかになる[4]

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E5%BC%A5%E4%B9%83

 

あの有名なたらこの元祖だったなんて驚きですね。

 

そして、AKB48の初期メンバーというのも驚きです。

 

スポンサーリンク

AKB時代の加弥乃さん

 

こうなってくると、AKB時代どんなだったか知りたいと思いますので、動画を用意しました。

このころの加弥乃さんは、まだ十代前半という事もあり幼さが残りますね。

 

加弥乃さんの単独動画はこちら↓↓

単独インタビュー内で「10年後の自分はどんな人になっていると思う?」という質問に対して、「おおらかなひと」と答えるところは面白いですね。

 

「ピザーラで1日体験をした後におおらかな人になる」とも語っていましたが、果たして本当にピザーラで働いたのか気になりますね。

 

スポンサーリンク

相棒にも出演

 

こちらが加弥乃さんが『相棒』に出演する際のインタビュー動画ですが、まるで別人のように大人っぽくなりましたね。

 

一気に大人の女性になりましたね!

 

ネットの評判もとても良さそうですね。

 

演技も好評だったようですよ。

 

スポンサーリンク

傷だらけの悪魔にも

 

加弥乃さんは『傷だらけの悪魔』にも、いじめっ子でクラスを仕切る『女王様キャラ』優里亜として出演しています。

 

柔らかい話し方をされる普段の加弥乃さんが、女王様キャラのいじめっ子って凄いギャップなきがしますね。

 

しかも、過去のインタビューで『おおらかな人』になりたいと話していたわけですからね。

 

でもそんな中、本来の自分とは違うキャラを演じる事が出来るのは、加弥乃さんの演技力なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

エールでは?

 

朝ドラ『エール』で加弥乃さんが演じるのは、古田新太さん演じる廿日市誉(レコード会社のディレクター)の秘書杉山あかね役です。

 

今までの役とは違って、『キリっとした出来る女』を演じています。

 

エールの出演者を見て気づいたファンも多そうですね。

 

ファンとしてはぜったに見逃せないところです!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

調べてみて感じたのが、加弥乃さんの『変化』と演技の『多彩さ』です。

 

ほんわりとした役から、いじめっ子や秘書までこなしていますから、演技力は相当なものだと思います。

 

今後も成長と共に別の顔を見せてくれそうな加弥乃さんに期待ですね!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.