検察庁法改正案の問題点は?サンデーモーニングで分かりやすく解説!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今ネット上で凄まじい反響になっている話題があります。

 

その話題とは『検察庁法改正案に抗議します』といったツイートが間もなく200万ツイートになろうとしているというものです。

 

私も普段からツイッターを利用していますが、普段は1万ツイートあれば十分トレンド入りなので、この話題に関しては何とその200倍とその凄まじさが分かります。

 

この内容について、今朝放送の『サンデーモーニング』で分かりやすく解説していたので、はじめて話題を知った方向けにまとめてみました。

 

スポンサーリンク

検察庁法改正案の問題点は?サンデーモーニングで分かりやすく解説!

 

内容をまとめると、本来は定年で退職する検察長を辞めさせたくないから、任期延長を可能にする法案を作ろうというもののようです。

 

しかも、通常63歳で役職定年を迎えるところ、内閣の承認次第で65歳まで延長できるようにしてしまうといった内容です。

 

これはさすがに内閣のお気に入りかそうでないかで人事が変わってしまう恐れがあるので、俗にいう『検察の私物化』に繋がりかねない問題かもしれませんね。

 

では注目のネットの声を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

ネットの声は?

 

この他にも「今はコロナ対策に集中して欲しい」といった声も多く、今後さらに反響を呼びそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

これだけ大きな話題になっていますからこの問題は長く続きそうですね。

 

検察長の名前も出てしまっているので、ご本人さんもやりずらいのではないでしょうか。

 

重要な問題なので、今後も注視していきたいですね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.