高梨沙羅の年収が凄過ぎる!愛車のベンツの価格もビックリ!!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

世界的トップアスリートである高梨沙羅選手ですが、「高梨沙羅の年収が凄すぎる」「愛車のベンツの価格もビックリ」という声がSNS上で多くあがり話題になっているそうなんです。

 

高梨沙羅選手は2022年1月現在では25歳ですが、10代の頃から数々の偉業を成し遂げているので大会賞金も想像できないくらいの額をもらっている可能性はすごく高いですよね。

 

さらに20代前半でベンツを購入できるということは相当なお金を稼いでいるということを証明していますし、愛車のベンツは一体いくらだったのかというのも興味が湧いてきます。

 

一流の野球選手やサッカー選手などの年収も驚くべき額であることが多く、愛車が高級車であったり大豪邸に住んでいたりする方も多いので高梨沙羅選手の年収や愛車も凄そうですよね。

 

けれどもスキージャンプは日本ではまだまだマイナースポーツなので大会賞金がどれくらいなのか?トップ選手の年収はどれくらいなのか?は想像できない方も多いのではないでしょうか。

 

今回は「高梨沙羅の年収が凄すぎ」「愛車のベンツの価格もビックリ」という噂の真相を探りながら、数々の偉業を成し遂げた高梨沙羅選手のお金事情をチェックしていきましょう!

 

スポンサーリンク

高梨沙羅の年収が凄過ぎる!


「高梨沙羅の年収が凄すぎる」という噂は果たして本当なのでしょうか?もしこれが事実であるならば、高梨沙羅選手の年収は一体いくらなのかということはすごく気になりますね。

 

高梨沙羅選手はスキージャンプの大会に優勝するたびに賞金をもらっているので、優勝回数や表彰台に上がる回数が多くなればなるほど大会賞金が増えるということになります。

 

高梨沙羅選手といえば 2010年にコンチネンタルカップで女子選手初の史上最年少優勝を果たし、2021年には FISワールドカップでは男女を通じて歴代最多の60勝を成し遂げています。

 

さらに男女歴代最多109回目の表彰台に立つ偉業も成し遂げているので、この凄すぎる偉業を見ただけでも合計の大会賞金がとんでもない額になっているのではないかと思ってしまいます。

 

契約しているスポンサーからはスポンサー料をもらえますが、高梨沙羅選手はテレビに出演する度に衣装やユニフォームに付いているスポンサーのロゴが凄い数になっていますよね。

 

さらに企業とCMの契約をすれば、企業から多額の契約金をもらうことができるので数々の CMに出演している高梨沙羅選手は大会賞金以外の収入もすごい金額になりそうですよね。

 

大会の賞金は意外と低い?

高梨沙羅選手の年収は一体いくらなのでしょうか? 結論からお伝えすると、 2020年の高梨沙羅選手の年収は1億2,000万円以上と予想されるという衝撃の事実が明らかになりました。

 

高梨沙羅選手の主な収入源は「 スキージャンプの大会賞金」「企業からのスポンサー料」 「企業CMの契約金」がメインなのですが、意外にも大会賞金が低いそうなんです。

 

まずは大会賞金が公開されているワールドカップで見ていきましょう!個人戦だと上位20位まで賞金が貰えるそうで、優勝すれば日本円に換算すると約46万円の賞金がもらえるそうです。

 

命がけのスポーツであるにもかかわらず大会賞金は意外と低いということがわかりますし、スキージャンプの世界トップレベルの選手でも「年間400万円」ほどしかないようです。

 

普通に生活するのならば年間400万円でも足りそうですが、スキージャンプの練習や道具代、世界各国への遠征費を考えると年間400万円では全然賄うことができなさそうですよね。

 

大会賞金は400万円ということは1億円近くは企業からもらっているということになるのでスポンサー料や CMの契約金が一体どれくらいなのかというのをさっそく見ていきましょう!

 

スポンサー収入が凄かった?

高梨沙羅選手のスポンサーからの収入は一体どれくらいなのでしょうか?単純に計算すれば1億円以上は企業からのスポンサー料やCMの収入やメディア主演料であるとわかりますよね。

 

今回調べていくと高梨沙羅選手は大手化学メーカーである「クラレ」に現在所属していますが、13社の超大手企業とスポンサー契約をしてるとオフィシャルサイトに記されていました。

 

実際は13社以上であると言われていて、「ベンツ」「レッドブル」「ナイキ」「資生堂(アネッサ)」「VISA」「OMEGA」「セブンイレブン」など世界的トップの企業ばかりでした。

 

さらにCMにも多数出演していて「セブンイレブン」はもちろんですがきゅうりのキューちゃんでお馴染みの「東海漬物」や地元の「北海道ガス」などの有名な企業が挙げられます。

 

高梨沙羅選手は2017年の平昌オリンピックの銅メダル後は CM単価が一本1千万円以上と言われていたので、2021年1月現在ではさらに金額が上がっていることが予想されますよね。

 

このように高梨沙羅選手の年収が凄すぎるという噂は本当で、年収は1億円以上であるという可能性が高いということが判明し、そのほとんどは大会賞金ではなくスポンサー料でした。

 

スポンサーリンク

愛車のベンツの価格もビックリ!!

年収が軽く1億円以上超える高梨沙羅選手ですが、愛車のベンツの価格もびっくりという噂が後を絶えないので、高梨沙羅選手の愛車のベンツの価格はいくらなのでしょうか?

 

高梨沙羅選手は20代前半で噂のベンツを購入したとされているので、20代前半でベンツを購入できるなんてカッコ良すぎですしさすが世界的に有名なトップアスリートですよね。

 

ただベンツは高梨沙羅選手のスポンサーなので「スポンサー企業から送られたのではないか」と言われていましたが、どうやらそうではなく自分のお金で愛車を購入したそうなんです。

 

世界的なトップアスリートの愛車のベンツの価格がいくらなのかというのも気になりますが、どんなデザインでどんな特徴がある車なのかという見た目の面もすごく気になってしまいますよね。

 

ただに愛車のベンツについて家族や周りの反応はどうだったのかに付いても気になりますし、高梨沙羅選手が愛車のベンツをどれくらい気に入っているのかも興味が湧いてきます。

 

続いては高梨沙羅選手の愛車のベンツの価格についてみていくとともに、どんなベンツであるのか周りの反応はどうだったのかなども徹底調査したのでさっそく見ていきましょう!

 

愛車のベンツの価格は?

数多くの偉業を成し遂げている高梨沙羅選手の愛車のベンツの価格は一体いくらなのでしょうか? 今回徹底調査をした結果、その価格は2000万円以上であるということがわかりました。

 

高梨沙羅選手の愛車は「ベンツAMG・G 63 」で、2017年の「メルセデス・ベンツ・マガジン」でかっこいい愛車とのツーショットが掲載されたことがきっかけで話題となりました。

 

「ベンツAMG・G 63 」の車は最低でも1970万であると言われているので、髙梨沙羅選手はそれ以上の価格であり、それを20代前半で購入できる高梨沙羅選手はさすがですよね。

 

「愛車が2千万円以上である」「20代前半で自分が稼いだお金でベンツを購入した」というこの二つの事実に多くの方がビックリしてしまうのはやはり当然ではないでしょうか 。

 

さらに「ベンツAMG・G 63 」は 雪道に強く頑丈な作りになっているそうなので、  北海道出身でもあり、自分の運転で練習場へ向かう高梨沙羅選手との相性はすごく抜群ですよね。

 

高梨沙羅選手はインタビューの中でドライブが趣味と答えていて、運転することでリフレッシュできるそうなので愛車のベンツが高梨沙羅選手の心の支えにもなっているのかもしれません。

 

愛車がベンツで炎上した?

実は高梨沙羅選手の愛車が 2000万円以上のベンツだとわかった当時、 SNS上ですごく炎上したことが明らかになりましたが、今は高梨沙羅選手を擁護する声の方が多いようです。

 

当時20代の大学生であった高梨沙羅選手に向けて「ベンツを乗ったりしないで競技に全力で立ち向かえ」「 ベンツ乗りこなせるのかね」という批判の声が多く上がりました。

 

今は批判していた人が「大人の嫉妬は醜い」と世間から批判されるという逆転現象が起こり、「世界大会で優勝して自分のお金で購入しているのだから立派だ」という声が多いようです。

 

けれども高梨沙羅選手の祖父は20代前半で高級車を購入した孫の将来のことを少し心配しているようで、 可愛い孫だからこそ余計に心配になってしまう気持ちには共感できますね。

 

高梨沙羅選手の愛車のベンツの価格は2000万円以上という驚きの価格だったからこそ、一度は批判を受けましたが今では尊敬の眼差しを受けているということが明らかになりました。

 

さらに活躍の幅を広げている高梨沙羅選手はドライブ好きでもあるので、これからどんな高級車を購入したり乗りこなしたりしていくのかはすごく楽しみになってきますよね。

 

スポンサーリンク

高梨沙羅の年収が凄過ぎる!愛車のベンツの価格もビックリ!!まとめ

 

今回はスキージャンプの高梨沙羅選手の「年収が凄すぎる」「愛車のベンツの価格もビックリ」という噂の真相を探るべくお金事情についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

 

高梨沙羅選手の年収は1億円を超えているということが明らかとなり、その内訳のほとんどが大手企業からのスポンサー料や CMの契約金であるということが明らかとなりました。

 

意外にもスキージャンプの大会賞金が400万円ほどで低いということがわかり、やはりマイナースポーツはスポンサーの支えがないと活動を続けていくのは難しそうですよね。

 

さらに愛車のベンツについても調べたところ価格は2000万円以上ということが判明し、それを20台前半で自分の稼いだお金で購入した高梨沙羅選手はまさにスター 選手ですよね。

 

当時は20代でベンツということで批判もされたこともあったようですが、今では世界大会で優勝し自分の力でしっかり稼いでいる髙梨沙羅選手を擁護する人の方が多いようです。

 

高梨沙羅選手の年収や愛車のベンツの価格は衝撃でしたが、これだけ稼ぐことができているということは高梨選手が今までトップアスリートとしての努力を続けてきた結果ですよね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2022 All Rights Reserved.