古市憲寿の父親や母親は?職業や育児に関する考え方が気になる!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

社会学者・作家・タレントとして大活躍中の古市憲寿さんですが、最近「古市憲寿さんの父親や母親は?」「職業や育児に関する考え方が気になる」という声が多くあがっています。

 

確かにインテリジェンスな雰囲気が漂う古市憲寿さんだからこそ、「両親がどんな人なのか?」「どんな職業をしているのか」と興味を持ってしまうのも納得できますよね。

 

さらに自分の意志がハッキリしている古市憲寿さんだからこそ、幼少期にどのような教育を受けたのか?どんな教育方針だったのか?はとても気になる方も多いのではないでしょうか。

 

社会学者という職業から、幼少期はとても厳格な家庭環境で育てられたのではないかとイメージしてしまうので、本当はどうだったのかはしっかり確かめていく必要がありそうです。

 

また自分のことやプライベートのことはあまり語らない古市憲寿さんなので、彼のことをもっとよく知るために、幼少期の隠されたエピソードもあればくわしく知りたいですよね。

 

この記事の前半では古市憲寿さんの父親や母親の職業や性格について解説し、後半では両親がもつ職業や育児に関する考え方をたっぷり解説するので、最後までお読みください。

 

スポンサーリンク

古市憲寿の父親や母親は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

古市憲寿(@poe1985)がシェアした投稿

社会学者の古市憲寿さんですが、彼を育てた父親と母親はどのような人なのでしょうか?独特な雰囲気を持つ彼だからこそ、どんな両親に育てられたのかは気になってしまいますよね。

 

「ワーキングプワの気持ちがわからない」のような炎上発言も有名になっているため、このような発言をしてしまうということは実家がお金持ちだった可能性はとても高いです。

 

裕福な家庭に育っているならば、父親は一流企業に勤務や社長、または官僚や大学教授などであることが予想されるので、余計にどんな職業なのか興味が湧いてきました。

 

古市憲寿さんの母親はどんな方なのでしょうか?意志がはっきりしている彼を幼少期から育てたと思うとすごく包容力のある方なのではないかと思う方も多いのではないでしょうか。

 

また古市憲寿さんは高学歴で留学経験もあるそうなので、父親も母親も高学歴だったり、教育熱心だったりすることも考えられるので、どんな両親かくわしくみていきましょう。

 

それでは鋭いコメントをポンポンと放つ人気コメンテーターの古市憲寿さんを育てた父親と母親を知るために、それぞれの職業や性格などを調べたので早速ご紹介していきます!

 

古市憲寿の父親

 

この投稿をInstagramで見る

 

古市憲寿(@poe1985)がシェアした投稿

古市憲寿さんの父親はどんな方なのでしょうか?今回父親についてくわしく調べると、生まれは鹿児島県南九州市で大学進学とともに東京へ上京したことが明らかになりました。

 

職業は公務員ということがわかったものの、地方公務員や国家公務員などどのような仕事をしているのかは不明のままで、ネット上では官僚なのではないかという噂もあるようです。

 

古市憲寿さんは小学生の時に東京から埼玉へ引っ越したことから、仕事上で県外での転勤があるといえ、地方公務員の可能性は非常に低いと考えられるのではないでしょうか。

 

また古市憲寿さんの家族構成は祖父・祖母・二人の妹・父・母・自分の7人兄弟で「7人が同居する家」と考えると相当大きな家と考えられ、経済的に余裕もあったのかもしれないですね。

 

さらに驚くべきことに家にはテレビが8台もあり、家族それぞれが個人の部屋で自分の好きな番組を見るのが当たり前の家庭だったそうで、父親の年収は相当高いと予想されます。

 

今回調べた結果、古市憲寿さんの父親は鹿児島出身で公務員ではあるものの相当年収が高いと予想されるため、官僚などの高い地位についていた可能性が高いことが分かりました。

 

古市憲寿の母親

古市憲寿さんの母親は一体どんな方なのでしょうか?実は本人インタビューの中で、「自分の母親はとても自由気ままな女性であった」と語っていたことが明らかになりました。

 

古市憲寿さんも自分の世界をしっかりと持っていて、自由な生き方が印象的な方なので、「母親が自由で気まぐれ」ということに納得できる方も多いのではないでしょうか。

 

母親の職業については明らかになっていませんが、様々な情報から見ると専業主婦である可能性が高いということがわかり、どこかに勤めているということはなさそうですね。

 

働いてはいないとはいえ、7人家族のために食事を用意したり、洗濯や皿洗いを毎日したりして、さらに祖父や祖母とも同居していたと考えると相当大変そうな気がします。

 

息子にとっては自由な母だったのかもしれませんが、実は主婦としては7人家族のために毎日家事をしっかりこなした頼もしい母親だったといえるのではないでしょうか。

 

今回、古市憲寿さんの母親は自由な方で専業主婦である可能性が高いということがわかりましたが、出身地や学歴、他の情報についてはあまり詳しく公開されていませんでした。

 

スポンサーリンク

職業や育児に関する考え方が気になる!

 

この投稿をInstagramで見る

 

古市憲寿(@poe1985)がシェアした投稿

ここ数年コメンテーターとしてもますます大活躍中の古市憲寿さんの両親について注目が集まる中、古市家の職業や育児に関する考え方が気になるという声が多くあがっています。

 

古市憲寿さんといえば、周りとは違う独特な考えを持っていたり、根拠があるわかりやすい説明をしたりする印象が高いので、どんな教育を受けたのか関心が高まっているのでしょう。

 

父親は公務員で母親は専業主婦であるということが明らかになったので、厳格な家庭環境で育ったのかもしれませんし、学歴主義や教育熱心の両親である可能性も高いですよね。

 

とはいうものの、あまりプライベートのことを多くを語らない古市憲寿さんなので、家族とどのような時間を過ごしていたのかはとても気になる方も多いのではないでしょうか。

 

古市家の子育て方針や古市憲寿さんの人柄を深掘りするためにも、彼の知られざる幼少期のエピソードや思い出については、くわしく調べていく必要がありそうですよね。

 

それでは後半は、知的なイメージが強い古市憲寿さんを育てた両親が持つ「職業や育児に関する考え方」について解説するとともに、彼の幼少期エピソードについてもご紹介します!

 

職業や育児に関する考え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

古市憲寿(@poe1985)がシェアした投稿

古市憲寿さんの両親の子育てに関する考えを調べると、「厳しい」「こうしなければならないを押し付ける」というよりは「子どもの意志を尊重する」ことを大切にしていることが分かりました。

 

例えば、食事に関してはみんな同じものを食べるのではなく、好きなものをとって食べるバイキング形式だったそうで、その日食べたいものが食べられる環境を作っていたそうです。

 

さらに古市憲寿さんは幼少期から野菜が一通り食べられなくて偏食で、一時期はステーキばかり食べていたそうですが、「野菜も食べなさい!」と強制されたことはありませんでした。

 

勉強面では小学校の時に不登校になった時も「学校へ行きなさい」と言われることはなかったそうで、どんな時も子どもを信じて見守ることを大切にしていたのではないでしょうか。

 

けれども小学生の頃から春休みに1年分の予習を自分から終えているような子で、学校に行かなくても成績がよかったから、親も大丈夫だろうと思っていたのかもしれません。

 

両親は教育熱心ではなく、特に期待もされてはいなかったそうなので、「こういう職業にしなさい」のような肩書き主義はまったくなかったといえるのではないでしょうか。

 

幼少期のエピソード

子どもの好きなことややりたいことを尊重するのが子育て方針であったことが明らかになりましたが、まだまだ幼少期のエピソードが隠されているのでたっぷりご紹介します。

 

一つ目は、彼は親が買ってあげたくなるような教育的なオモチャを欲しがることもなかったけれど、両親からは自分が好きなものや欲しいものはだいたい買ってもらえたそうです。

 

二つ目はバスが好きでよく祖父と乗りに行き、行きたい場所がないけれど乗ったことのない路線を使い、いかにバスだけで東京を回れるか、前日に計画を練るのにハマっていました。

 

三つ目は祖父からの影響で本を読んだり絵を描いたりするのが好きで、宇宙と魚の図鑑はわざわざ東京で一番大きな本屋へ行ったり、集めた情報を取捨選択してオリジナル図鑑を作成したりしていたそうです。

 

四つ目は中学生の時にすでに自分用のパソコンを買ってもらっていて、インターネットで世の中の大体のことを調べられたそうで、これは両親に感謝したいことの一つだと語っていました。

 

このような幼少期のエピソードからも古市憲寿さんの好きなことを尊重しようと家族がサポートしていたことがよく分かり、これこそが教育方針であるといえるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

古市憲寿の父親や母親は?職業や育児に関する考え方が気になる!まとめ

 

今回は「古市憲寿さんの父親や母親はどんな人か」「両親が持っていた職業や育児に関する考え方が気になる」という声におこたえして、古市家の子育て方針について紹介しました。

 

古市憲寿さんの父親は鹿児島県出身の公務員であり、大学は都内の大学に通っていたそうで、母親は自由な性格で専業主婦ではないかということが明らかになりました。

 

幼少期は祖父・祖母・父・母・二人の妹と暮らす7人家族で、両親だけではなく祖父の影響もたくさん受け、色んな刺激を受けたのが今の仕事に生かされてるのかもしれませんね。

 

古市家の職業や育児に関する考え方は厳しいルールがあるというより、子供の好きを尊重し、やりたいようにやらせるというのがモットーだったということが明らかになりました。

 

あげたい物をあげるのではなく、欲しいものをなるべく買ってあげたり、「学校に行きたくない」と言えば無理やり生かせることはなく、子供を信じ見守るスタンスだったようです。

 

両親は教育熱心ではなかったそうですが、古市憲寿さんは誰に何か言われることなく自ら春休みに次の学年の勉強を予習していて、おまけに成績も良かったのがすごいですよね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2022 All Rights Reserved.