稲垣来泉はあざといって本当?性格や評判を調査した!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

稲垣来泉さんは、2022年4月11日から放送が始まったNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』の主人公、比嘉暢子の幼少期役として出演し注目を集めている子役女優です。

 

稲垣さんはとてもかわいい容姿をしており、その愛くるしい笑顔や姿、また元気いっぱいな子供らしい姿から癒される人が続出しており、とても人気の高い子役である事がわかります。

 

彼女はTwitterやインスタなどのSNSでたくさんの画像を投稿しており、子役として撮影されている画像はもちろん、プライベートの画像もアップされているので、仕事以外の子供らしい姿を見ることができるのでとても癒されます。

 

そんなかわいく人気が高い子役と言われる一方で、「あざとい」といったネガティブともいえる噂を時折目にすることがあるので、「本当にあざといの?」と気になる人は多いのではないでしょうか。

 

また、本当にあざといのかそうではないのか気になるところですが、「あざとい」以外の性格や評判もどういったものなのか気になる人が多いと思います。

 

性格の面や、稲垣さんと共演している俳優さんやスタッフの方たちの評価や、彼女の出演している作品を見た視聴者からの評価がどういったものなのかも調査してきましたので紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

稲垣来泉はあざといって本当?

 

この投稿をInstagramで見る

 

稲垣来泉 公式(@kurumi_inagaki)がシェアした投稿

とてもかわいい稲垣さんですが、「あざとい」といったネガティブな噂が浮上しているので本当のところ、あざといのかそうでないのか調査してきました。

 

調査のしてみたところ、稲垣さんを見る人の受け取り方や感じ方によっては、あざとく見えてしまう一面があるということが分かりました。

 

子供らしくてかわいく微笑ましい姿だと言える一面も、見る人によってはあざとく見えてしまうものなので「あざとい」と言われるのは半ば仕方がないのかもしれません。

 

「あざとい」という言葉の中には「羨ましい」と言った意味も少なからず含まれるため、かわいすぎる上にたくさんの著名人に可愛がられる彼女のことを少し妬んでしまう人もいるはずです。

 

かわいいものが好きだけど、かわいすぎてチヤホヤされているのを見るのは好きじゃないと感じる人はたくさんいると思うので、かわいい稲垣さんに嫉妬してしまうことも仕方がないことだと私は思います。

 

またこの調査をしていると、「あざとい」一面とともに「生意気」と言ったさらにネガティブな噂まで出てきてとても気になったので、この噂は本当なのか調べてきました。

 

稲垣来泉があざといと言われる理由は?

人気子役の稲垣さんは、一部の方から「あざとい」と言われていますが、見る人によってはかわいく見えるところも、他の人から見ればあざとく見えてしまう可能性があるということがわかりました。

 

どうしてあざとく見えるのかというと、稲垣さんはこれまで数々のテレビドラマや映画に出演されていて、その様々な作品でたくさんの俳優さんたちとも共演しています。

 

稲垣さんが出演している作品の中でもテレビドラマ『TWO WEEKS』では三浦春馬さんと、映画『糸』では菅田将暉さんなどイケメン俳優と呼ばれる方々と共演していました。

 

テレビドラマ『TWO WEEKS』の放送が始まったのは2019年7月16日で、映画『糸』が公開されたのは2020年8月21日でしたが撮影は2019年辺りに行われていたと思われ、その当時稲垣さんは8歳でした。

 

『糸』で共演中の菅田さんに「抱っこ!抱っこ!」とおねだりしていたようで、『TWO WEEKS』の撮影中に三浦さんにも「抱っこ!」と甘えていたようです。

 

小さくてかわいい稲垣さんに三浦さんや菅田さんはメロメロだったようなので、抱っこしてほしいとお願いされたら断れないしむしろ叶えてあげたいと思ってしまいますよね。

 

かわいくお願いする姿から女としてのあざとさが見えてしまっている、羨ましいと感じた人が少なからずいて、そこから「あざとい」と言われるようになったのだと思われます。

 

稲垣来泉は生意気?

 

この投稿をInstagramで見る

 

稲垣来泉 公式(@kurumi_inagaki)がシェアした投稿

稲垣さんを調べていると「あざとい」の他にも「生意気」といったネガティブなワードを見かけ、どうしてそのように言われているのか気になったのでそちらも調べてきました。

 

稲垣さんはフジテレビの人気番組『逃走中』に出演していて、この番組は限られたエリアの中を、ハンターと呼ばれる鬼ごっこのようなとても足の速い鬼役から逃げるゲームで、そのハンターから逃げた時間に応じて賞金を獲得できるようなルールになっています。

 

逃走中では、逃走者つまり逃げる役の人にミッションと呼ばれる指令が与えられ、このミッションをクリアすることでゲームを有利に進めることができますが、失敗すると逃走成功は難しくなってきます。

 

ミッションをクリアするためには行動を起こす必要があるためハンターに見つかる可能性が高くなり、クリアする前に捕まってしまうこともあり得るので、ミッションに挑むか挑まないかは逃走者が自由に決められるようになっています。

 

出演者によって「ハイリスクハイリターンなミッションに挑むタイプ」と「静かに隠れて逃げ切るタイプ」に分かれますが、稲垣さんはミッションに挑むタイプでした。

 

お笑い芸人おいでやすこの小田さんも一緒に出演していて、彼は隠れるタイプだったのですが、稲垣さんが小田さんに向かって「そうやってずっと隠れてて恥ずかしくないんですか?」、「ビビって隠れてるんですか?」と言ったようです。

 

この稲垣さんの発言に小田さんは「なんじゃい!」「そういうゲームやろ!」といつものような絶叫ツッコミで返し、そのあとに捕まってしまった稲垣さんのために小田さんがミッションに参加するといった友情溢れる胸熱展開が起こったものの、年上の人に向かってそんな発言をするのはどうかと思った番組視聴者から「生意気」だと言われるようになったのだと思います。

 

逃走成功するためには果敢にミッションに挑みゲームを有利に進めたいし、できるだけ多くの逃走者で力を合わせてリスクを分散させミッションに挑みたいという気持ちはわかりますが、年上かつ芸歴の長い目上の人に対してそのような発言をするのは良くないと感じますね。

 

スポンサーリンク

性格や評判を調査!

 

この投稿をInstagramで見る

 

稲垣来泉 公式(@kurumi_inagaki)がシェアした投稿

先述ではネガティブな一面を紹介しましたが、「あざとい」という面は「かわいい、微笑ましい」と紙一重であり、見る人によってどちらに見えるかは変わってくると思います。

 

あざとく見えてしまうのは、かわいすぎるがゆえに稲垣さんを羨ましいと思ってしまう人からの嫉妬とも呼べる感情のせいだと言えるので、ポジティブに受け取れば稲垣さんは誰もがかわいいと思ってしまうような容姿と性格をしているのだと言えます。

 

また「生意気」という面でも、よく言えば自分の意思をはっきりと伝えることのできる性格だと取ることもできますが、こちらも受け取り方次第で良くも悪くも見えるということになりますね。

 

「あざとい」、「生意気」だと言われてしまう部分はあるもののネット上ではやはり「かわいすぎる」、「応援しています」といった意見が多くみられ、たくさんのファンの方々からも愛されているので稲垣さんにはめげずに頑張り続けていただきたいなと思います。

 

上記でこういった性格がわかった一方で、まだ紹介しきれていない彼女の性格や一面もあるので、ぜひ知っていただければと思いそちらも詳しく紹介させていただこうと思います。

 

性格だけではなく、稲垣さんはたくさんの作品や番組に出演している子役タレントなので評判はどのようなものなのかも気になってしまうと思うのでそちらも紹介していきます。

 

稲垣来泉の性格は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

稲垣来泉 公式(@kurumi_inagaki)がシェアした投稿

稲垣さんの性格は、共演者の大物俳優さんたちとも仲良くしていることがTwitterやインスタの投稿からわかっているため、とても人懐っこい性格であるのではないかと思われます。

 

共演者の、菅野美穂さんや石原さとみさん、比嘉愛実さんなど有名女優の方々とも仲良くしている画像も多く見られ、男性だけではなく女性の方々もメロメロにしているようでした。

 

石原さんは稲垣さんの第一印象を「この子が笑えば世の中、全員が笑うんじゃないかなと思うくらいハッピーな子だった」とコメントしていることからも、明るく人懐っこい性格なのだとうかがえます。

 

また、インスタでは同じ子役として活動されている子とも仲良くしている画像やコメントなどの投稿も見られるため、大人だけではなく同年代の子たちとも打ち解けている様子です。

 

稲垣さんは家族とも仲良く楽しく暮らしているようで、家族でお出かけをしたり、家でDIYや料理をしたり、クリスマスなどの季節のイベントを楽しんだりと家族に大切にされている様子や家族を大切にしているところから家族思いである事もわかります。

 

明るく人懐っこい性格で愛情や物事をストレートに表現できるところが彼女の魅力で、そんな性格とかわいい容姿に癒される人が多いのだと感じました。

 

稲垣来泉の評判は?

稲垣さんの性格は「明るく人懐っこい性格」だとわかっていただけたと思いますが、彼女の子役としての評判はどういったものなのか詳しく説明していきたいと思います。

 

稲垣さんは2015年頃から芸能活動を開始し、2019年に放送が始まった『TWO WEEKS』の物語で重要な鍵を握る青柳はな役を演じ、世間からの注目を集めるようになりました。

 

青柳はなは、三浦春馬さん演じる結城大地と比嘉愛実さん演じる青柳すみれの間に生まれた娘で、急性リンパ性白血病を患っている女の子でしたが、稲垣さんは高い演技力で青柳はなを演じきりました。

 

『TWO WEEKS』はオーディションが行われ、約100人の子役の中から稲垣さんは選ばれており、その演技力は折り紙付きだとも言えるので、稲垣さんは天才子役ともいわれています。

 

『TWO WEEKS』のプロデューサー、岡光寛子さんは「人懐っこさ、子供っぽい笑顔、だけど芝居になると卓越した演技力を持つ彼女は、現場でもみんなを虜にしています」と語られていました。

 

稲垣さんは高い演技力を持っており、ドラマや映画を見た視聴者のみならず、同じ作品の出演者やプロデューサーからも子役として高く評価をしていることがわかりました。

 

スポンサーリンク

稲垣来泉はあざといって本当?性格や評判を調査!まとめ!

 

子役として活躍されている稲垣来泉さんですが、共演していたイケメン俳優の方に甘える姿が「あざとい」と言われる原因になっていることがわかったと思います。

 

この甘える姿を「子供らしくてかわいい、微笑ましい」と受け取るのか、「子供としてではなく女として甘えている」と受け取るのかであざとく感じるか感じないかは変わってくるのではないのでしょうか。

 

また、稲垣さんのおいでやすこの小田さんに対する発言が、「目上の大人に向かってそのような発言をするのはどうなのか」と番組視聴者の一部から反感を買い「生意気」だと言われる原因になってしまったと言えます。

 

稲垣さんは明るく人懐っこい性格で、相手に愛情や思ったことを素直に表現できるところが彼女の魅力であると同時に、そのまっすぐすぎた言葉が大人には少し生意気に思えたのではないでしょうか。

 

天才子役と呼ばれるほどの演技力を持つ稲垣さんは、かわいい容姿だけではなくその確かな実力でドラマや映画などの作品を見た視聴者やその作品の共演者、プロデューサーなどの関係者から高く評価されていることがわかりました。

 

様々な作品を経て、稲垣さんはキーパーソンや主役としても出演することが増えてきたため、これからの活躍に期待するほか引き続き注目していきたいものですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2022 All Rights Reserved.