2020海水浴は出来ないのか?海水浴場中止が相次ぎ残念な夏!!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年度の海水浴場を中止する動きが広がっています。

 

一時期に比べると一段落してきた感があり、再度のクラスター発生を回避するためやむを得ないところもありますが、海水浴を楽しみにしていた人からすると残念ですよね。

 

でも実は、海水浴場が中止になっただけで、海水浴自体が不可になったわけではありません。

 

そこで今回は、「海水浴場が中止になると何が変わるのか?」についてふれていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

2020海水浴は出来ないのか?海水浴場中止が相次ぎ残念な夏!!

 

 

このニュースのように、全国各地で海水浴場の中止が発表されています。

 

では、今年は海水浴自体が出来ないのかというとそんな事はありません!!

 

サーファーさんなんて、冬でも海に入ったりしていますよね。

 

ここで気になるのが、海水浴場が中止になると何が変わるのか?です。

 

スポンサーリンク

海水浴場が中止になると何が変わるのか?

 

海水浴場が開設され、海開きをスタートさせる基準としては、

 

  • 水質の保証
  • シャワーやトイレなどの設営
  • ライフセーバーが常駐
  • 海の家がある
  • サメやクラゲなどの危険生物の監視

 

こういった役割があります。

 

つまり、海水浴場が開設されなくても海水浴自体は出来ますが、『安全面が自己責任になる事』や『便利な設備が使えない事』がデメリットとして挙げられます。

 

スポンサーリンク

神奈川県の黒岩知事発言

 

 

これらの点が気にならなければ、泳ぐこと自体は違法ではありませんし、神奈川県の黒岩知事も「海で泳ぐこと自体は全く問題が無い」とテレビて発言していたので、問題ないという事になりますね。

 

では、黒岩知事含め海水浴場中止を決めた知事は何を問題視しているかというと、「海の家が密になりやすい」という点です。

 

逆に問題がそれだけであれば、海の家のみ中止にするといった措置でもよかったのではないかと思いますが、『海水浴場を開設する事で人が多く集まる事』を懸念したのかもしれませんね。

 

なかなか難しい問題ですが、『自己責任でどうぞ』というメッセージなのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

ネットの声は?

 

スポンサーリンク

まとめ

 

新型コロナウィルスの件があるので仕方ないのかもしれませんが、海水浴場中止はとても悲しいですね。

 

来年の夏は、海水浴場が無事に開設される事を祈りたいと思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© snowdrop , 2020 All Rights Reserved.