2020年7月の九州豪雨は何故起きた?台風より怖い線状降水帯とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2020年7月、丁度この記事を書いている真っ最中も、線状降水帯による九州豪雨が起きています。

 

今回のニュースを聞いて、「台風はまだ来ていないのに何でこんなに凄い豪雨被害が出てしまったの?」とお感じになられている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、この記事を書いている2020年7月7日時点の豪雨の状況と、最近よく聞く線状降水帯について解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

2020年7月の九州豪雨は何故起きた?

 

活発な梅雨前線による線状降水帯が発生し、ここ数日間記録的な豪雨が続いています。

 

きょうも活発な梅雨前線が日本付近に停滞し、暖かく湿った空気が流れ込んでいる。  午前5時現在、九州から東北にかけて広く雨雲がかかっており、特に九州北部に活発な雨雲がかかり続けている。  このあとも広い範囲で雨となり、雷を伴う所もありそうだ。  東日本や西日本にかけては次から次へと活発な雨雲が流れ込み、同じような所で雨が続くことが予想される。非常に激しい雨や、場所によっては猛烈な雨が降る所もありそうだ。  特に九州や四国ではこれまでの大雨で危険な状況が続いている。ここ3日間で降った雨の量は、高知県魚梁瀬では730ミリを超えており、鹿児島県鹿屋市でも600ミリを超えて大雨となっている。    午前5時現在、佐賀県、長崎県、福岡県に大雨特別警報が発表中。  すでに氾濫している川があり、地盤が緩んでいるところもあるため、引き続き土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水などに最大級の警戒が必要だ。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/a1a77ba97916dd273471ca63f1a7827b0e9d4b53

 

既に甚大な被害が出ている中、九州地方の豪雨は7月7日いっぱいは降り続くそうです。

 

8日以降は降り方が弱まる予報が出ていますが、それでも既に甚大な被害が出ている状況下では追い打ちになってしまいますね。

 

スポンサーリンク

台風より怖い線状降水帯とは?

この動画でもありますが、線状降水帯というのは台風と違って予想がし辛いのです。

 

台風であれば、南の方で発生し日本に到達するまでに時間がかかりますから、ある程度予想や備えが出来るのですが、線状降水帯はそういった猶予が無い分、ある意味台風より怖いとも言えますね。

 

線状降水帯(せんじょうこうすいたい)は、「次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)が列をなした、組織化した積乱雲群によって、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過または停滞することで作り出される、線状に伸びる長さ50〜300 km程度、幅20〜50 km程度の強い降水をともなう雨域」(気象庁が天気予報等で用いる予報用語)である。日本では、集中豪雨発生時に線状の降水域がしばしばみられることが1990年代から指摘されていた。気象研究所の津口・加藤(2014)は、1995年-2009年の4月-11月の期間を対象として、日本で起きた集中豪雨事例を客観的に抽出し降水域の形状についての統計解析を行ったところ、台風によるものを除いて、約3分の2の事例で線状降水帯が発生していることが明らかにされた。近年では、平成24年7月九州北部豪雨、平成25年8月秋田・岩手豪雨、平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害、平成27年9月関東・東北豪雨、平成29年7月九州北部豪雨、平成30年7月豪雨(西日本豪雨)で発生した。この用語が頻繁に用いられるようになったのは、平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害以降とみられる。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%9A%E7%8A%B6%E9%99%8D%E6%B0%B4%E5%B8%AF#:~:text=%E7%B7%9A%E7%8A%B6%E9%99%8D%E6%B0%B4%E5%B8%AF%EF%BC%88%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%87%E3%81%86,%E7%94%A8%E3%81%84%E3%82%8B%E4%BA%88%E5%A0%B1%E7%94%A8%E8%AA%9E%EF%BC%89%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B

 

今後、台風予想のようにこの線状降水帯も事前に予想できるようになればいいのですが、現状では中々難しいと言われています。

線状降水帯の発生しやすい場所は?発生原因や予想は可能か?

 

スポンサーリンク

2020年7月の九州豪雨ネットの情報まとめ!

 

スポンサーリンク

2020年7月の九州豪雨は何故起きた?台風より怖い線状降水帯とは?まとめ!

 

10年くらい前はここまでの豪雨被害は多くなかったと記憶しています。

 

ここ最近は毎年のように豪雨被害が起きているので、出来る限り前もっての対策をしていきたいものですね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.