韓国ビザの厳格化で何が変わる?報復措置にネットは大喝采!!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2020年7月25日、政府が韓国を対象とした査証(ビザ)発給条件の厳格化と駐韓大使の一時帰国を選択肢としている事が分かった。

 

これは、韓国の徴用工訴訟に対しての当然な対抗措置で、ネット上では賛成する意見が大多数です。

 

個人的には、理不尽の塊ともいえる韓国の対応に対しては、もっと厳しい対応をすべきと思っていますが、少しずつでも動き出したのはとても良い事です。

 

そこで今回は、韓国ビザの厳格化で実際に何が変わるのか?やこの報復措置に対するネットの反応をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

韓国ビザの厳格化で何が変わる?

 

今回の韓国ビザ厳格化についてお話する前に、そもそも『ビザ』とは何かについて説明します。

 

ビザとは別名査証(さしょう)とも言われていて、一言で言うと入国許可証のようなものです。

 

例を挙げると、日本に入国したい韓国人がいたとして、その韓国人を入国させても良いか審査し、問題なければ発行されるのがビザになります。

 

つまり、ビザの厳格化というのは、日本に入国する際の審査を厳しくする事という事になります。

 

今現在の両国の関係を見て見ても、まだまだ全然甘すぎる措置だとは思いますが、徴用工問題に対する外交カードとしてはとりあえずありなのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

報復措置にネットは大喝采!!

 

この措置に対して、ネットでは肯定的な意見や、もっと踏み込んだ措置をといった声がほとんどでした。

 

ネット上をかなりたくさんリサーチしてきましたが、95%以上はこのような声ばかりでした。

 

個人的にも今回の対応は当然だし、全然ぬる過ぎる対応だと思っています。

 

スポンサーリンク

韓国ビザの厳格化で何が変わる?報復措置にネットは大喝采!!まとめ!

 

今回の対応にとどまらず、もっと厳しい措置を期待したい所です。

 

さすがに韓国の理不尽さは限度を超えていて、まともに話せる相手ではない事は明らかです。

 

若者同士だったり、個人的な繋がりはあってもいいと思いますが、これ以上舐められてはいけないレベルに来ていますね。

 

是非より一層厳しい対応を期待したい所です。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.