平塚正幸のwikiプロフィール!学歴や経歴もチェック!!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2020東京都知事選が近づいてきて、過去最高の22人の候補が立候補する事になりました。

 

個人的な感想としては、とても個性的な方が多い印象ですが、その中でも平塚正幸さんの主張はとても個性的だと思います。

 

その主張な内容とは、「コロナは風邪」というものです。

 

かなり賛否が分かれそうな主張ですが、とても気になってしまったので、今回は平塚正幸さんのwikiプロフィール、経歴と学歴についてふれていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

平塚正幸のwikiプロフィール!

 

 

  • 名前  :平塚正幸(ひらつかまさゆき)
  • 生年月日:非公開、2020年時点で38歳
  • 出身地 :千葉県船橋市
  • 活動家名:さゆふらっとまうんど
  • 職業  :ジャーナリスト、ブロガー、youtuber、社会活動家

 

平塚正幸さんは、さゆふらっとまうんどという名前で活動していて、ブログやYouTubeでの発信もしています。

 

2020年6月時点でのYouTubeチャンネル登録者数は約2万5千人とかなりの数の登録者がいます。

 

世の中の真実を追求し始める活動を始めたきっかけは『東日本大震災』で、『社会の不条理を大衆に伝えていかなければいけない』と思うようになった事から、2014年1月1日に『社会活動家さゆふらっとまうんど』として活動するようになります。

 

とても独特な活動家名ですが、平塚さんは自身のホームページでこのように説明しています。

 

【生】という事象は、同時に【死】というリミット(期限)を意味します

【生】と言う限られた時間は「この世に生まれてきた意味を見つけ出し実行する時間」だと思っています。そしてそこには唯一無二、個人としての【正しさと幸せ】が内包していなければならず、しかし同時に【正しさと幸せ】は決して利己的であってはならず、宇宙単位の抽象度でなければならないと思っています

今この地球上の生命体は「この世に生まれてきた意味を見つけ実行する」という過程において与えられる【恩恵】が、生まれた【場所】によって左右される。
それは【良】への自然淘汰を越えて一部の人類が私欲で意図的な不平等が強いられている惑星です
その事実に私は生まれた時から違和感を覚えていました

地球のどこの場所や誰の下に生まれたのかによって天国と地獄という惑星ではなく、生まれた生命には【己の生きる使命を見つけ出せる機会、権利、恩恵、生活が担保され与えられる事が当たり前であり、全う出来る世界、そしてこれらを当たり前の事として心の景色が描かれている成熟した生命体が権力を握る惑星】に変えるのが私の使命だと思っています

これらが私の名前に集約されています

【世界を「フラット、FLAT」な「マウンド、MOUND」に変え、未来に受け渡すこと事】それが私が現代に生かされている使命だと自負しています
そして【正しさと幸せ】には【中庸=無限=宇宙】という先ほど申し上げた概念も内包しなければいけない、それを表す為に真ん中をとって「さゆ」

命尽きるときには、「さ」と「ゆ」の間に存在する、音にならない「景色」を皆の心に残せたとき息絶えられたらと願う

引用元:http://sayuflatmound.com/?page_id=62

 

かなりよく考えて決めた名前なんですね。

 

スポンサーリンク

平塚正幸の学歴は?

 

 

平塚正幸さんの学歴について調べてみると、『学歴詐称』といったキーワードがあります。

 

この件について、平塚正幸さんがYouTubeで説明しているのでご覧頂けたらと思います↓↓

 

 

学歴詐称といった噂があがってしまった理由としては、フェイスブックに登録した際に『中退』といった選択肢が無かったので取り合えず卒業を選んでしまったという事でした。

 

個人的な感想ですが、かなり執着が強いアンチに攻撃されても、これだけ真摯にご自身の疑惑について説明している平塚さんは立派だと思いました。

 

こちらも気になる平塚正幸情報⇒平塚正幸の自宅はどこ?ユニクロ騒動もとっても気になる!

 

スポンサーリンク

平塚正幸の経歴

 

 

平塚正幸さんは主にブログやYouTubeなどで、社会で起こった事についてご自身の見解を述べるスタイルで発信をしています。

 

問題になる動画などは複数削除されてしまったようですが、ご自身のブログではその動画を公開しています。

 

2019年には、NHKから国民を守る党の公認で、千葉選挙区で参議院議員選挙に出馬しましたが、89941票もの票を獲得するも落選しています。

 

政策として挙げている内容は、

 

  • 派遣労働禁止
  • 消費税廃止
  • 中小企業優遇措置(大企業への課税含)
  • 結婚出産への多額給付
  • 晩婚化への社会設計・社会通念・常識の排除
  • 婚姻年齢を16歳に戻す
  • 育児の義務化教育
  • 子育て後の社会復帰への補償

 

こういったものを挙げています。

 

しかし一番インパクトがあるのは、やはり『コロナは風邪』ですね。

 

この主張に関しては、今後選挙活動をしていく中で意図が聞けるかもしれませんね。

 

波紋を呼んでいるクラスターフェスについてはこちら⇒クラスターフェスとは何?国民主権党の平塚代表の狙いとは?

 

スポンサーリンク

平塚正幸のwikiプロフィール!学歴や経歴もチェック!!まとめ!

 

いかがだったでしょうか?

 

『コロナは風邪』などの個性的な主張をする平塚正幸さんだけに、アンチが多く困っているようですね。

 

それだけアンチが多いにもかかわらず、都知事選に出馬するところなどはかなりのメンタルの持ち主かと思います。

 

都知事選の当選は厳しいかもしれませんが、個性的な活動を頑張っている平塚正幸さんを応援したいですね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.