釜萢敏医師のプロフィール!玉川徹とのバトルに批判殺到!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2020年8月3日放送のテレビ朝日の番組『羽鳥慎一モーニングショー』が波紋を呼んでいます。

 

というのは、リモート出演した新型コロナ対策分科会メンバーの釜萢敏氏とコメンテーターの玉川徹氏のやり取りが激しかったからです。

 

そこで今回は、にわかにネットの注目を集め始めた、釜萢敏医師のプロフィールと玉川徹氏とのバトル内容、ネットの声をお届けしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

釜萢敏医師のプロフィール!

 

釜萢敏(かまやちさとし)さんは、1953年生まれの医師で、新型コロナウイルス感染症分科会のメンバーです。

 

新型コロナウイルス感染症分科会とは、簡単に言うと、感染症の専門知識のない政治家に対して、専門家の視点から意見を述べる為の会といった所です。

 

政府の対応として、度々「専門家の方達の意見を聞いて判断する」という発言がある事から、新型コロナウィルスの対策においては非常に影響力のある会であると言えます。

 

そのメンバーである釜萢さんは、群馬県出身で日本医科大学に進学し医師となりました。

 

1988年には独立し開業、地元高崎市医師会の役職を歴任し、1997年には理事、2001年には副会長、2005年には会長となりました。

 

2011年には群馬県医師会の参与に就任し、2014年には日本医師会の常任理事に選出され、その他でも公的な役職を兼任しており、2020年より新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の構成員を務めています。

 

スポンサーリンク

玉川徹とのバトルに批判殺到!

 

まずは是非↑の動画をご覧ください!!!

 

玉川徹氏がかなり釜萢敏医師に噛みついています。

 

動画にもある通り、玉川徹氏は日ごろからPCR検査数を増やすべきだという強い信念があります。

 

しかし、動画内で山口さんが言われていたように、万能では無いので難しい部分があると説明されていますね。

 

個人的には玉川徹氏のいう事も理解出来て、検査数を増やす必要性と、なかなか検査数が増えない事には疑問を感じています。

 

しかし、それ以外のGoToキャンペーンなどに対する受け答えはとても的確だったという印象があります。

 

スポンサーリンク

ネットの声は?

 

この方の言う通り、国は何もしていないというのは言いすぎな気がしますが、国民に対しての情報発信はもっとしっかりとして欲しいですね。

エキサイトしていて、見ている側からしたら面白かったですね!

スポンサーリンク

釜萢敏医師のプロフィール!玉川徹とのバトルに批判殺到!まとめ!

 

今朝のモーニングショーは、釜萢敏医師と玉川徹氏のバトルが注目を集めましが、個人的には今後PCRなどの検査数を1日10万件程度に増やしていく予定がある事に安心しました。

 

経済を回していく為には、少しでも多くの安心が必要となり、そのために検査数を増やしてほしいという主張はまっとうだと思います。

 

少しでも早い検査数の増加を期待したいですね!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.