芦田愛菜の高校は慶應で成績は?医学部を目指していて部活は何部?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

芦田愛菜が通う高校は慶應で、成績も良い、部活はマニアックな「アレ」で大学は医学部を目指している…2009年に子役デビューを果たし、大人顔負けの演技力とかわいらしさで大人気になった芦田愛菜さん。

 

今や高校生になり子役のときの面影はありませんが、少女らしいかわらしさは今でも健在。そんな彼女について「努力家であり才女である」という噂が広まっているのをご存知でしょうか。

 

最近ではNHK大河ドラマ「麒麟が来る」に出演した彼女は現在、慶應義塾女子高等学校に在籍していると言われています。2020年4月に高校生になった芦田愛菜さんは、将来についての目標がすでに決まっていて、目標に向かって努力を重ねているそうです。

 

その目標は芸能界ではないようですが、なかなか難しい道を選んでがんばっている様子。

 

芸能人とは言え芦田愛菜さんの在学する学校や将来についてはプライベートな話ですから、いま彼女が何を考え、何を目指しているのかといったくわしい話は中々出てきません。

 

とは言え、ファンなら将来どうするんだろう?と思うのも当たり前ですよね。知名度の高い女優さんですから、気になる人がいてもおかしくはありません。

 

果たして芦田愛菜さんは今どうしていて何を目標にしているのか?なぜ難関と言われる慶應義塾女子高等学校を選んだのか。

 

色々と言われている噂は本当なのか…芦田愛菜さんについて気になる噂、全部調べてきました!実は探せば意外と情報が出回っているのですが、出回りすぎて少しわかりにくい状態になっているので、コレを見れば芦田愛菜さんの今がわかります!

 

慶應に入学した理由から、高校の成績、部活、医学部に行くのかなどの情報を、今の時点でわかる限り全てお伝えします!芦田愛菜さんが好きなファンなら気になる情報をまとめていますので、ぜひ最後までお付き合いください!

 

スポンサーリンク

芦田愛菜の高校は慶應で成績は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

芦田愛菜(@a_mana_official)がシェアした投稿

芦田愛菜さんについて、いま言われているのは学校が慶應だということ、成績も良いらしいということですが… 実際にわかっていることは学校と、これまでの学歴です。

 

成績については個人情報になるので教科ごとの点数や評価などは一切わかりませんが、成績が読み取れる情報はあるので、それを元に調べてみます!

 

まず学校ですが、現在芦田愛菜さんが慶應義塾女子高等学校に在校しているというのは事実のようです!

 

学歴からお話すると、小学校は東京都の荒川区立第一日暮里小学校でした。元々兵庫県に住んでいましたが、小学校入学のために上京し小学校入学の時には芸能活動もしていたようです。

小学校卒業後は私立中学への進学のため、難関と言われる私立中学を分かっているだけで5校受験しています。

 

驚きなのが、難関と言われる私立中学を5校受験して、そのすべてに合格しているということ!受験した学校は慶應義塾中等部、桜蔭中学校や渋谷教育学園中学校などで、どこも偏差値70超えの超難関校です!恐ろしい…

 

そんな難関中学校を次々と受験し、合格した芦田愛菜さんは、最終的に慶應義塾中等部を選択。2020年3月に無事卒業し、同年4月に慶應義塾中等部から、同じ慶應系列である慶應義塾女子高等学校へと進学しました。

 

いわゆる同系列学校での「エスカレーター進学」というものですが、慶應義塾中等部の生徒はほとんどが系列校へ進学するそうなので、芦田愛菜さんもそのまま系列高校へと進学したのでしょう。

 

慶應義塾女子高等学校は偏差値77で、全国の高校の偏差値ランキングで8位という超難関高校!かなりの実力がないと入学できないことがわかります。慶應義塾中等部の偏差値が76なので、エスカレーター進学と言っても、成績優秀であることがわかりますね!

 

芦田愛菜の成績は努力の結晶!

 

この投稿をInstagramで見る

 

芦田愛菜(@a_mana_official)がシェアした投稿

芦田愛菜さんが通っている慶應義塾女子高等学校は偏差値77の超難関校です。。日本国内の高校としては上位8位という、かなりの学力がなければ入学できない難関校であることは間違いありません。そんな学校に入学できてしまう時点で成績が良いだろうなとは思うのですが…残念ながら、芦田愛菜さんの成績はわからないのです。

芦田愛菜さんの成績が良いことだけはほぼ間違いないことですが、学校の成績は外部に漏れることが少ないので予想するしかありません。

 

ただ、今分かっている情報だけでも芦田愛菜さんの成績が良いことはかんたんに想像できます。偏差値77の進学校に入学できるのですかしただけでもすごいのですが、その影には彼女の長い努力があるようです!

 

芦田愛菜さんは、子役として活躍している時から努力を続け、今の力を身に着けたみたいです。忙しい芸能活動を続けながら、しっかりと勉強し、毎月60冊の本を読み、塾にも通う努力を続けて名門学校に入学しています。大人でもかなり難しい努力を子供の頃から続けられる意志の強さは見習いたいところ。まさに「努力の結晶」です。

 

今、芦田愛菜さんは芸能活動もしていますが、学業を優先する活動に切り替えています。NHK大河ドラマ「麒麟が来る」への出演はありましたが、重視しているのはあくまで勉学。

 

彼女ほどの実力のある女優さんなら、芸能活動でも十分やっていけると思のですが…素人の考えかもしれませんが、芦田愛菜という女優のファンなら、誰でもそう思うはずです。

 

芸能活動でも成功を収め、成績も優秀である芦田愛菜が勉強をする理由とは?そして、なぜ慶應という難関を目指し入学したのか?その答えは、彼女が今の時点では芸能活動を続けたいという意思と、将来的に目指すものが具体的に形になっているからかもしれません!

 

芦田愛菜はなぜ慶應を選んだのか?

芦田愛菜さんは芸能活動よりも勉学を優先しているようですが、芸能活動自体はまだ続ける意思があるようです。

 

そこで問題になるのが学校との両立。偏差値の高い学校ですから、芸能活動を抑え気味にしたとしても勉強についていくのはかなり難しいはずです。芦田愛菜さんが慶應を選んだ理由は、ここにあると言われています。

慶應義塾大学系の学校は芸能活動の両立に理解ある、または両立が出来るような都合が付きやすいことが大きな要因みたいです。前例として嵐の櫻井翔さんも慶應義塾大学系の学校に通いながら芸能活動を行っていましたから、芦田愛菜さんにとっては自分の思う通りの活動ができる学校に見えたのでしょう。

 

いくら芸能活動がしやすい学校であるとは言え、そこは名門学校。しっかり勉強しないと入学はできません。入念に勉強し努力を積み重ねなければならず、子役として活躍していた芦田愛菜さんにとって、厳しい状態であったはず。さらに入学後も勉強を続けないと進級すらままなりません。完全にイバラの道です。

 

学業優先にすれば、芸能活動はある程度抑えられることになります。とは言え、それでも10代の女の子には厳しいものです。いまの芦田愛菜さんが自分の望む道を歩んでいるのは、彼女の意思の強さがなし得たものだと思います。今、芦田愛菜さんは求めている将来に向かって頑張っているのでしょう。目にする機会が減るのは残念ですが、ファンとしては応援するしかありませんね!

 

慶應義塾女子高等学校という名門高校で、自分の夢に向かって頑張り続けている芦田愛菜さん。彼女が見ている夢は一体なんなのか、気になりますよね。実は、彼女が中学生になる時に抱いている夢をテレビ番組の取材で明らかにしているのです!当時12歳だった芦田愛菜さんは、16歳になった今でもその夢に向かっているなんて、なんだか素敵ですよね!

 

では、もっと突っ込んだ話をしましょう。そうです、芦田愛菜さんは一体どんな夢に向かってがんばっているのか!?気になるその夢とは、頭のいい人ならではの大きな夢でした!

 

芦田愛菜の目指す将来の夢とは!?

芦田愛菜さんが目指すもの。それは「医師」です!正確には「病理医」という病気の進行などを調べる専門医を目指しているようで、そのために努力を続けているとのこと。芦田愛菜さんが12歳の時、テレビ番組に出演して将来の夢を語っている場面があるのですが、その時にはもう医学系を目指していたようです。

12歳当時の芦田愛菜さんは、すでに「病理医」を目指していると話していました。医学を志すきっかけになったのは、2016年に放送されたドラマ「フラジャイル」。

 

長瀬智也さん主演の病理医が主役のドラマです。病理医は病院内の裏方のような存在で、主に病気の進行度を判断し、治療方針の指針を決める情報を提供する仕事です。

 

医療の現場では重要な役割をもつ病理医は、直接患者の治療は行いません。でも、治療を行う主治医に必要な情報を提供するという重要な役割を持つため、人知れず人の命を救っています。芦田愛菜さんは、そんな見えない所で命を救う人々に感銘を受けたのかもしれませんね!

 

当然ですが、芦田愛菜さんが目指す病理医になるには大学の医学部に進学しなければなりません。医学部への進学には当然、学力が必要になります。そして、芦田愛菜さんは夢を叶えるため、慶應義塾大学医学部に内部進学をしたいと考えているそうです。

 

ところが、慶應義塾女子高等学校から慶應義塾大学区医学部への内部進学には学年5位に入るほどの好成績が必要らしく…ただでさえ優秀な生徒が集まる学校で5位以内なんて、とんでもない目標ですよ!でも多分、芦田愛菜さんならやり遂げてしまいそうですね!

 

スポンサーリンク

医学部を目指していて部活は何部?

芦田愛菜さんが最終的に医学部を目指しているのはわかりました!が、最終的には京都大学医学部も視野に入っているようで、どちらにしても医学部としてはかなり難しい所を目標にしています。

 

医師を目指すだけで大変な努力が必要なのに、その中でも選ばれた人しか入れないような難関大学を最終的に目指すなんて、どこまで優秀な女性なんでしょうか!

まだ芦田愛菜さんは16歳ですが、物の考え方はもう立派に大人です!こんな子が医師になったら、ルックスも技術も優れた医師になるのでしょうね!最も、彼女が目指す病理医は患者と接触する機会は殆どなさそうなので、もし病理医になっても、私達がお会いすることはなさそうです。残念!

 

元々芸能人ですからね、ファンである私達とは住む世界が違います。でも、芦田愛菜さんのファンであれば、彼女が目指す将来を手に入れてほしいと願うのは当たり前!努力家の芦田愛菜さんですから、今はあまりテレビなどで見ることがなくとも、医師になってひょっこりと成長した姿を見せてくれることでしょう!

 

さて、自分の将来のためにかなりのイバラの道を歩んでいる芦田愛菜さんですが、部活についてはちょっと意外な部活をしているのを知っていますか?かなりマイナー、というか部活としてそれがあること自体珍しいのかも?

 

その部活とは、なんと「マンドリン部」!あまり聞いたことがない部活ですが…はたして、マンドリン部とはどんな部活なのか!本当に芦田愛菜さんはマンドリン部だったのか?!ちょっと調べてみました!

 

芦田愛菜が入部していた?「マンドリン部」とは!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

芦田愛菜Fan Page(@2004manachan623)がシェアした投稿

マンドリンとはイタリア発祥の弦楽器の一種で、ギターによく似ています。いくつかの種類がありますが、芦田愛菜さんが演奏していたマンドリンの種類まではわかりませんでしたが、慶應義塾中等部からマンドリン部に入部していたのは間違いないようです。なかなか珍しい部活ですが、そんな部活が慶應義塾中等部という名門学校に存在することも驚きです!

高校生になった芦田愛菜さんがマンドリン部に所属しているかはわかりませんが、今在学中の慶應義塾女子高等学校にもマンドリンクラブという部活があるようなので、芦田愛菜さんが慶應義塾女子高等学校のマンドリンクラブに所属している可能性は十分にあります!

 

実は慶應義塾女子高等学校のマンドリンクラブは有名のようで、「全国ギター・マンドリンフェスティバル」というコンクールに出場するほどの実力があるのだとか。合宿も行われているようで、中等部と高等部での合同合宿をしているようです。!

 

もしそうなら、高校生となった芦田愛菜さんがマンドリンクラブに所属している可能性はかなり高いと思います。中等部と高等部の部活で交流があるのなら、先輩後輩のつながりで部活を続けやすいでしょうからね。もしかしたら、芦田愛菜さんもコンクールに出場していたのかも!

 

慶應義塾のマンドリンクラブは演奏動画の公開もしているようなので、マンドリンを演奏する芦田愛菜さんをみられるかも!?と、思ったのですが、残念ながら慶應義塾女子高等学校の動画はプライバシー保護を理由に公開していないようです。こういう時代ですからね、特に人気女優である芦田愛菜さんですから、学校側の配慮なのでしょう。

 

みつけた!芦田愛菜のマンドリン演奏!

 

マンドリン部に所属していた芦田愛菜さんですが、テレビでその腕前を披露していました!回数は少ないのですが、2019年の1月2日、お正月番組で高嶋ちさ子さんとの協奏し、かなりの腕前を見せつけています!日本の代表的なヴァイオリニストである高嶋ちさ子さんとの演奏ができる時点で、その腕前はかなりのもの。本当に何でも出来るんですね!

これが才能なんだろうなと思いながら、ここである疑問が。芦田愛菜さんが目指しているのは病理医で、慶應義塾女子高等学校で内部進学、つまり特待生枠で慶應義塾大学医学部への進学を目指しているということは、かなりの難易度なんです。そんな難しいことを実現させようとしているのに、マンドリンの技術もすごい。

 

惜しむ間もなく勉強しているはずなのに、マンドリンでもこの技術。そして芸能活動。本当にすごい。そのパワーはどこから来るのかと思ってしまいますが、夢を叶えたいという思いが原動力になっているのでしょうね。まだ10代なのに、本当に恐れ入ります!

 

マンドリンの演奏は他にも、2017年にテレビ朝日の番組「徹子の部屋」でも披露していました!2017年当時、まだ芦田愛菜さんは中学生なのですが、この時はマンドリン部に入部したばかり。でも、その腕前はかなりのものでした!

 

中学に入る前から練習していたとしか思えないその技術に驚きですが、中学でも部活に入るなんて、マンドリンが好きだということがわかります。本当に何でも出来る芦田愛菜さん。これからも夢に向かって一直線に走ってほしいものです!

 

芦田愛菜の今後はどうなるの?

 

病理医を目指して頑張っている芦田愛菜さんですが、ご本人は医師と女優の両立を目指しているそうです。なかなか難しいのですが、前例として医師でありタレントでもある西川史子先生もいるので、無理ではないと思います。

 

ただ、芦田愛菜さんはまだ医師を目指している卵なので、この先しばらくは見られなくなるかもしれません。

理由は医師になるための勉強期間が長い、万が一医学部に入れなかった場合浪人することになる、国家試験に合格しても、その先研修が必要になること。医師を目指す以上、これらは絶対に避けられない「道」と「可能性」なのです。

 

まず、いま芦田愛菜さんは高校1年生です。卒業は3年後で、ストレートで医学部に入学し留年なしで卒業すると仮定すると、少なくとも9年はかかります。高校生の時はまだ時間的余裕はあるかもしれませんが、医学生になれば時間的にも追い詰められることに。

 

医学部は6年制なので、この間はみっちり勉強することになるため恐らくは芸能活動は全くできないはず。さらに医師になったとしても、その後は研修というものが待っています。この研修も必ず通らなければならない道です。

 

研修は初期研修と後期研修に分かれていて、試験に合格した新人の医師は2年間の初期研修と、3年から4年の後期研修をこなさなければなりません。18歳で医学部に入っても、医師として表に出られるのは30歳前後。この間、芸能活動ができるような時間はまず無いと思います。

 

ただ、医学部の人はその多くが部活に入るとのことなので、ここで時間を調整できれば、芦田愛菜さんをテレビなどでみられる機会はあるかもしれません!とは言え、彼女が夢に向かって歩んでいるのですから、1ファンとしては待ち続けることを選びます!

 

いつかきっと、医師として、女優として成長した姿を見せてくれることでしょう!その時が楽しみですね!

 

スポンサーリンク

芦田愛菜の高校は慶應で成績は?医学部を目指していて部活は何部?まとめ!

 

芦田愛菜さんは、現在超難関高校「慶應義塾女子高等学校」の1年生です!部活はおそらく中学から続けているマンドリン部で、大学進学に向けて芸能活動を抑えながら頑張っています!目指しているのは医学の道で、ドラマ「フラジャイル」に影響され「病理医」を目指しています。

https://twitter.com/chi_chan_hoshi/status/1341464606271655936

成績はとても優秀であることを予想させるほど頭脳明晰で、かなりの努力家です。読書家でもあり、小学生から中学生ごろまでは月に60冊、現在は年間に役300冊の本を読むほどの「本の虫」。読書家になったのは父親の影響が強いようです。

 

進学したい大学は慶應義塾大学医学部で、成績上位者しか得られない特定制枠での進学を希望しているようですが、希望が通る位の成績は十分にあるようです。成績優秀であるため、医学部としては同じく難関と言われる京都大学医学部も視野に入っているとか。

 

部活は「マンドリン部」で、中学のときに入部。慶應義塾女子高等学校にもマンダリンクラブが存在するので、高校生になった今でもマンドリン部に所属している可能性があります。腕前はかなりのもので、徹子の部屋やお正月番組で高嶋ちさ子さんとの協奏も披露しました。

 

芦田愛菜さんは最終的に医師と女優の両立を目指していますが、医師として一人前になるためには、高校卒業後最短で医学部6年、研修6年が必要なので、その間はテレビなどで見る機会は少なくなりそうです。特に研修はかなりの多忙になるので、その間は芸能活動はまず不可能だと思います。

 

とは言え、努力家の芦田愛菜さんですから、夢を叶えて必ず医師であり女優として、また元気な姿を見せてくれることでしょう!がんばれ、芦田愛菜さん!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.