富川悠太アナに文春砲が炸裂!報道ステーションを降板の危機か!?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

報道ステーションのメインキャスターの富川悠太アナに文春砲が炸裂しました。

 

富川悠太アナと言えば、4月の11日に新型コロナウイルスの陽性反応が出てから、番組出演をお休みしています。

 

心配される体調に関しては、順調に回復していてご家族への家族内感染も無いという事で安心なのですが、そんな富川アナの自宅に警察と児童相談所が駆け付けるトラブルが発生したというのです。

 

今回は、週刊文春が公開した動画も含めて見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

富川悠太アナに文春砲が炸裂!

 

 

これはかなり衝撃的なニュースですね!

 

5分10秒くらいから問題の奥様の怒鳴り声が流れていますね。

 

ポイントとしては、深夜一時という時間帯ですよね!?

 

子供の教育にヒートアップしてしまう事はあるのかもしれませんが、時間帯を考えないと近隣住民に迷惑がかかりますし、富川アナが奥様を止めていないのが問題ですね。

 

スポンサーリンク

近隣住民からは『黒い家』

 

近隣住民の方からは、富川家のトラブルはこれがはじめてではなく、近隣住民からは『黒い家』と言われているようです。

 

富川家一家は3年前に引っ越してきて以来、奥様の絶叫は近隣の間で噂になっていたようです。

 

秘書に暴言を吐いて話題になった、豊田真由子元衆議院議員のようだとも言われているようです。

 

近隣住民の方々は、ずっと騒音を我慢していたようですが、富川アナがコロナで自宅療養する事で少し落ち着くのでは?と期待していたようですが、退院して自宅に戻ってきてからはさらに拍車がかかっとの事です。

 

近隣住民からは相当苦情だったり、潜在的な不満があったようですね。

 

スポンサーリンク

奥様の対応

 

「警察官は富川さんの家のピンポンを押すと『近隣の方から虐待の疑いがあると通報が入っています』と伝えていました。それに対して、奥様が『子供が寝ないから注意していただけです』と答えていた。

警察官に玄関先まで出てくるように促され、奥様が玄関に出てきたタイミングで、パトランプを回したパトカーと、児童相談所の方も駆け付けてきたのです。そこで『奥様はコロナ濃厚接触者だ』という話になり、児童相談所の方々が5分くらい席を外し、頭の先から足の先まで覆うことのできる白い防護服を着て、もう一度、玄関先で聞き取りをしていました」

引用元:https://bunshun.jp/articles/-/37743?page=3

 

児童相談所の方が、「ご長男を呼んでください」と伝えると、奥様はお子さんを連れてきたようです。

 

児童相談所の職員とお子さんは10分程度お話をしていたようです。

 

スポンサーリンク

報道ステーションを降板の危機か!?

 

今回の騒動を受けて、富川悠太アナが報道ステーションを降板になってしまうのでは?といった声も上がり始めています。

 

富川悠太アナが新型コロナウイルスに感染した経緯もよろしくないですし、その上で近隣住民の方に迷惑をかけていたとなると、問題視されてもおかしくありませんね。

 

今までは『黒い家』という認識で、富川悠太アナの自宅と知らなかった近隣住民の方々も、今回の騒動で『黒い家=富川悠太の自宅』と分かるので、富川アナがしっかりとした対応をしないといけませんね。

 

ちなみに5月12日時点では、富川アナの復帰は未定との事です。

 

スポンサーリンク

ネットの声は?

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

いずれにしても奥様の怒鳴り声が、常日頃から近隣住民に迷惑をかけていた事は間違いなさそうなので、富川アナには誠意ある対応が求められそうです。

 

報道ステーションの出演がどうなるかは分かりませんが、復帰が大分遅れているので、テレビ朝日の上層部が問題視している可能性もありそうですね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.